尼崎駅(阪神)周辺の観光におすすめ!人気・定番・穴場プランが満載!

尼崎駅(阪神)周辺の観光に関するおでかけプランを集めたページです。おすすめスポットを使った尼崎駅(阪神)周辺の観光にぴったりなプランがたくさんあります。自分に合った尼崎駅(阪神)周辺観光プランを見つけて素敵な休日を過ごしてください!

…もっと見る

尼崎駅の人気おでかけプラン

尼崎駅の新着おでかけプラン

種類から探す

尼崎駅の定番スポット

尼崎駅の人気「グルメ」スポット

尼崎焼そばセンター|阪神尼崎 居酒屋 ちょい飲み テイクアウト レモンサワー 忘年会 二次会

尼崎焼そばセンター|阪神尼崎 居酒屋 ちょい飲み テイクアウト レモンサワー 忘年会 二次会

兵庫県尼崎市神田中通3丁目57
3
大阪・関西が好きやねん!

焼きそばなどを中心とする居酒屋。 店内はカウンター席とテーブル席がある。 メニューは、餃子、たこ焼き、鉄板焼き、生姜焼きなど。 モットー「私たちは焼きそばに本気です」の元、オリジナルの生卵麺を使用し、オーダーごとに丁寧に茹で上げる。 また、焼きそばのオリジナルソースは特製、旨塩、醤油、味噌、スパイシーの5種類。 辛さは、自家製ラー油で好みの味にできる。

中華料理 大貴

中華料理 大貴

兵庫県尼崎市神田中通3丁目29 タカショウビル
2
大阪・関西が好きやねん!

阪神尼崎駅前には中央商店街があり、その途中に神戸元居留地で1912年に創業したという老舗がある。 店内は昔ながらの雰囲気が漂い、テーブル席があった。

たこ焼 岡

たこ焼 岡

兵庫県尼崎市東桜木町16
1
大阪・関西が好きやねん!

阪神電車本線または阪神なんば線の阪神尼崎駅から徒歩約5分の場所に位置し、多くの寺院に囲まれた寺町で店舗を構えるタコ焼きの専門店。 付近には豊臣秀吉ゆかりの広徳寺や豊臣秀吉による太閤検地に参加した佐々成政ゆかりの法園寺があり、年間を通じて多くの観光客が訪れる。 そんな閑静な寺町で愛されてきた地元のたこ焼き屋は7個で100円、14個で200円など安くて旨いと評判。

尼崎駅の人気「遊び・観光」スポット

尼崎ゑびす神社

尼崎ゑびす神社

兵庫県尼崎市神田中通3丁目82
26
大阪・関西が好きやねん!

別名、倉持戎大宮、または「ちぢみさん」。 災害を被る毎に社勢が衰え、分断や縮小を余儀なくされていったことから、「ちぢみさん」と呼ばれるようになったとか。 創建は、醍醐天皇以前の時代。 正和年間、近江坂本の日吉神社に属する一社が尼崎に祀られた。 尼崎市西本町5丁目には戎太神宮が建立。 菅原道真が九州の大宰府に向かう途中、尼崎に立ち寄り、立ち並ぶ老松や砂浜の景観に感銘を受けたとか。

尼崎城跡

尼崎城跡

兵庫県尼崎市北城内27番地
12
大阪・関西が好きやねん!

2018年、尼崎城址公園内に地上5階として竣工。 家電量販店「エディオン」の前身にあたる旧ミドリ電化創業者の安保詮氏によって再建。 2016年、安保詮氏は「創業の地に恩返ししたい」と約10億円の私財を投じて、天守を再建し、尼崎市に寄贈。 なお、大きさや外観などは当時の建物を再現しているが、場所は北西約300m離れている。 1873年、1617年に建設された尼崎城は取り壊された。

貴布禰神社

貴布禰神社

兵庫県尼崎市西本町6丁目246 貴布祢神社
12
大阪・関西が好きやねん!

京都の貴船神社は総本宮として知られ、長洲中通三丁目に鎮座する貴布禰神社が発祥地。 長洲の貴布禰神社は東長洲の氏神。 祭神は高龗神(タカオカミノカミ)。 西本町の貴布禰神社は長洲の貴布禰神社より分祀されたが当初、尼崎城の西三の丸に創建。 1715年、現在地に遷座。 1945年、太平洋戦争の空襲により被災。 1950年、復興。 1995年、阪神淡路大震災により被災。 1996年、復興。 祭神は高龗神(タカオカミノカミ)、加茂別雷大神、加茂御祖大神。 祭事は大祭(だんじり祭)、宵宮 旧・尼崎町の惣社であった同社の夏祭には各町から地車が繰り出す。

世界の貯金箱博物館

世界の貯金箱博物館

兵庫県尼崎市西本町北通3丁目93
8
大阪・関西が好きやねん!

テーマは、貯金箱の博物館。 1984年、尼崎信用金庫の職員が趣味で集めたという貯金箱コレクションを元に設立。 2015年、約13,000点に及ぶ世界の貯金箱コレクションを有し、その中から約2,500点を常設展示している。 貯金箱のコレクションとしては世界最大規模で、国内外問わず、世界62か国のものも含む。

櫻井神社

櫻井神社

兵庫県尼崎市南城内116-11
8
大阪・関西が好きやねん!

1711年、尼崎藩を治めた桜井松平家(明治時代、松平から桜井に改姓)の初代信定から16代忠興までを祀る。 桜井松平家は武蔵松山藩・遠江浜松藩・上総佐貫藩・駿河田中藩・遠江掛川藩・信濃飯山藩を経て、摂津尼崎藩に至る。 祭神は櫻井信定公(五十橿戈衝立豊柱根命)、櫻井忠重公(青雲伊多々須昆古命)、楼井忠喬公(波奈具波之佐久良命)など。 1882年、旧藩士の有志が尼崎城西大手橋東詰に建立、創建。 1961年、現在地に遷座。 桜井忠興、田野口藩主の伯爵大給恒、元老院議官で伯爵の佐野常民らが設立に係わった博愛社(日本赤十字社)の記念碑が境内に建立。 また、尼崎城の棟瓦が飾られている。

大物主神社

大物主神社

兵庫県尼崎市大物町2丁目7-6 大物主神社
6
大阪・関西が好きやねん!

創建時期など詳細は不明。 別名、大物社、大物若宮、若宮社、若宮弁財天、若宮八幡。 当時点在した三角州の一つに祀りの場として大物主の社が建立。 創建者は、大物主の子孫・大田田根子のさらに子孫となる鴨部祝。 平安時代、安芸守であった平清盛が厳島神社の祭神を勧請合祀。 当社に近く、海上交通の要所かつ難所であった大物浦の安全を祈念したとか。 その後、源頼朝から追討された義経が大物浦より船出する際、当社東側にあった七軒長屋に一時滞在している。 また、平安時代に生まれ、太平洋戦争後に途絶えたとされ、復活した「尼の生醤油」の発祥地として知られている。

尼崎駅の人気ホテル・旅館

尼崎駅の新着よかったよ!

尼崎駅のおすすめ記事

他のエリアから探す

ご利用のブラウザでは正しく画面が表示されない、もしくは一部の機能が使えない可能性がございます。以下の推奨環境でご利用ください。

推奨環境:Google Chrome 最新版、Safari 最新版