• 2ページ目
  • 43

    兵庫観光におすすめ!人気・定番・穴場プランが満載(2ページ目)

    兵庫の観光に関するおでかけプランを集めたページです。兵庫観光といえば、神戸や三宮エリア、姫路城や六甲山などが有名ですが、他にもたくさんの観光名所があります。 最新の流行だけでなく伝統文化に触れることのできる兵庫は刺激に満ちた街並みがたくさんあります。 神戸や三宮でショッピングしたり、雲海に包まれた竹田城を見に行ったり明石海峡大橋を渡るドライブも良いかもしれません。神戸牛と但馬牛の味比べをしてみてはいかがですか? 国内だけでなく、海外からも多くの旅行者が訪れる兵庫。 外国人の友達を案内したり、友達と兵庫グルメツアーをしたりなど、様々なシーンに合わせてたくさんある兵庫観光プランの中から自分にぴったりのものを探してみてください。おでかけプランは地図にも表示されるので観光マップとしても大活躍です。気に入った観光スポットだけを集めて自分だけの観光マップをつくることもできます。

    兵庫の新着おでかけプラン

    日本の中心で国産和牛を味わう

    日本の中心で国産和牛を味わう

    まいどまいど! 日本の中心といえば、標準時子午線が南北に通る兵庫県明石市が有名ですが、同じ兵庫県でも西脇市は明石市とは違ったおもろさがおまっせ。 標準時子午線が南北に通る西脇市内には「日本のへそ公園」が整備され、時計にまつわるオブジェやにしわき経緯度地球科学館などがありまんねん。 その他、緯度、経度にまつわるものとして、加古川に架かる橋は緯度橋、最寄り駅は加古川線の日本公園駅がその代表。 ほんで、西脇市はそれだけやおまへん。 西脇市には国道175号線が走り、兵庫県明石市から京都府舞鶴市までを結ぶ大動脈の中間地点にあたる。 ここではそんな長距離ドライバーをはじめ、ドライブを楽しんでいる付近住民の憩いの場として道の駅がおまして、ブランド牛の一つ黒田庄をじっくりと味わうことができまんねん。 たとえば、「黒田庄和牛 牛めし弁当」と黒田庄和牛を使用した「ネーブルバーガー・クラシック」。 さあ、皆さんもブランド牛をここでじっくりと味わってみてはいかがでしょうか。

    季節ごとに自然を感じる兵庫県加西市でドライブ

    季節ごとに自然を感じる兵庫県加西市でドライブ

    まいどまいど! 約450体の石仏が並んでいることで有名な羅漢寺は、古くから「親が見たけりゃ北条の西の五百羅漢の堂に御座れ」と謳われ、全国的に知られている場所。 実際に境内に入ってみると、多くの石仏が並び、一体一体に表情が異なり、個性豊か。 そんな羅漢寺を後に、次におすすめしたい場所は、北条鉄道の停車駅の一つ法華口駅。 ここでは、1915年の創業当時から現存し、登録有形文化財に指定された駅舎があり、駅舎内には、パン工房が併設され、実際に販売されてまんねん。 店長はボランティア駅長。 フラワーセンターで年間を通じて美しい花を眺めながら、広い園内でゆっくり・ゆったりお散歩もできまっせ~! 兵庫県加西市では市内を走り抜ける北条鉄道が便利。 その他、一乗寺や法華口駅、五百羅漢にフラワーセンターなど、あちこちを一日でまわりたい場合はドライブがおすすめ。 自然豊かな兵庫県加西市で楽しむドライブもなかなかよろしおまっせ~!

    ひまわりの丘公園で遊んで、牧場で学ぶ旅

    ひまわりの丘公園で遊んで、牧場で学ぶ旅

    まいどまいど! 兵庫県の東播磨に位置する小野市では、自然豊かな雰囲気を漂わせる一方、歴史的にも文化的にも貴重な財産が多く残ってまんねん。 たとえば、小野市は「播州そろばん」の発祥の地。 兵庫県の伝統工芸品の一つに数えられ、貴重な財産ともなってまんねん。 今回は、それらのほんの一部をご紹介しまひょ!。 まずは、共進牛乳で知られる共進牧場は、放牧されている乳牛を見学できる他、工場見学も可能。 バーベキューを楽しみながら素敵な一日をお過ごしください。 また、付近のひまわりの丘公園では、ここでは、四季折々の花々を年中通じて、楽しむことができまっせ。 小野市のシンボルともなっているヒマワリがモデルとなった「ひまわりの塔」が目印。 兵庫県を南北に突き抜ける国道175号線からもよく見えます。 さらに、広渡廃寺跡は現在、公園として整備され、廃寺となってしもて当時の面影はおまへんねやけど、基礎部分が現存しているため、その一部が復元。 また、すぐ横には、当時の建築風景を復元した1/20の小型模型もあるので、とてもわかりやすいでんな。 ドライブに最適な小野市内を一度、探検してみまひょ。

    夢千代の故郷・但馬牛のふるさと

    夢千代の故郷・但馬牛のふるさと

    まいどまいど! 世界的にも有名な和牛ブランドの一つ「神戸牛」。 「KOBE BEEF」とも言われ、その血筋を持った但馬牛もまた人気となってまんねん。 そんな神戸牛・但馬牛の故郷は兵庫県として知られ、兵庫県内北部に位置する新温泉町内には但馬牛を生産する農家が集中してまんねん。 そんな新温泉町内には但馬牧場公園がおまして、但馬牛はもちろん、ヤギやヒツジ、ウサギなどが飼育され、実際に触れあうことができまんねん。 また、敷地内にはレストランがあり、但馬牛を味わうことができる他、リフトでさらに山の頂上に向かい、絶景を眺めることができまんねん。 その他、新温泉町にはその名の如く、温泉街「湯村温泉」があり、日本放送協会(NHK)でも取り上げられた夢千代のふるさととしても知られてまんねん。 兵庫県の神戸市にある有馬温泉に並ぶ人気温泉街として知られ、連日、ぎょうさんの観光客が訪れ、温泉を楽しんでいるとか。 周辺には宿泊施設はもちろん、日帰りでも楽しめる足湯や施設があり、まさに充実。 地サイダーを片手に温泉で温めた温泉卵を食べて新温泉町を堪能しまひょ!

    自由を謳歌!!ラスベガス&シカゴ

    自由を謳歌!!ラスベガス&シカゴ

    格安周遊航空券とホテル手配をお願いして、渡米した時の行程です。駆け足の行程ですが、休みの都合でこの日程。 この距離をこの日数で消化するツアーは、なかなかないので、自分でアレンジしました。 1日目、2日目 伊丹から成田で出国し、ロサンゼルス国際空港乗り継ぎでラスベガスへ ラスベガスでは、シャトルバスでホテルへ 夜のラスベガスを堪能 3日目 翌朝、シャトルバスで空港へ ラスベガスから国内線でシカゴへ シカゴ空港でも、シャトルバス利用でホテルへ 4日目 ミレニアムパーク、シカゴ美術館、トロリー観光バスでシカゴをオープントップのバスで観光 5日目 シャトルバスでシカゴ空港から帰路の途へ 成田行きの飛行機が遅れる 6日目 成田到着し入国審査後、成田で一泊 7日目 成田から羽田へリムジンバスで移動し、伊丹空港へ 当初の予定では、6日目に成田から伊丹間の国内線移動で、6日間の旅でした。 帰りの飛行機が遅れて、成田から伊丹の乗り継ぎに間に合わず、成田で一泊するというハプニングがありました。シカゴは日本人観光客が少なく、観光中に一度も日本人観光客に出会いませんでした。 本当の海外旅行満喫旅でした。

    やっぱり温泉は最高!!山中温泉♨️2泊3日サンダーバードゆったり旅

    やっぱり温泉は最高!!山中温泉♨️2泊3日サンダーバードゆったり旅

    2019年9月 1日目 大阪〜加賀温泉駅へサンダーバードにて 昼食は、駅弁を車中で 旅館のお迎えのバスで宿へ その後、山中温泉散策 こおろぎ橋、つげ街道、あやとり橋 往復約1時間半 夕食 温泉♨️ 2日目 朝食を宿で 宿から地元の路線バスでキャンバス乗車停留所へ キャンバスとは、山回り海回り周遊の観光客用バス キャンバスで山代温泉♨️へ 予定では、湯の国を訪れる予定が、足の筋肉痛で、山代温泉でゆっくり、まったりに変更 キャンバスで、車窓から観光ポイントを見学し、夕刻、宿へ 宿の温泉♨️に2度入り、身体の疲れも吹き飛ばし、ほっこり 3日目 宿で朝食 10時にチェックアウト 宿から路線バスで菊の湯♨️へ 荷物は菊の湯となり、山中座で預かってもらう そして、つげ街道を食べ歩き コロッケを頂き満足 路線バスで加賀温泉駅へ 昼食は加賀温泉駅で サンダーバードで大阪へ

    忍たま乱太郎の聖地・尼崎を観光・・・の段

    忍たま乱太郎の聖地・尼崎を観光・・・の段

    まいどまいど! 西日本最大の経済都市として知られている大阪市に隣接する兵庫県尼崎市。 古くから大阪市との経済的なつながりも強く、市外局番は大阪市と同じ「06」(神戸市の場合、「078」)を使用しているため、尼崎市以外の兵庫県民からは「大阪府の一部では」と揶揄、誤認されることも。 その一方で、歴史的も深い町として知られておまして阪神電気鉄道の尼崎駅付近には尼崎城址公園が整備。 かつての石垣で当時をしのびつつ、2019年には尼崎城の天守閣が再現され、話題を集めておます。 ほんでまた、周辺にはぎょうさんの寺院仏閣が集まる寺町もあり、静かな雰囲気も漂ってはります。 その他、NHKで放送されている人気アニメ「忍たま乱太郎」のゆかりの地として知られ、市内には、「忍たま乱太郎」に登場する人物の名前の由来となった地名がぎょうさんおまっせ。 ほんでまた、「忍たま乱太郎」の作者・尼子騒兵衛はんは尼崎市出身。 尼崎市に地盤を持つ尼崎信用金庫のキャラクターも尼子騒兵衛によって描かれてまんねん。 また、世界的にも珍しい世界の貯金箱をテーマにした博物館があるなど、尼崎には、おもろいとこがおまっせ!

    海で遊び、趣味で味わう

    海で遊び、趣味で味わう

    まいどまいど! 今回は山に囲まれ海に面した自然豊かな町・兵庫県加古川市をぶらり歩き。 加古川市では西日本旅客鉄道(JR西日本)と山陽電気鉄道が東西に走り抜け、大阪・神戸と姫路とを結ぶ。 市内の南側は瀬戸内海に面し、別府町に位置する加古川海洋文化センターでは海洋文化に関する海図、地形図を保管、展示した施設として知られ、海の理想郷アルカディア、海中散策、海中潜望鏡、電子水族館、ザ・ボートチャレンジ、海洋研究所が設置。 また、本の貸し出しも行っており、海のことが詳しくわかります。 夏など暑い時期に嬉しい!水遊びができるじゃぶじゃぶ広場や、芝生、休憩所がある別府みなと緑地などがあり、一日中楽しむことができまっせ。 その他、老舗の雰囲気漂うラーメン店があり、店内には船の模型や阪神電車・山陽電車のグッズが展示されていたり、目で楽しい、味でも楽しいおすすめのお店。 和菓子では素朴な味わいを楽しむことができまっせ。

    姫路大博覧会とともに歩んできた手柄山中央公園と姫路モノレール

    姫路大博覧会とともに歩んできた手柄山中央公園と姫路モノレール

    まいどまいど! はるか昔、姫路市内にモノレールが走っていたことを皆様はご存知でしょうか。 はるか昔と言っても、1979年に廃線が決まった姫路モノレールのことでんねんけど、今の若い人たちにはその存在を知る人は少なくなりました。 でも、今でも、姫路モノレールの名残を見ることができまんねん。 1966年、姫路大博覧会が開催されたこととしても知られる開催地の手柄山中央公園の一角に、当時のモノレールをそのままに展示された展示室がありまして、当時の駅の写真やモノレールの構造、そして、モノレールとともに歩んできた姫路の歴史も詳しく展示されているだけやなく、水族館も隣接されてまんねん。 ますます姫路のことが好きになる、そんなスポットやないでしょうか。 他にも和菓子として全国的に有名な御座候の本社、工場、そして、あずきのことを詳しく知ることのできる博物館「あずきミュージアム」も、兵庫県姫路市。 工場見学もすることができ、焼き立ての御座候を味わいながら、素敵なひと時を過ごしてみませんか。 他にも姫路は地酒が有名で、姫路駅の南部に位置する灘菊酒造。 ここでも、工場見学や試飲もできまっせ! 姫路もええとこ!

    姫路名物ちゃんぽん焼きも特産の刺身も旨い!灘のけんか祭りの迫力を楽しむ

    姫路名物ちゃんぽん焼きも特産の刺身も旨い!灘のけんか祭りの迫力を楽しむ

    まいどまいど! ジャニーズの人気アイドルグループ「V6」の岡田准一はんが2014年に演じた黒田官兵衛が主人公のNHK(日本放送協会)大河ドラマ「軍師官兵衛」。 黒田官兵衛は戦国時代から江戸時代にかけて活躍した武将の一人で別名、黒田孝高、黒田如水とも。 黒田官兵衛は、兵庫県姫路市の御着城にゆかりがあり、現在の御着城址公園では官兵衛に関する碑や案内板などが建立されてまんねん。 ほんでから、周辺にもゆかりの場所があり、今回のプランではそれらをめぐっていきまっせ。 その他、複数の神輿をぶつけあう「灘のけんか祭り」の松原八幡神社は兵庫県姫路市に鎮座しておまして、毎年ぎょうさんの見物客が訪れてまんねん。 また、安くて美味しい!と評判のパンを販売するオカノファクトリーアウトレット。 ここでは、食パン・菓子パン・フランスパン・サンドイッチ・和洋菓子などの販売を中心に全国展開するパン屋さんが運営、ワケアリでも、商品として劣らないパンが店内に並び、ぎょうさん買い物客でにぎわってまんねん。 海の幸から総菜の名店、昔ながらの鉄板焼きなどグルメも満載!

    自然と触れ合う山崎をドライブ

    自然と触れ合う山崎をドライブ

    特に宍粟市は手つかずの自然が残る地域として知られ、ちくさ高原では、県立自然公園、水源の森百選、ひょうごの森百選などにも選定されていて、ええがいや。 ほたら、そんな水質を生かした酒造が盛んになって、江戸時代から続く老舗酒蔵が点在。 そのうちの老松と山陽盃をご紹介。 まいどまいど! 中国自動車道の山崎インターチェンジや山崎バスストップがある兵庫県の宍粟市山崎町。 山崎町では古くから地元で醸造され続けてきた伝統を守り続けている地酒を居酒屋で楽しむことができまんねん。 ほんで、付近の大歳神社では千年藤が有名でおまして、名物の藤の花は例年4月下旬から5月下旬にかけて見頃を迎え、ぎょうさんの見物客でにぎわおうてはりまんな。 せやけど、この大歳神社という字でんねんけど、地元では、「ださい」と読むっちゅうて、難読地名ともなってまんな。 同じく宍粟、山崎という地名も難読地名の一つとして知られておまして、宍粟と書いて「しそう」、山崎と書いて、「やまさき」。 せやさかい、「穴栗」と書いて「あなぐり」と読まへんようにご注意を(笑) さあ、休日になったら、宍粟市内をドライブして楽しみまひょ!!

    キャンプ・スキー・スノボーなど年中楽しい千種

    キャンプ・スキー・スノボーなど年中楽しい千種

    まいどまいど! 山々に囲まれた自然豊かな環境に恵まれた兵庫県の宍粟市。 手つかずの大自然が今も現存していることから、兵庫県の北海道との異名を持っているとか。 ここでは、思想史の一部でおます千種町にスポットを当て、皆様にご紹介していきまひょ! 千種町におます千種高原では、春や秋にはハイキング、夏にはキャンプ、ほんで、冬にはスキー・スノボーなど、年中、楽しめるレジャー地として人気を集めてまんねん。 場所は、中国自動車道山崎インターチェンジからは少し離れていますが、都会から離れた日ごろ、体験することのできへん非日常を体感することができまっせ!

    聖徳太子と太子町・鵤(いかるが)

    聖徳太子と太子町・鵤(いかるが)

    まいどまいど! 国民的有名な歴史上の人物といえば、聖徳太子が挙げられるのとちゃいますやろか。 聖徳太子とは、奈良県にある法隆寺にゆかりのある人物として全国的にも有名でっしゃろうけども、実は大阪で四天王寺、兵庫では斑鳩寺が有名でんな。 太古の昔に聖徳太子が立ち寄ったとされ、聖徳太子ゆかりの寺院仏閣が建立。 さらに地名も太子町っちゅうことで、町内には聖徳太子の像が点在。 かつての時代を偲びつつ、聖徳太子の足跡を巡ってみてはいかがでっしゃろか。 太子という名のついた太子山公園の山頂にも聖徳太子の像が建立されておますが、この山頂付近から眺める景色は圧巻。 晴れた日には遠くに山々。 自然豊かな景色と街並みを一望することができまんねん。 ほんでそれだけやなく、公園周辺には蒸気機関車(SL)が常設展示。 かつては遊園地があったとして知られ、公園として整備されておます。 その他、江戸時代には西国街道・山陽道の一部にあたるため、宿場町として発展してきた歴史も。 町内には本陣跡があり、見学することもできまっせ。

    姫路・太陽公園と周辺の博物館で満喫

    姫路・太陽公園と周辺の博物館で満喫

    まいどまいど! 日本を代表する世界遺産の一つといえば、姫路城。 姫路城は兵庫県の姫路市にあり、JR西日本山陽本線、山陽電気鉄道本線、山陽新幹線の姫路駅が最寄り駅となり、全国的に見ても姫路城が注目されがちでんねんけど、今回のお出かけとして、姫路の西部と南部はどないでっしゃろ? 姫路には太陽公園と呼ばれる大きなテーマパークがあり、一風変わった城や五百羅漢、万里の長城などがありまんねん。 ほんでまた周辺には宇宙や自然をテーマにした科学館や宿泊施設も。 姫路はまだまだ面白い。 今回は目立っているようで目立たへん姫路の穴場スポットをご案内していきまっせ!

    家族旅行 淡路島

    家族旅行 淡路島

    家族旅行で8/13-14で淡路島へ。 お気に入りの鼓やさんでランチ後、 たこせんべいの里で大丈夫ないそみりんを3袋購入。やっぱりおいしい♪ その後早めに今日のお宿 渚の荘花季 さんへ 系列ホテルのホテルニューアワジ、夢泉景さんの温泉にも入れました 個人的には夢泉景さんの露天風呂がお気に入り♪

    たよぷ
    たよぷ
    兵庫
    0

    種類から探す

    他のエリアから探す

    ご利用のブラウザでは正しく画面が表示されない、もしくは一部の機能が使えない可能性がございます。以下の推奨環境でご利用ください。

    推奨環境:Google Chrome 最新版、Safari 最新版、Firefox 最新版