×
あかん!兵庫、めっちゃおもろすぎる!

あかん!兵庫、めっちゃおもろすぎる!

兵庫
  • デート

  • 子供

  • 一人旅

  • ペット

  • ドライブ

  • ウォーキング

  • サイクリング

  • 自然

  • 散策

  • 芸術

  • アウトドア

  • 歴史

  • 寺・神社

  • カフェ

  • グルメ

  • テーマパーク

  • 電車

  • 博物館

  • ショッピング

  • 水族館

  • レジャー

  • 建築

  • デザイン

  • スポーツ

  • 体験

  • 工場見学

  • 小旅行

  • 28.522 px clover user date child solitary pet drive walking cycling nature stroll art camp history castle temple cafe gourmet onsen outdoor worldheritage public bath shopping generalstore railroad train comic mountain sports fishing bbq fashion tradition music baby camera amusementpark aquarium sea ball baer bell flower earth teruteru maple bento squirrel tokyo kanagawa osaka kyoto hyogo pin tel time url guide hot type star camera home settings profile print rank mail lock calendar access

    観光

あかん!兵庫、めっちゃおもろすぎる!

まいどまいど! 休日で晴れっちゅうたら、どこかに”のびのび”とドライブしたくなる! そんなときはおまへんか? 公園に植えられた花壇や野道に咲く花は美しく、花見もええねんけど、そんなときにオススメなのが、兵庫県でんねん。 関西っちゅうたら、大阪や京都がどないしても目立ってはんねやけど、実は兵庫にもええとこ、特に「おもろいもん・おもろいとこ」が、ぎょうさんありまんねん。 例えば、南は淡路島から、瀬戸内海(明石海峡大橋)を経て、本州を縦断して日本海へ、と本州で唯一、海に挟まれた地域でもありまんねやけど、日本の標準時子午線の東経135度線が南北方向に通り抜け、子午線上にある明石市や西脇市などでは”まちおこし”も兼ねて、えらい奮闘してはりまんな。 その他、百万ドルの夜景として有名な神戸市、人気アニメ「忍たま乱太郎」の舞台となった尼崎市、世界遺産の姫路城(別名、白鷺城)がある姫路市、絶滅危惧種に指定されているコウノトリの人工繁殖で知られる豊岡市など、日本を代表する都市がぎょうさんおまっせ。 今度の週末には絶対に行ってみたくなる! そんなスポットを揃えたので、ぜひ、参考にしておくれやっしゃー。

  • 1898年、日本貿易倉庫が建設した赤煉瓦倉庫。 旧神戸港信号所から煉瓦倉庫レストラン街横の船着場までにいたる海沿いにハーバーウォーク(ボードウォーク)が整備。 レンガ倉庫はレストラン街へと再利用。

    • 8時間労働発祥の地

      8時間労働発祥の地

      労働基準法には、「労働者に、休憩時間を除き一日について8時間を超えて労働させてはならない」と定められている。 1919年、川崎造船所に勤務する労働者の間で労働に関する議論・労働争議が活発に行われるようになった。 このとき、8時間労働制という本格的な実施を日本で初めてにもたらした。

    • 対岸には

      対岸には

      「8時間労働発祥の地」の石碑の奥に見える対岸の倉庫。 ここは、JR西日本の資材倉庫ですが、倉庫やその周辺で働く人の姿が見えました。

    • でも、それをよく見てみると・・・?

      でも、それをよく見てみると・・・?

      明らかにおかしい。 ずっと時間が止まっているのです。 なんと、これは、人形。

    • 脚立を上りながら

      脚立を上りながら

      作業服を着て、ヘルメットを着用し、安全を確認しながら、作業を行っている。

    • その働く姿は・・・

      その働く姿は・・・

      一生懸命働くその姿はあっちにもこっちにも。

  • 付近には、神奈川県横浜市の中華街に匹敵するほどのにぎわいを見せる中華街・南京町があり、豚まんや餃子、ラーメンなどが並んでいるが、ここで楽しめるのは、餃子。 場所は、JR西日本神戸線の三ノ宮駅と阪急電車三ノ宮駅の高架下。 メニューも餃子たった一つだけで、ビールとの相性は抜群。 日本酒などはなく、ノンアルコールでは、茶など。 でも、このお店、実は地元で絶大な人気を誇っているのです。 店先には長い行列。 しばらく店先で並んで待つことにしました。

    • 赤みそのたれでいただく

      赤みそのたれでいただく

      普段、お店では、餃子を注文した時に一緒に出てくる餃子のたれ。 このたれも餃子との相性は抜群で、箸が進みますが、ここでは、赤みそが中心。 餃子は3人前(1人前は7個入り)。 21個でも飽きない美味しさがここにある。

  • 1906年、創業。 鉄道車両の製造部門があり、蒸気機関車を製造。 工場構内は、市道が貫通しているため、営業運転前の鉄道車両を見学することもできる。

  • 横山光輝の作品として知られる「鉄人28号」。 「鉄人28号」とは架空のロボットで、太平洋戦争末期に大日本帝国陸軍が起死回生の秘密兵器として開発していたが、戦後に登場した。 主人公の少年探偵・金田正太郎は、鉄人を自由に操れる小型操縦器(リモコン)を巡って悪漢、犯罪組織にスパイ団までもが入り乱れる争奪戦に巻き込まれ、数々の苦難の末に鉄人を手に入れる。 その後、鉄人28号と共に、次々と現れる犯罪者や怪ロボットを倒していく。 アニメやドラマで愛されてきた鉄人28号は長田駅前にモニュメントとして登場した。

    • 鉄人ストリート・鉄人アーチ

      鉄人ストリート・鉄人アーチ

      鉄人ストリートという愛称で親しまれている商店街の入り口には、鉄人ストリートという文字と鉄人28号が描かれた看板が。 また、ストリート内では、鉄人28号をモチーフとした街頭も設置されている。

    • KOBE鉄人三国志ギャラリー

      KOBE鉄人三国志ギャラリー

      横山光輝の作品「鉄人28号」「三国志」を中心とする情報発信拠点として知られ、NPO法人KOBE鉄人PROJECTが運営する。 ここでは、鉄人28号のモニュメントの建設にかかわる資料の展示や三国志のテーマ展示の他、ショップ「英傑群像」が併設されている。

  • 辛子明太子の製造販売を行う「かねふく」。 「かねふく」は、福岡県福岡市に本社を置く企業として知られ、神戸市北区にはグループ企業の「東京かねふく」が運営する明太子のテーマパーク「めんたいパーク」がある。 ここでは、直売所、ギャラリー、工場、めんたいランドが併設。 ギャラリーでは、原料となるスケトウダラや明太子・たらこに関する情報を展示公開。 直売所では、明太子・たらこを中心とする加工商品が並ぶ。 工場では、随時見学が可能。 めんたいランドでは、明太子・たらこに関して学んで遊ぶことができる。

    • フードコーナー

      フードコーナー

      直売所内にあるフードコーナーでは、明太子やたらこを中心としたおにぎりやソフトクリームなどがあり、豚まんの形をした商品も。

  • 1918年、米騒動が勃発。 1921年、川崎造船所の労働者らが適正価格での生活物資の購入を目指し、日本初となる市民が主体となった生活協同組合コープこうべが発足。 現在、消費生活協同組合として兵庫県神戸市を中心に展開し、組合員数は世界最大級であるとか。 事業内容は多岐にわたり、店舗事業の分野では食を中心に、家庭用品や衣料品などを販売している。 その中でコープこうべが販売している日本発祥の菓子パンの一つ「メロンパン」は全国的にも珍しい形をしていると注目を集めている。

    • メロンパンの歴史

      メロンパンの歴史

      パン生地の上に甘いビスケット生地(クッキー生地)をのせて焼くのが特徴。 名称は、地域によってサンライズと呼ぶ。 1910年、大倉喜八郎は満州のハルビンのホテルニューハルビンで働くアルメニア人のパン職人イワン・サゴヤンを帝国ホテルに引き抜いて、日本でフランスの焼き菓子ガレットを元にして発明。 別の説として、駒込木村屋の店主・三代川菊次の菓子パン。 別の説として、香港や台湾の菠蘿包の菓子パンとも。

    • 紡錘形のメロンパン

      紡錘形のメロンパン

      全国的に珍しいのは紡錘形というラグビーボールに似た形状。 1960年頃、パン職人がオムライス用のキャップを見て、ひらめいたとか。 味は、マーガリンを加えた白餡が特徴。 ビスケット生地の表面には数本の溝があり、この形がメロン「マクワウリ」に似てるからとの理由で、メロンパンと呼ばぶようになった。

    • 円形のメロンパン

      円形のメロンパン

      円形のメロンパンは1930年頃、日の出の形を真似て、円形で上にビスケット生地を乗せたパン、サンライズが誕生。 金生堂(兵庫県神戸市)の呉支店が軍艦旗の放射状の線を付けていたことからサンライズと呼んだという。

  • NHKの人気アニメ「忍たま乱太郎」の聖地として知られる兵庫県尼崎市。 市内には、猪名寺や富松など、「忍たま乱太郎」に登場するキャラクターの名前の由来となった地名が点在。 七松もそのうちの一つで、特に、キャラクターの絵馬で有名。 ということで、「七松八幡神社に参拝の段!ヘームヘムヘムヘムヘム」。 かつて、源頼信が訪れ、ある小童がこの地の窮状を訴えた。 このとき、1本の松樹のもとにあった小祠を改装し、松の株6本植えさせた。 これが、「七松」の由来となったとか。 また、織田信長や荒木村重との縁も深い。

  • 2018年、世界的人気キャラクター「キティちゃん」という愛称で親しまれてきたハローキティの複合レストランがオープンした。 ハローキティは、サンリオのオリジナルキャラクターとして知られている。 施設は、地上二階建て。 駐車場や無料シャトルバスがある。 特に高さ11m、直径14mにも及ぶ巨大なキティちゃんの頭部が目立ち、写真撮影を楽しむ人の姿も。

    • キティちゃんの夢の世界を体験

      キティちゃんの夢の世界を体験

      キティちゃんの夢の世界を体験できるドームシアター、キティちゃんのオリジナルグッズを販売するショップなどがある。

    • 料理レストラン

      料理レストラン

      淡路島の食材を使用した料理レストラン。

    • 駐車場や無料シャトルバス

      駐車場や無料シャトルバス

      駐車場や無料シャトルバスがある。

  • 皆さんは幼いころに、吹き戻しで遊んだ記憶ってないですか? 吹き戻しとは笛のおもちゃで、別名、巻き取り、巻き笛、ピーヒャラ笛、蛇笛、ピロロロ、 ピロピロ、ぴろぴろ笛などと呼ばれている。 昭和時代に登場して以来、長らく愛されてきた吹き戻し。 最近では遊び道具であるおもちゃも多種多様化し、吹き戻しのような昔ながらの遊び道具の存在が薄れつつあるが、今一度、吹き戻しにスポットライトを当てて、テレビ番組をはじめ、多くのメディアが取り上げている。 現在、吹き戻しは国内生産の約8割を吹き戻しの里が製造しているといい、ここでは、製造・販売だけでなく、製作体験もすることができる。

    • 吹き戻しの製作体験

      吹き戻しの製作体験

      製作体験は500円で、吹き戻しの作り方の説明を担当者から聞きながら1人6本まで、好きな長さ、色などを選ぶことができる。 製作体験は子供たちだけでなく老若男女問わず、楽しんで製作している姿が印象的で、吹き戻しの完成後、変形させる裏技や楽しみ方を聞くこともできる。 また、毎年6月6日は、記念日「吹き戻しの日」として制定されているとか。

  • 江戸時代から海運業と漁業が盛んな沼島。 淡路島の南あわじ市にある土生港または洲本港と沼島漁港とを結ぶ定期船が便利。 沼島では古くから国生み神話が根強く残っており、伊弉諾尊・伊弉冊尊の二神が天上の「天浮橋」に立って、「天沼矛」を持ち、青海原をかきまわしてその矛を引き上げたところ、矛の先から滴り落ちる潮が凝り固まって一つの島となった。 その島が、淡路島または沼島とされている。

    • 上立神岩

      上立神岩

      高さ約30mの上立神岩。 別名、天の御柱とも言われる。 また、「龍宮の表門」とも言われ、おとぎ話の浦島太郎で知られる竜宮城との説も。

    • 沼島庭園(伊藤庭)

      沼島庭園(伊藤庭)

      兵庫県下では最古の石組みの庭園。 別名、鶴亀庭園。 足利義稙が沼島在所時に逗留した大寺に作庭したとか。

    • おのころ神社

      おのころ神社

      小高い山の頂上付近に鎮座する。 ご神体は、この小高い山全体。 地元では、「おのころさん」と呼ばれ、親しまれている。 天地創造の神である伊弉諾尊・伊弉冉尊の二神を祀る。

  • 平安神宮、厳島神社と並ぶ「日本三大鳥居」の一つに数えられる大きな鳥居が目印のおのころ神社の正式名称は、自凝島神社。 祭神は、伊弉諾命と伊弉冉命、菊理媛命。 古くから、おのころ神社が鎮座する丘は、国産み・神産みの舞台として知られ、縁結びや安産などの御利益があるとか。

  • 鳴門海峡で発生する渦潮の迫力は圧巻。 ここでは、展望台があり、渦潮を見物することができる。 施設内では、渦潮専門の博物館「うずしお科学館」があり、渦潮の基礎から応用まで幅広く取り上げている。 また、全国のご当地バーガーフェスタ(グランプリ)で1位に入賞した実績を持つあわじ島バーガーは食べてみる価値あり! 淡路島名物のお土産も販売中! また、淡路島を代表する特産の一つとして知られている淡路玉葱のたまねぎの形をしたオブジェが各所に展示され、記念撮影を楽しむことができる。

    • 入り口前には

      入り口前には

      淡路島を代表する特産物の一つとして知られるたまねぎを模したベンチが設置されている。

    • おしゃれグッズ!?

      おしゃれグッズ!?

      せっかく、淡路島を訪れたのなら、おしゃれも楽しみませんか? 淡路島ならではの玉ねぎの形をしたカツラで、とりあえず、ご自身にお似合いか、試着体験!?

    • 玉ねぎのUFOキャッチャー

      玉ねぎのUFOキャッチャー

      硬貨を投入し、UFOキャッチャーを楽しむことができる。 景品はもちろん、玉ねぎ。UFOキャッチャーで玉ねぎのキャッチに成功すると、お持ち帰り用の玉ねぎと交換し、お持ち帰りすることができる。

  • もしも、「日本で一番、落ち着かないトイレ」のグランプリがあれば、ぶっちぎりの1位を獲得するのではないか。 そんな期待を込めて、訪れたのは瀬戸内海、明石海峡の景色が美しいカフェ。 なんと、ここのトイレは、一風変わった謎のトイレとして話題を集めている。

    • OCEAN・VIEW

      OCEAN・VIEW

      店内奥のカウンター席は全面ガラス張り。 目の前には砂浜と瀬戸内海・明石海峡、そして、その奥には淡路島を望むことができる。

    • OCEAN・VIEW

      OCEAN・VIEW

      明石の名物といえば、明石海苔。 海苔の養殖でしょうか。 海の上で、多くの人の姿が見受けられる。

    • 海鮮丼定食

      海鮮丼定食

      やっぱり、明石といえば、海の幸。 瀬戸内海・明石海峡を眺めながらいただく海鮮丼は絶品。

    • ステーキ定食

      ステーキ定食

      ステーキ定食ではライスかパンを選択することができる。

    • 話題のトイレ

      話題のトイレ

      全面が水槽。 目の前は便器。 ここは、日本で唯一の水族館のトイレとして知られ、多くのメディアが取材に訪れる。 ただし、残念ながら、女性用のみ。 男性は出入り禁止のため、ご注意を。 撮影担当は、もちろん、女性なのでご安心を(笑)

    • 話題のトイレ

      話題のトイレ

      水槽の中には多くの魚の姿が。 まるで海の中にいるような体験ができるであろう。

    • 男性用トイレ

      男性用トイレ

      女性用トイレは話題性抜群なのに、男性用トイレはいたって平凡。 平凡すぎて、ちょっと悲しい(笑)

  • 明石の地酒・明石ビールを製造する明石ブルワリー。 明治時代の酒蔵を改装した複合施設内には明石ビールが味わえるレストランや日本徳利博物館、酒蔵資料館もあり、観光スポットとして人気を集めている。

    • 明石ブルワリー

      明石ブルワリー

      明石地ビールとして注目を集める製造元の明石ブルワリー工房。

    • 日本徳利博物館

      日本徳利博物館

      明石では、温暖な気候に恵まれ、酒米の産地に近く、酒造りが盛んに行われていた。 神戸や西宮の「灘の酒」と肩を並べる「西灘」と呼ばれた。 徳利博物館では、須恵器などの土器、備前焼、古伊万里焼など約600点の徳利が展示。 2階の酒蔵博物館では、桶や釜など酒造りに必要な道具類が展示。 昭和30年頃の従業員の社員証、白黒テレビ、テレビドラマのポスター、自転車、行火なども展示。

    • 和食レストラン江井ヶ島

      和食レストラン江井ヶ島

      麺坊はりまやさんが運営する和食レストラン。 メニューは、明石の新鮮な魚介類を使用した御膳や丼、定食、寿司などが楽しめる。 明石は、瀬戸内海で獲れたタコなどが有名で、タコ一匹を使用した天ぷらがある。 その他、明石を含む播州地域特産の播州百日鶏が楽しめる。 百日鶏とは、肉のうま味の素であるイノシン酸がピークに達する約100日間という時間を掛けてじっくりと育てた鶏のこと。 今回は、ミニうどんとセット。

  • 一風変わった外観に目を引かれてやってきたのは、さぬきうどんの専門店。 壁面には上半身裸の男性が二人、描かれているため、一瞬、夜のお店かな?と思ってしまうほど。 関西ローカルの人気番組「よ~いドン!」のコーナー「となりの人間国宝さん」にも取り上げられ、話題を集めている。 営業時間は昼間のみ。 しかも、売り切れ次第、閉店というので、かなり強気のお店。 休日の正午前に到着し、中を覗いてみると、すでに行列が。 慌てて列の最後尾に並び、順番を待つことにした。 店内は落ち着いた空間の中で、おしゃれな雰囲気が漂っている。

    • かしわ天ぶっかけと炊き込みご飯セット

      かしわ天ぶっかけと炊き込みご飯セット

      自家製のタレでもみこんでコーティングしたという、かしわ天。 かしわ天とさぬきうどんとの相性は抜群で、つゆを時折、ぶっかけながら、天かすを入れ、しょうがをつまむなど、味の変化を楽しみながら、箸をすすめる。 このお店、人気商品の一つであるといい、麺は冷温どちらでも可能。 追加で注文することで、お得なセットとなった炊き込みご飯。 ほどよい味付けで、満足に満足のランチ。

  • ひと際、派手な外観にひかれて訪れたのは、アメリカのような雰囲気が漂うカフェ。 アメリカの大衆食堂を模してデザインされたという店内も、まるでアメリカに訪れたような雰囲気が漂う。

    • 店内の雰囲気

      店内の雰囲気

      まるでアメリカの大衆食堂に訪れたような雰囲気が漂う中、店内で流れるBGMもロック、ポップス、オールディーズなど、アメリカンテイスト。 店内の上に飾られている単車も気になるところ。

    • 店内の雰囲気

      店内の雰囲気

      普段、国内では目にすることのないような道路標識や看板などがオブジェの一部として飾られている。

    • ドリンク

      ドリンク

      ドリンクは、アイス、ホットにわかれている。 コーヒー、カフェオレ、レモンティー、ミルクティー、コーラ、ドクターペッパー、アップルジュース、マンゴージュース、ウーロン茶、モンスターエナジーなど。 アルコールでは、ビールをはじめ、カクテルなど。 カクテルはジュースとしても楽しむことができ、写真左のように、エロティックという名のついたドリンクも。

    • フード

      フード

      ハンバーガーやホットドック、タコス、サラダ、ビーフステーキ、チキンステーキ、フライドチキン、フライドポテト、ソーセージ&チップス 、ミートスパゲティ、カルボナーラも。

    • 可愛らしいハンバーガー

      可愛らしいハンバーガー

      ハンバーガーでは、パンの上部に目がついて、ベーコンの下を出し、チーズの牙で登場。 可愛らしくて美味しいと評判で、若い女性客を中心ににぎわっている。

  • グルメ情報検索サイトで知られる食べログで話題のお店「バランタイン」。 ここでは、ケーキが美味しいと話題になっているだけでなく、なんとあのペンギンにも会えるという。 時刻はお昼前。 早速、入ってみることにしました。

    • 優雅に泳ぐ魚たち

      優雅に泳ぐ魚たち

      入ってすぐの場所に大きな水槽がある。 ここには、小さな魚、数匹が優雅に泳ぎ、来客を楽しませてくれる。

    • 本物のペンギン

      本物のペンギン

      え!?ペンギン! お店の奥に目を通してみると、ガラス越しに見えるペンギンの姿が。 ペンギンは「ケープペンギン(別名、ジャッカスペンギン、アフリカペンギン」。 アフリカの南部という温帯に住んでいるため、氷山や雪が苦手。 体長は約70cm。 ニシンやイワシを好むとか。

    • ペンギンを目の前に

      ペンギンを目の前に

      ペンギンをほぼ目の前にテーブル席があり、ペンギンを見物しながら、記念撮影を楽しむ。

    • とりいさん家の芋ケーキ

      とりいさん家の芋ケーキ

      三木のグルメといえば、とりいさん家の芋ケーキが定番。 芋ケーキとは、さつまいも(鳴門金時の最高品種として知られる里むすめ)をベースに、生クリーム、ムース、キャラメルで仕上げられ、店内でコーヒーと一緒にゆっくりと楽しむことができる。 その他、ランチタイムには定食も。

  • 播磨地域の郷土料理「かつめし」。 かつめしとは、洋皿に盛ったご飯の上にビフカツ(または豚カツ)を乗せ、たれ(主にドミグラスソースをベースとしたもの)をかけて、ゆでたキャベツを添えた料理のこと。 肉のいろは本店の店主一角武氏の叔父で「いろは食堂」の創業者が開発。 メニューは、ビーフかつめしや黒毛和牛かつめし、ビーフひれかつめし、チキンかつめし、エビかつめし、ポークかつめし、ポークひれかつめし、豚ロースかつめし、黒黒コロッケかつめし、白身魚かつめしなど。

    • 3種類の味を同時に

      3種類の味を同時に

      味は、赤いかつめし(元祖の味)、白いかつめし、グリーンかつめしの3種類。 赤は、デミグラス風の甘口たれ。 白は、ホワイトソース。 グリーンは、ホウレンソウとバジルと15種類の香辛料。 トッピングもウインナーやゆでたまご、目玉焼きやブロッコリーなど。

    • かつめしバー

      かつめしバー

      歩きながらでも楽しめる「かつめしバー」も試食。

    • かつめしバー

      かつめしバー

      かつめしバーは、ご飯と牛肉、赤のたれが一本になったもの。

    • かつめしバー

      かつめしバー

      おやつにもちょうどいい大きさでした。

    • 勝めし神社

      勝めし神社

      店先では、縁起物・げんかつぎに「勝めし(かつめし)神社」が鎮座していました。 昭和時代、勝負ごとや受験前の縁起担ぎ・げんかつぎに「かつめし」を「勝つめし」として食べていたという。 そんな縁起物・げんかつぎに勝めし(かつめし)を食べて、勝めし神社を参拝してみてはいかがでしょうか。

  • 時代劇の扮装を楽しむことができる夢織館とカフェが併設。 夢織館では、実際に時代劇で目にするような着物や忍者の衣装を試着することができ、写真撮影や衣装をレンタル(4時間)が可能。 レンタル中は、時代劇の扮装のまま、姫路城周辺を自由に散策することができるとか。 また、衣装の着付けやお子様向けの衣装もあり。 隣接する時代カフェでは、和の空間で、ゆっくりとカフェを楽しむことができる。

  • ヤマサ蒲鉾の大手前店の他、西二階町にも、アンテナショップを開設している。 基本、ここでは、無人となっているが、店内には、自動販売機が設置され、ヤマサ蒲鉾の関連商品やキャラクターのさっちゃんが販売されている。 また、プリクラも設置され、記念撮影を楽しむことができる。

    • さっちゃんと記念撮影

      さっちゃんと記念撮影

      さっちゃんの家の奥には、ソファーが置かれ、さっちゃんが左に座っていた。 さっちゃんとの記念撮影が可能。

    • 2階にもさっちゃん

      2階にもさっちゃん

      さっちゃんの家には階段がなく、2階に上ることはできないが、2階には、さっちゃんがいて、1階を眺めるように立っていた。

  • メガネの三城総本店に隣接し、「メガネの三城」とコラボしたカフェドミキウィズキティ。 コラボカフェ1号店として知られ、キティちゃんのソファやぬいぐるみ、ソフトワッフルサンド、パンケーキなどが登場する。

  • 「どんがめっさん」と呼ばれ、親しまれている大きな岩。 よく見ると、海を泳ぐ亀の形をしていて、話題を集めている。 場所は、本州の姫路市と離島の家島とを結ぶ高速いえしまの真浦港すぐ。 「どんがめっさん」は古くから伝説が残っていて、ある日、長老が亀の背に乗って釣りをしていたとき、大集団の船が見えた。 そして、その大集団の船員たちは、長老に対して水先案内を頼んだ。 一旦、港へ案内し、船員たちをを摂津へと案内した。 亀は忙しい主人をあとに、先に帰ってきた。 亀は、長老の帰りを待ち侘びながら、いつしか石になってしまった。 現在は、水天宮として祀られている。

  • 山々に囲まれた自然豊かな場所に整備された「辻川山公園」。 何やらここで、河童が出ると評判で、全国から多くの見物者が訪れる。 果たして、ホンマに河童が出るねんやろか? その真相を確かめるために現地に向かった。 そして、ため池をしばらく眺めていると出てきたのは、河童。 噂はホンマやったようですね。 ここに登場する河童は、名を河太郎と河次郎と言い、福崎町出身の民俗学者・柳田國男氏が過ごした福崎町辻川での暮らしや自身の人生を回顧して書いた著書「故郷七十年」に登場する市川の駒ヶ岩の河童のガタロ(河太郎)をモチーフにした河童の兄弟であるという。

    • 一匹は池のほとりに

      一匹は池のほとりに

      ため池を眺めるように座っている一匹の河童。

    • 天狗の森の妖翁

      天狗の森の妖翁

      全国妖怪造形コンテスト最優秀作品の「天狗の森の妖翁」。

    • 小屋から逆さ天狗が登場

      小屋から逆さ天狗が登場

      付近を散策していると不気味な音が聞こえてくる。 ギィーギィー。 音が聞こえる方向へ近づいてみると小屋。 すると、そこから、逆さづり天狗が登場した。 大きな翼で周囲を威嚇するも、手に持つ町特産の和菓子「もち麦どら焼き」を口にしながら登場。 民俗学者柳田国男氏は、「妖怪談義」などを著し、著書に登場する妖怪を再現したとか。 体長は約160cm。

    • 最先端を行く・・・天狗!?

      最先端を行く・・・天狗!?

      公園内の駐車場すぐにあるベンチ。 ベンチにはスーツを着たビジネスマンが座っていると思いきや・・・天狗! 情報技術(IT)という時代の流れはついに天狗まで!?

    • 記念撮影も可。

      記念撮影も可。

      公園内に登場する河童などが大集合。

  • 国見山と山麓にある国見の森公園。 ここには、山麓と国見山頂上付近とを結ぶミニモノレールがあり、約20分の旅を楽しむことができる。 ミニモノレールは完全予約制。 ただし、当日の乗車直前にも空席があれば予約可能。 また、ミニモノレールは無料なので、お気軽に利用することができる。

    • 国見の森公園

      国見の森公園

      交流館前には兵庫県のマスコットキャラクターの「はばたん」と宍粟市のマスコットキャラクター「しーたん」が並ぶ。

    • 国見の森公園交流館

      国見の森公園交流館

      国見の森公園には無料駐車場があり、奥には交流館。 交流館では、国見山の総合案内やクラフト作品の展示、自然環境学習の展示も行っている。 その他、交流館横の山麓部と山上部とを結ぶミニモノレールの受付も。

    • ミニモノレール軌道

      ミニモノレール軌道

      山麓部と山上部とを結ぶミニモノレールの軌道。 途中、傾斜38度の場所があり、かなり急な角度と高さから宍粟市内を一望することができる。 晴れた日には、家島や明石海峡大橋も見えるとか。 また、車内放送では国見の森公園の案内や宍粟市内の観光案内も行っている。

    • 学習館

      学習館

      国見山山頂付近にある学習館。 木工教室など学習講座が開催される。 また、ミニモノレールの待合所も。

    • 山上野外広場

      山上野外広場

      山上部には山上野外広場。 ここには、イノシシの像などが。 子供たちは虫取り網と虫かごを持って走りまわっている姿が印象的。 また、スポーツにも最適。

    • 国見山山頂付近

      国見山山頂付近

      ミニモノレールの山上部にある駅から歩いて約700mの場所に国見山展望台。 標高465mの高さからは宍粟市内を一望できる。 また、晴れた日には、家島や明石海峡大橋が見えるとか。

  • 千畳平と呼ばれる草原や千畳の滝、宿泊施設の鹿ヶ壺山荘、 鹿ヶ壺キャンプ場などがあり、楽しめる。 が、何よりも注目なのが、グリーンステーション鹿ヶ壷周辺に点在する案山子である。 別名、かかしの里と呼ばれ、グリーンステーション鹿ヶ壷にたどりつくまでの道のりだけでも、楽しさがいっぱい。

    • 奥播磨 かかしの里

      奥播磨 かかしの里

      さあ、ここが入口です。 早速、かかしが、お出迎え。

    • 人の家をのぞいている、かかし

      人の家をのぞいている、かかし

      そーっと、中をのぞくかかし。 一体、中には何が入っているのでしょう。

    • 仕事する、かかし

      仕事する、かかし

      夫婦でしょうか。 リアカーに荷物を乗せ、一生懸命、頑張っている、かかし。

    • 消防団?看板で相談する、かかし

      消防団?看板で相談する、かかし

      地域の消防団でしょうか。 看板を持ちながら、何か相談している、かかし。

    • のんびり、かかし。

      のんびり、かかし。

      ベンチの上で横になり、くつろいでいる、かかし

    • 一休みしている、かかし

      一休みしている、かかし

      こちらも、夫婦でしょうか。 仲良く並んで座っている、かかし。

    • ようこそ、富栖へ

      ようこそ、富栖へ

      座っていたり、立っていたり。 いろんな、かかし。

    • 釣りを楽しむ、かかし

      釣りを楽しむ、かかし

      親子でしょうか。 釣竿を持ち、遠くを眺めている、かかし。

    • かかしの里 分校

      かかしの里 分校

      地域の学校。 分校と書かれ、一人の男性が中をのぞいている。

    • かかしの学校の授業風景

      かかしの学校の授業風景

      先程の男性と同じように中をのぞくと、黒板があり、教壇に立つ先生の姿が。 授業参観でしょうか。 学生と様々な年齢層のかかしが、集まっている。

    • かかしの消防団?

      かかしの消防団?

      いろんなかかしが大集合。

  • 兵庫県宍粟市を水源に、たつの市、揖保郡太子町、姫路市へと流れる揖保川。 その揖保川の流域には、古くからそうめんづくりを営み、全国的には「揖保乃糸」として知られている。 そんな揖保川の源流にほど近い標高1510mの氷ノ山から流れる清水を使用した長さ約30mの流しそうめんは圧巻。

  • 日本へそ公園。 「へそって、何やねん?」 誰もが、そう思ったでしょう。 実は、西脇市も日本標準時子午線が南北に通る町として知られ、大正時代に標柱が建てられた。 また、西脇市は東経135度、北緯35度として知られ、にしわき経緯度地球科学館、加古川に架かる橋は、緯度橋、最寄り駅は加古川線の日本公園駅など、緯度、経度に関するスポットがいっぱい。

  • 本州一標高の低い中央分水界があり、ここを起点に黒井川、竹田川、土師川、由良川を経て約70km先の日本海へ流れていく。 また、高谷川本流は加古川を経て約70km先の瀬戸内海へ流れていく。 公園内には、水別れ資料館、人工の滝や広場が整備されている。 なお、公園の西側に位置する十字路交差点は「水分れ交差点」、南側に位置する橋は「水分れ橋」である。

    • 𡶌部神社

      𡶌部神社

      一間社で見世棚様の流造・柿葺の建物。 室町時代の様式。

  • 祭神は、田道間守命、天湯河棚神。 田道間守命は天日槍命の子孫で、垂仁天皇の命により常世の国から「非時香果(ときじくのかぐのみ)」(菓子の最上級品である橘)を持ち返ったことから、菓子の神・菓祖としての信仰を集めている。 また、現鎮座地に居を構えて当地を開墾し、人々に養蚕を奨励したと伝えられることから、養蚕の神とも。

  • カバンストリートは、宵田商店街の愛称。 2005年、豊岡市の地場産業であるカバン産業と商店街が協力して「カバンストリート」が発足。 「地場の産業と商店街の活性化」が目的。 27の商店が軒を連ね、14店舗でカバンを販売している。 日本でも珍しい「かばんの自動販売機」が設置されている。 2009年、経済産業省・中小企業庁の「新・がんばる商店街77選」に選定された。

  • コウノトリ但馬空港という愛称で親しまれている但馬飛行場。 1994年、日本初の「コミューター専用空港」として開港した。 ターミナル横にはYS-11及びエアロコマンダー式680FL型の退役機が展示。 主翼の真下からの見学も可能。

    • 記念撮影

      記念撮影

      ターミナルでは記念撮影を楽しむこともできる。

  • 京都府宮津市と鳥取県米子市とを結ぶ国道482号沿いにある道の駅。 1993年、道の駅としてオープン。 付近は、大正時代からの歴史を持つスキー場、パラグライダー、ゴルフ、テニスなどが楽しめるレジャーエリア。 ここでは、神鍋温泉の温泉浴場、地元の特産物などを中心に販売する売店、地元の旬の食材を中心に楽しめるレストラン、神鍋高原やその周辺の観光情報の発信や郷土資料館が併設されている。 また、周辺ではキャベツの栽培が盛んとなっていて、キャベツに関するお土産や「キャベツチップ」をはじめとする菓子などが販売。 特に、2016年に導入されたUFOキャッチャーの景品はキャベツを使用した「キャベツチップ」。

  • JR西日本山陰本線の鎧駅と餘部駅間にある橋梁(単線鉄道橋)。 現在、余部橋梁は2代存在し、初代の旧橋梁は鋼製トレッスル橋。 1912年に開通し、2010年に運用を終了した。 2代目の現橋梁はエクストラドーズドPC橋で、2010年に供用が始まった。 餘部駅の裏山には展望所が設けられ、同駅ホームより高い位置から眺めることができる。 奥には、日本海が広がり、撮影ポイントとして定番化している。

    • 空の駅

      空の駅

      余部鉄橋旧軌道跡は空の駅として一般開放され、展望台として整備されている。 ここでは、360度、絶景を眺めることができ、日本海を望むことができる。

    • 空の駅と線路

      空の駅と線路

      余部鉄橋旧軌道跡には一部の線路が現存し、線路を触ったり、歩くことができる。

このおでかけプラン作者はこの人!

大阪が好きやねん!
大阪が好きやねん!
まいどまいど!大阪が好っきゃねん!愛してんねん!もう、どうにも止まらへんねん!の「大阪が好きやねん!」でおまんにゃわ~♪「なにわ魂をいつも心に」この熱意は誰にも負けまへんでー!「大阪が好きやねん!」では、大阪都市圏・関西広域(大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、兵庫県、和歌山県、鳥取県、徳島県)にこだわった地域密着型、地域最大の情報発信を目指して、気張っていきまっせ!せやさかい、大阪府だけで130プラン以上、兵庫県だけで60プラン以上をご提案。「ばったもん(偽物)」やあらへん「ほんまもん(本物)」の観光情報、地域情報、ほんでさらに、きめ細かい穴場情報も各地域・各地区に分けて発信してまんねん!ええ仕事してまっしゃろ~?(笑)ほんでまた、わての生まれ故郷でおます大阪府大阪市のご当地検定「あさひだいすき旭区検定(大阪市旭区役所主催)」や「大阪なるほど再発見!なにわなんでも大阪検定(大阪商工会議所主催)」にも合格!これからも地域密着型、地域最大の情報発信を目指して、大阪、関西をとことん勉強!めっちゃ発信!ごっつ愛していきまひょ!ほな、まいどおおきに~。
おでかけプラン 266
Holidayでおでかけプランを作ってみませんか!おでかけプランの作成はパソコンからアクセス
フォトレポ 0件
フォトレポを送る

写真と一言でおでかけプラン作者さんに「行ってきました!」を伝えよう。 詳しくはこちら

ご利用のブラウザでは正しく画面が表示されない、もしくは一部の機能が使えない可能性がございます。以下の推奨環境でご利用ください。

推奨環境:Google Chrome 最新版、Safari 最新版、Firefox 最新版