• Holiday トップ
  • 【北海道大学の楽しみ方完全ガイド】観光客も入れるスポットや見どころを一挙紹介!

【北海道大学の楽しみ方完全ガイド】観光客も入れるスポットや見どころを一挙紹介!

北海道大学は、研究機関でありながら一般の人々向けにも公開されている札幌の観光スポットです。ここでは大学の歴史や研究について学べたり、北大限定グルメを堪能できたりします。

そこで今回の記事では、全国から観光客が集まる北海道大学の見どころをたっぷりとお伝えしていきます。併せて周辺のグルメスポットや観光スポットも紹介しますので、これから札幌への旅行を予定している人はぜひ参考にしてください。

北海道大学ってどんなところ?

北海道大学 メインストリート
北海道大学 メインストリート

北海道大学は、ただの大学施設ではなく北海道を代表する観光名所としても人気です。敷地面積は日本最大級を誇り、キャンパス内は自然豊かでのどかな雰囲気。農場や牧場もあり、まさにここが北海道の大自然にある大学だということが感じられます。

キャンパス内の芝生や小川では小さな子供が遊んでいる姿が目に入り、どこか広い公園にいるような気分にさせられます。

また新緑や紅葉の時期には、観光客が集まり賑わいを見せるのが北海道大学の特徴。実際に敷地に足を踏み入れてみるとわかりますが、キャンパス内を歩いている人のほとんどが観光客です。連日多くの観光客が訪れる北海道大学は、他の大学にはない活気に溢れているのです。

昆虫及養蚕学教室
昆虫及養蚕学教室

北海道大学に観光客が集まる理由の1つに、大学の歴史と伝統の長さが挙げられます。北海道大学は、1876年に札幌農学校として創立されました。その時代の北海道は「開拓期」と呼ばれ、農業や養蚕業が本格的に始められた時代。そのため北海道大学の敷地内には、開拓期の産業に関わる施設が多く存在するのです。

その中でも特に、1877(明治10)年に作られた札幌農学校第2農場は北海道開拓期の農業を表した産物だと言えるでしょう。札幌農学校第2農場の施設は、当時のアメリカ中西部で活用された「バルーン・フレーム」という建築様式が採用されているのが特徴。これは北海道の気候や土地にあった、北海道で酪農業を進めるための模範施設だと言われています。

その他にも北海道大学には重要文化財や登録有形文化財に指定された建造物が多く、そのレトロで情緒深い建物たちは北海道の歴史の長さを感じさせます。他の都府県にはない「開拓」の歴史を、自分の目で直接見ることができる。その珍しさこそが、北海道大学が県外からも多くの観光客を集める理由でしょう。

北海道大学施設案内
北海道大学施設案内

広大な敷地面積を誇る北海道大学は、キャンパス内の施設をすべて見て回るには相当な時間が必要です。あらかじめ、お目当ての場所を決めてから訪れることをおすすめします。キャンパス内の地図は正門横でもらえるため、観光をスタートする前にもらっておくと良いでしょう。

北海道大学で、一般的に観光客が訪れる場所といえば「総合博物館」「ポプラ並木」「エルムの森」の3つ。これら3つは、北海道大学の定番スポットとして知られます。どれも営業時間や開館時間が決まっているため、訪れる前に北海道大学ホームページで確認しておくと間違いないでしょう。

北海道大学は敷地がとにかく広いため、キャンパスを一通り回ろうと考えている人は少し大変に感じるかもしれません。そんな時は、「ポロクル」という自転車レンタルサービスを利用するのが便利です。

ポロクルは、事前にアプリに登録を済ませておくだけで簡単に市内で自転車をレンタルできる仕組みのこと。札幌市内に約40ヵ所自転車をレンタルできるポートがあり、北海道大学のような広い敷地を観光する際には役立ちます。

北海道大学

北海道大学

北海道札幌市北区北8条西5丁目

有名な並木通りを通りたかったけど、暗くて堪能できず

158

見どころ

美しいポプラ並木を散歩する

メインストリート
メインストリート

ポプラ並木は、今や北海道大学のシンボルとも言える定番スポットです。季節ごとに葉の色が変わり、訪れるシーズンによって違う顔を見せてくれます。北海道独特の爽やかな風景が魅力で、並木道をただ見つめているだけで心が癒されるはず。

北12条門からポプラ並木へ行く場合は、必然的に銀杏並木のメインストリートを通ることになります。正門から向かう人はこのメインストリートを通ることはないとは思いますが、せっかくなら少し遠回りしてでもぜひ通過してみてください。

このメインストリートもまた、自然豊かなスポットとして観光客から人気の注目スポットなのです。特に秋が最も美しく、一面に色づく黄金の銀杏はまさに絵画のような世界。北海道大学を観光する際、絶対に通っておきたい定番コースだと言えます。

道の端から端までは1.2kmほどあり、景色を眺めながら散歩をするにはピッタリの距離です。ポプラ並木へ向かう際には、このメインストリートの景色も一緒に楽しんではいかがでしょうか。

ポプラ並木
ポプラ並木

ポプラ並木は、1903年に札幌農学校(現北海道大学)の校長がアメリカから持ち帰り植えたことが始まりです。途中、台風により何度か木が倒れたこともありましたが、その度に市民一丸となって立て直してきました。

現在は並木道の奥まで入ることは禁止されていますが、近くまで寄って景色を堪能することが可能です。

休日には地元の画家がポプラ並木の絵を描きに訪れるほど、美しい景色に出会えるスポットとして評判を集めます。またこのポプラ並木の近くには、花木園という北海道独自の気候で育つ植物が見られる園もありこちらも密かに人気。

タイミングが良ければ野鳥にも出会えるため、動植物に癒されたい人はぜひ花木園にも寄ってみてはいかがでしょうか。

夏のポプラ並木
夏のポプラ並木

四季折々の姿を見せてくれるポプラ並木ですが、特に景色が美しいおすすめの時期が夏です。まだ葉が実っていない閑散とした春が終わると、夏には青々とした葉が実り一気に快活な雰囲気に。並木道の合間からは農場が見え、のどかで平和な光景に癒されます。夏のポプラ並木では、緑豊かな北海道らしい景色に出会えるのです。

また逆に、ある意味で夏よりも北海道らしい景色を味わいたいなら、あえて雪の積もる冬に訪れてみるのも良いかもしれません。白銀の世界にポプラの木々が並ぶ様子は、幻想的で思わず目を奪われるはず。

この時期は観光客も少ないため、静かな環境で観光ができます。北海道大学で自然の美しさに触れたいなら、このポプラ並木は外せないスポットでしょう。

博物館で歴史や学問に触れる

北海道大学総合博物館
北海道大学総合博物館

敷地内を歩いていると、クラーク像近くにあるモダン・ゴシック調の建物が目に入るはず。この重厚な建物は総合博物館で、ここでは北海道大学の歴史や研究について知ることができます。

1929年に建てられた総合博物館は、北海道大学内で最も古い鉄筋コンクリートの建造物。もともとは、博物館としてではなく理学部創設のために建設されました。

このおしゃれな外観にも目を奪われますが、少し気になるのが玄関前に置かれている異色なウッドデッキです。このウッドデッキは、「人々の憩いの場」を設けるために北海道大学関係者によって作られたもの。

実際に今でも、学生や教職員、来館者たちがこのウッドデッキの周辺で談笑をする平和な時間が流れています。

北海道大学の歴史
北海道大学の歴史

館内に入りらせん状の階段を上ると、最初に目に入るのが吹き抜けの白い天井ドームです。これは「アインシュタイン・ドーム」と呼ばれ、建設当初から学生たちに親しまれています。

館内では北海道大学の歴史や研究、そして実際の研究成果の展示物の見学が可能です。歴史コーナーで見学できるのは、北海道大学の創立から現在に至るまで、そして創立に関わった著名人の功績など。特に北海道大学の歴史の中でも、クラーク博士の功績について紹介されているコーナーが充実しています。

設立当初から北海道大学は、英語教育やリベラリズムに力を注がれてきました。海外の文化や価値観を積極的に取り入れたこの方針は、クラーク博士の考え方によるものが大きいと言われています。

現在北海道大学から多くの著名な研究者を輩出しているのも、大学設立当初の教育方針が大きく関係しているのは間違いないでしょう。この歴史コーナーでは、さらに当時の北海道の産業や政治についても触れられているため、興味がある人はぜひ覗いてみてください。

北海道大学の研究
北海道大学の研究

さらに北海道大学といえば、日本の大学の中でもトップクラスの研究機関とも言える大学。ここではその研究成果や知見を、展示物を通して学ぶことができるのです。

特に北海道は宇宙産業が有名なため、ロケットや衛星など北海道ならではの研究について知れるのも注目ポイント。そのほか北海道の地形を活かした農業や、先住民族のアイヌ文化についてなど、北海道だからこその情報が手に入るのが総合博物館の魅力だと言えます。

また館内の各所に体験型の仕掛けが用意されているため、小さな子供でも飽きずに最後まで楽しめるはず。館内を最後まで見学した後は、ショップで北海道大学限定商品のお土産を探すのもおすすめです。

食堂で名物のランチを味わう

エルムの森カフェ
エルムの森カフェ

あまり知られてはいませんが、実は北海道大学は美味しいランチが食べられるグルメスポットとしても密かな人気を集めています。北海道らしい名物メニューが数多く生み出されているため、キャンパスに訪れた際はぜひランチも忘れないで欲しいと思います。

特に数あるグルメスポットの中でも、エルムの森と呼ばれるカフェが人気です。エルムの森は、正門から入ってすぐのインフォメーションセンターの中で営業しています。

席は店内と屋外のウッドデッキの2つがあり、天気が良い日は外で食事をするのも気持ちが良くておすすめです。メニューにはパスタやピラフ、チャーハンなど定番の軽食が多く、どれも味のクオリティには定評があります。食事をした後は、隣のショップでお土産を探すのも良いでしょう。

レストランエンレイソウ
レストランエンレイソウ

ポプラ並木近くにある西洋レストランの「エルム」は、大学内の飲食店とは思えないほどのゴージャスな店内と食事が売りです。エルムの入っている建物「エイレンソウ」は一面ガラス張りで、窓の外には生い茂る木々が広がる様子を目にできます。

冬になると一面雪が積もった銀世界が眺められ、夏とはまた違った幻想的な景色も楽しめるのです。

エルムの人気メニューと言えば、「クラークカレー」と呼ばれる豪華なカレーライス。食材にはローストビーフと北海道の新鮮な野菜が使われ、通常のカレーライスよりも高級感が満載です。

トマトベースのカレーはほんのり甘く、辛い料理が苦手な人でも抵抗感はありません。クラーク博士の名前から取られたこのメニューは、北海道大学に訪れるなら確実に味わっておきたい定番料理だと言えます。

中央食堂
中央食堂

最後に紹介するのが、学生に人気の中央食堂です。総合博物館のすぐ近くにあるため、博物館を見学した後すぐに足を運べます。中央食堂が学生に人気の理由は、料理がボリューミーでとにかく値段が安いこと。

麺類や丼、定食などほとんどのメニューが300円から500円程度で食べられます。大学生気分を味わうなら、レストランやカフェよりもこの中央食堂が最も向いているでしょう。

この中央食堂の目玉料理が、牛トロ丼という北海道大学限定メニューです。白米の上に北海道の牛トロがたっぷりと乗せられた豪華な丼が、580円というリーズナブルな価格で楽しめます。北海道らしさが詰まった牛トロ丼は、北海道の学生食堂ならではのメニューなのです。

情緒深い建築や銅像を目で見て楽しむ

キャンパス
キャンパス

北海道大学構内には、重要文化財や登録有形文化財に指定される建造物が多くあります。それらの建造物はどれも趣があり、ただボーッと見ているだけで飽きません。

旧農学部図書館や旧昆虫及養蚕学教室など、白を基調とした上品が建物が多いのが北海道大学の建築物の特徴です。華美でないにも関わらず、配色や造形だけで美しさ感じさせる不思議さがあります。構内を散策する際は、あちこちに点在するレトロな建物たちにも注目してみると、より一層観光を楽しめるでしょう。

古河記念講堂
古河記念講堂

北海道大学構内で、特に注目して見て欲しいのが古河記念講堂です。足尾銅山で利益を上げていた古河一族が、償いの意味を込めて寄贈した建物だと言われています。古河一族はこの他にもいくつか建物を寄贈しましたが、そのなかで唯一現存しているのがこの古河記念講堂なのです。

一際目を惹く真っ白な外観は、フランス・ルネッサンス様式と言われる西洋の建築様式が取り入れられています。この外観の美しさは多くの観光客の注目を集め、連日観光客が建物の前でカメラを構える撮影スポットとしても人気です。現在は内部の一般公開はせず外観の見学のみとなっていますが、北海道大学に訪れた記念にぜひ1枚ここで記念撮影をしてみてはいかがでしょうか。

クラーク像
クラーク像

「少年よ、大志を抱け」で知られるクラーク博士には、北海道大学のキャンパス内で出会うことができます。クラーク博士とは、北海道大学の先駆けである札幌農学校の初代教頭。胸像が造られた1948年当初は、あまりの人気に観光客が殺到して大変だったと言います。

今の北海道大学があるのはクラーク博士の働きかけが大きく、そういった意味でもこの胸像はぜひ人目見ておきたいスポットだと言えるでしょう。クラーク博士の像があるのは、中央ローンと呼ばれる広場とクラーク会館の中。雪や雨で天候は悪い日は、中央ローンではなくクラーク会館の屋内で胸像を拝めると良いかもしれません。

エルムの森で北大限定商品を買い物する

エルムの森
エルムの森

エルムの森は、北海道大学正門近くにある観光客向けの施設。名物のランチでも紹介しましたが、館内にはカフェがあり食事やお茶を楽しむことができます。カフェの他にはお土産屋とインフォメーションセンターの役割があり、観光客にとってはぜひマストで寄っておきたいスポットだと言えるでしょう。

特にお土産商品の数が豊富で、自分用のみならず贈り物用にも使える商品が盛りだくさん。学校や職場へのお土産に悩んでいる人は、ぜひここで購入することをおすすめします。

エルムの森は、古い建物が多い北海道大学の中でも一際スタイリッシュでおしゃれな建物。広い敷地内を歩くのに疲れた時は、ここで買い物がてらお茶でもゆっくりしていくのも良いかもしれませんね。

北海道大学限定商品
北海道大学限定商品

まずエルムの森で注目すべきなのが、北海道大学のロゴが入った商品。バッグやパーカーなど、身につけるタイプのファッションアイテムが人気です。この北海道大学のロゴは、「エイレンソウ」をモチーフにしたもの。普段使いできるデザインのアイテムも多く、旅の記念に何か1点購入してみてはいかがでしょうか。

ファッションアイテムの他には、ペンやノート、クリアファイルなど文房具も多数販売されています。どれも良心的な価格なため、複数点購入してお土産として配るのも良いかもしれません。北海道大学でお土産を購入するなら、ロゴが入った商品はまずチェックしておきたいと言えます。

札幌農学校クッキー
札幌農学校クッキー

次におすすめの商品が、北海道大学の定番土産とも言える札幌農学校クッキーです。全国的にも知名度が高いため、すでにその名前を聞いたことがある人もいるかもしれません。札幌農学校クッキーは、新鮮なミルクに北海道産のバターと小麦が使われた口溶けの良いお菓子で、すでに累計1億枚以上が販売されています。

サクサクした食感と口の中にふわっと広がる甘みは、子供から大人まで年代問わず人気。札幌農学校クッキーは北海道大学の認定商品でもあり、売上の1部は大学の教育支援にも充てられています。

北海道大学で定番のお菓子を買うなら、この札幌農学校クッキーは外せないでしょう。その他にもエルムの森にはロースハムやお酒など、大学のロゴが入った食品が多く販売されています。

おすすめの周辺スポット

北海道大学から徒歩10分圏内でいけるランチ

まるたかラーメン

まるたかラーメンは、シンプルながらも万人受けする札幌の老舗ラーメン店です。北海道大学からも近いことから、学生がよく訪れます。メニューは味噌や醤油、塩などの定番の味が人気ですが、かつお塩やピリ辛味など定番以外も提供されています。

細いストレート麺が特徴で、重くなくツルツルと喉を通っていくのがまるたかラーメンの特徴。あっさりとした味わいが好きな人にピッタリのラーメンです。

まるたかラーメン

まるたかラーメン

北海道札幌市北区北11条西4丁目1-5

2

まんぶう

とんかつ屋まんぶうのターゲットは、近隣のお腹を空かせた北大生。そのため、とにかくガッツリとした料理でお腹をいっぱいにしたい人には最高のお店です。人気のロースカツプレートは680円と安く、そのほかにも定食や丼などボリューミーな料理が低価格で食べることが可能です。

さらにプラス200円払えば唐揚げが食べ放題になるなど、まんぶうの食事は値段と量に定評があります。

まんぶう

まんぶう

北海道札幌市北区北15条西4丁目1-1

1

スタッツィオーネ

スタッツィオーネは、札幌でおしゃれなイタリアンが食べられるお店です。店内は日当たりが良く木の温もりが感じられる、明るい雰囲気の空間となっています。

女性受けする洒落たメニューが多く、そのなかでも特に人気が丸ごとトマトとナスモッツァレラです。ローストしたトマトが丸ごと1個パスタに乗ったこの料理は、見た目も鮮やかで写真映えする1品。トマトが好きな人なら、マストで注文したいメニューでしょう。

スタッツィオーネ

スタッツィオーネ

北海道札幌市北区北7条西4丁目

1

175°DENO担担麺 札幌駅北口店

店主が実際に四川省を歩いて研究した、本場の担々麺が175°DENO担担麺では味わえます。ここでは日本のラーメンと四川の担々麺、その両方がコラボした新しい味わいに出会えるのです。

メニューは汁無し担々麺や汁有り担々麺、黒ごま担々麺があり、それぞれ辛さを自分で選べます。特注した平打ち麺と胡麻だれ、ラー油の組み合わせは1度食べたら病みつきになること間違いありません。

175°DENO担担麺 札幌駅北口店

175°DENO担担麺 札幌駅北口店

北海道札幌市北区北7条西4丁目1-1 東カン札幌ビル1F

最近、札幌で美味しいラーメン屋は?と聞かれるとここを紹介します。

17

北海道大学と合わせて観光におすすめ

札幌駅

札幌駅は、大規模なショッピングセンターが隣接する北海道最大規模の駅。ただ単に電車を乗り降りするのではなく、ここではショッピングや食事を楽しめるのです。

レストランでは、札幌ラーメンや海鮮丼など北海道を代表するご当地料理が多く提供されているのが特徴。北海道料理を堪能した後は、お土産を探しにショッピングセンターを散策するのもおすすめです。

札幌駅

札幌駅

北海道札幌市北区北6条西4丁目

電車で南小樽駅へ向かいます🚃

544

北海道大学植物園

北海道大学の所有する植物園も、密かに札幌の観光名所として人気です。植物園はいくつかのセクションに分かれ、ライラック並木やバラ園、灌木園(かんぼくえん)など多様性に溢れています。

特にライラック並木では、札幌最古のライラックの木を見る貴重な体験ができおすすめです。また博物館では北海道の動植物について学べるため、興味がある人は訪れてみると良いでしょう。

北海道大学植物園

北海道大学植物園

北海道札幌市中央区北3条西8丁目

お父さんが、お母さんと初めてデートした場所。 夫婦の仲の良さを息子にアピールします。 息子の心を色んな意味で揺さぶります。

17

百合が原公園

百合が原公園は、その名にもある通り100種類以上のユリの花を観賞できるカラフルで可愛らしい公園です。ユリ以外にも約6,400種類の花や植物が育てられ、広大な敷地内は色とりどりの花々で埋め尽くされています。

敷地内は「世界の庭園」や「世界のユリ広場」などテーマによって分かれているため、それぞれのセクションの違いをじっくりと観察してみるのも楽しいはず。

百合が原公園

百合が原公園

北海道札幌市北区百合が原公園210

札幌市北区にある大きな公園です。 遠足で行ったことがある人もいるかも。 実はここ、フォトジェニックスポットの宝庫なんです!!

20

清華亭(しんかてい)

1880年、清華亭は明治天皇がお出ましになる際の休憩所として建てられました。モダンで洋風な外観とは裏腹に、内装には和のテイストが取り入れられ厳かな雰囲気が漂います。この和洋折衷のデザインこそが、清華亭最大の特徴だと言えるでしょう。清華亭は、札幌市民の有志により寄付で保存され見学は自由となっています。

清華亭

清華亭

北海道 札幌市北区北7条西7丁目

北大の付近にある小さな建物。地味な場所にありますが、とても素敵な景観なのでぜひ行ってみてください。

32

北海道さっぽろ「食と観光」情報館

札幌駅内にある北海道さっぽろ「食と観光」情報館は、札幌観光の際にはぜひ1度は寄っておきたいスポットの1つ。ここでは札幌でおすすめの宿泊施設や観光スポットなど、札幌の観光情報が無料で手に入ります。

また館内にあるカフェでは、北海道の食材を使用した軽食が食べられるのも特徴です。軽く北海道グルメでも口にしながら、ここでは札幌観光の予定を練るのも良いかもしれません。

北海道さっぽろ「食と観光」情報館

北海道さっぽろ「食と観光」情報館

北海道札幌市北区北6条西4丁目

北海道、右も左もわからん! 早く着きすぎて暇してる! とりあえず定番のお土産を知りたい! など様々なニーズに応える、頼れる案内所です😊

15

アクセス情報

最寄り駅から近い門

  • JR札幌駅:正門、南門(徒歩7分)
  • 北12条駅:北13門(徒歩4分)
  • 北18条駅:北18条門(徒歩7分)
  • さっぽろ駅:正門、南門(徒歩10分)

周辺のレンタサイクル情報

ポロクル
ポロクル

北海道大学はとにかく敷地が広いため、体力に自信がない人は徒歩ではなく自転車を利用するのがおすすめです。札幌市内では「ポロクル」というシェアサイクルのサービスが使えます。これは好きな場所で自転車を借り、使い終わり次第また好きな場所で自転車を返却できるシステム。

札幌の中心部には自転車をレンタルできるポートが40ヵ所あるため、お近くのポートで自転車を借りてから北海道大学へ向かうのが良いでしょう。北海道大学からは、施設内の工学部が最も近いレンタルポートになります。

その他にも、札幌駅北口や大通公園方面にもポートは多数設置されているためぜひ利用してみてください。

よくある質問Q&A

何時からキャンパスを見学できますか?案内はしてくれますか?

北海道大学のキャンパス見学時間は特に決まっていないため、何時に訪れても問題ありません。ただ早朝や夜間などの時間帯は立ち入りできない施設が多いため、明るい時間帯に訪れることをおすすめします。

また基本的に、北海道大学ではキャンパスの案内はおこなっていません。観光の際は、インフォメーションセンターでキャンパス案内のパンフレットをお受け取りください。

食事ができる場所はありますか?

以下の施設で食事をすることが可能です。

  • レストラン:エルム
  • カフェ:エルムの森
  • 食堂:クラーク会館、中央食堂、北18条の福利厚生会館、北21条の創成科学研究棟

図書館は利用できますか?

一般見学の場合は、1日だけ利用できる「一日利用証」を発行する必要があります。発行に際して公的機関から発行された身分証明書(運転免許証、保険証、マイナンバー、パスポートなど)が必要ですのでご準備ください。またこの一日利用証は貸し出しはできず閲覧のみです。

基本情報

北海道大学

【見学時間】

24時間見学可能(※ただ図書館や博物館など、施設によって開館時間は異なるため注意が必要です)

【駐車場情報】

大学に専用の駐車場はありません。近隣にはいくつかパーキングがあるため、そこに駐車する必要があります。

【住所】北海道札幌市北区北8条西5丁目

【問い合わせ先】北海道大学公式ホームページはこちら

周辺エリアからおすすめプランを探す

三浦文学をめぐる冬の北海道(1日目)
三浦文学をめぐる冬の北海道(1日目)

中学生の頃から好きな三浦綾子文学の舞台北海道に一人旅⛄️2017.12.16〜18

saky
saky
北海道
0

【札幌・富良野】レンタカーを使わない北海道旅行!グルメ・温泉&「北の国から」を満喫する二泊三日
【札幌・富良野】レンタカーを使わない北海道旅行!グルメ・温泉&「北の国から」を満喫する二泊三日

初めての北海道旅行(*´▽`*) レンタカーで気ままにめぐるのもいいけど、まずは札幌周辺で温泉と美味しいグルメを満喫したい! そして、大好きなドラマ「北の国から」の世界を堪能したい! と思って実際に昨年行ってきたコースがこのプランです。 【1日目】豊平峡温泉は札幌からバスで1時間半のところにある広い露天風呂が気持ちの良い温泉です。 帰りはススキノで途中下車し、美味しいジンギスカンを満喫。 【2日目】朝は緑あふれる北海道大学のキャンパスを散歩。その後はのんびりと札幌駅周辺の観光スポット&グルメを楽しみます(^^♪ 【3日目】札幌駅から特急で富良野へ行き「北の国から」バスツアーに参加☆もちろん前もって「北の国から」はすべてDVDを見て予習済みです。ロケ地巡りは大興奮でした! 温泉もグルメも富良野の美しい自然も全部楽しみたい!という車を使わない派にお勧めのプランです♡ 3日目は美瑛ツアーにアレンジすることも可能です(^_-)-☆ 実はこの旅行で北海道にハマり、今年は函館に行ってまいります!それくらい楽しく最高だった旅プランです(^^)/

コムケン
コムケン
北海道
43

札幌はじめて旅(北海道)
札幌はじめて旅(北海道)

誰でも知ってる名所を巡りつつ、かわいいお店をちょいちょい覗く、初心者向けリアル観光プランです🔰 甘いものが大好きなので、六花亭にロイズチョコレート、白い恋人、雪印など、甘党必見のお菓子の聖地を満喫できて楽しかった〜😋

Yu
Yu
北海道
21

札幌中心街のおすすめ散策スポット
札幌中心街のおすすめ散策スポット

観光時期になると、方々から札幌行くんだけどおすすめの場所あるー?と聞かれるので、まとめてみました!札幌駅〜大通付近で楽しめる場所です。

山田 愛衣
山田 愛衣
北海道
33

地元民のおすすめも◎冬の札幌で北海道グルメを食べ歩き♪
地元民のおすすめも◎冬の札幌で北海道グルメを食べ歩き♪

ふっこう割をキッカケに冬の札幌へ。 北海道グルメを堪能してきました♪

teriyaki
teriyaki
北海道
3

あわせて読みたい観光コラム

【北海道観光】2020年9月はここをチェック!

9月のおすすめスポットをチェックしてお出かけの参考にしてみてくださいね。
【北海道観光】2020年9月はここをチェック!

【北海道観光】2020年8月はここをチェック!

8月でも過ごしやすい気候の北海道。アウトドアに最適なので、是非夏の思い出を作りにおでかけしてみてはいかがでしょうか。キャンプが楽しめるおすすめスポットや、アウトドアのアクティビティが楽しめるスポット、思い出作りにピッタリのスポットをそれぞれご紹介します。
【北海道観光】2020年8月はここをチェック!

【北海道観光】2020年7月はここをチェック!

7月の北海道は湿度が少なく、快適な夏を過ごすことができます。お祭りや花火大会などのイベントの他に、この時期にしか見れない絶景スポットもあります。ぜひ参考にしてみてください!
【北海道観光】2020年7月はここをチェック!

【北海道観光】2020年6月はここをチェック!

6月の北海道はとても過ごしやすい季節です。熱気あふれる祭りや、北海道ならではの旬の味覚がたくさんあるのでぜひチェックしてみてください。
【北海道観光】2020年6月はここをチェック!

【ノースサファリサッポロの楽しみ方完全ガイド】スリル満点な札幌のレジャー施設見どころまとめ

ノースサファリサッポロは、メディアでもよく取り上げられる札幌の人気観光スポット。動物園兼サファリパークでありながら、グルメやショーなど幅広いコンテンツを楽しむことができます。 季節ごとに多彩な楽しみ方が用意されているため、1年に何度も訪れるリピーターも少なくありません。ここでは、そんなノースサファリサッポロの楽しみ方を一挙に紹介していきます。
【ノースサファリサッポロの楽しみ方完全ガイド】スリル満点な札幌のレジャー施設見どころまとめ

【北海道観光】2020年1・2・3月はここをチェック!

「北海道を観光するなら、その時期にしか見ることが出来ないものも旅程に組み込みたい!」という人に向けての情報をまとめました。北海道行く際は、ぜひこの記事を参考にプランを立ててみてくださいね。
【北海道観光】2020年1・2・3月はここをチェック!

【円山動物園の楽しみ方完全ガイド】人気のエリアや動物は?見どころやグルメスポットを徹底解説

札幌市にある円山動物園では、寒冷な北海道ならではの動物たちに出会うことができます。ホッキョクグマやエゾシカなど、可愛らしい北国の動物たちにはきっと心が癒されることでしょう。また動物以外にも、グルメやイベントなど円山動物園には魅力がたくさんあります。今回は、そんな円山動物園の見どころやグルメを徹底解説していきます。
【円山動物園の楽しみ方完全ガイド】人気のエリアや動物は?見どころやグルメスポットを徹底解説

【新千歳空港の楽しみ方完全ガイド】映画館から温泉まで!レジャー施設のような空港の見どころまとめ

北海道外から札幌へ訪れる場合、新千歳空港を利用する人がほとんどではないでしょうか。新千歳空港はただの空港ではなく、温泉や映画館、グルメなど見どころがたくさんあるスポットです。そのため空港を利用する際には、ぜひこういったアミューズメント施設にも注目して欲しいと思います。ここでは、そんな新千歳空港を楽しむための方法を徹底解説していきます。
【新千歳空港の楽しみ方完全ガイド】映画館から温泉まで!レジャー施設のような空港の見どころまとめ

【白い恋人パークの楽しみ方完全ガイド】人気のアトラクションからお菓子作り体験まで見どころを徹底解説

白い恋人パークは、子供から大人まで楽しめる札幌の人気テーマパーク。2019年のリニューアルにより、目玉スポットが増えさらなる進化を遂げました。アトラクションや工場見学、グルメなど、あらゆるポイントで楽しめるのが白い恋人パークの魅力でしょう。この記事では、そんな白い恋人パークの楽しみ方を徹底解説していきます。
【白い恋人パークの楽しみ方完全ガイド】人気のアトラクションからお菓子作り体験まで見どころを徹底解説

【札幌駅の楽しみ方完全ガイド】札幌観光の拠点!グルメやお土産など北海道を感じるスポットが満載

真っ白な外観に大きな時計が目印の札幌駅は、ほとんどの観光客が利用する拠点とも言える場所。JRと地下鉄の両方が利用でき、市内だけでなく他のエリアへ向かうことも可能です。 この札幌駅の魅力は、ただ交通網として便利なだけはありません。駅には4つのショッピングセンターが併設され、アパレルショップやレストラン、アミューズメント施設が多数営業しているのです。 せっかく札幌駅で電車やバスを使うのであれば、ついでに買い物や食事も楽しんではいかがでしょうか。今回はそんな魅力たっぷりの札幌駅の、見どころやおすすめの飲食店、周辺スポットを紹介していきます。
【札幌駅の楽しみ方完全ガイド】札幌観光の拠点!グルメやお土産など北海道を感じるスポットが満載

【マレーシア 観光スポット紹介】歴史・自然・グルメまで!マレーシアのおすすめスポット41選

東南アジア有数の近代国家でありながら、海やジャングルなどの大自然も楽しめる魅力満載の国マレーシア。ビーチでリラックス、ジャングルで自然を満喫することもでき、東洋と西洋の文化が混ざり合い異国情緒あふれた街を歩くだけで旅情が掻き立てられる国です。 そんな魅力たっぷりのマレーシアの定番から穴場観光スポットまで、41ヵ所を紹介します。歴史や文化、自然を満喫、ショッピングやグルメを楽しみたいなど、カテゴリ別にスポットを選出しました。これからマレーシア旅行を予定している人は、ぜひ参考にして頂けたらと思います。
【マレーシア 観光スポット紹介】歴史・自然・グルメまで!マレーシアのおすすめスポット41選

札幌旅行ガイド!人気エリアや見どころ・アクセス情報が満載!

北海道の道庁所在地である札幌は、「都市」と「自然」の2つが共存する近代的な都市だと言えます。 日本を代表する歓楽街「すすきの」や、札幌駅周辺に集まる大規模な商業施設は、多くの人がイメージする、のどかな北海道のイメージとはかけ離れているように感じるかもしれませんが、、街の中心部にも「大通公園」や「藻岩山(もいわやま)」のような緑豊かな自然スポットがあるなど、都市でありながら北海道らしい自然に触れられるのが札幌の魅力でしょう。 また美味しい海の幸やアイヌ文化など、札幌はグルメや歴史の面でも少し風変わりな奥深い土地です。 今回は、札幌のおすすめスポットやグルメ、面白いイベントなど旅行で役立つ情報をご紹介します。移動手段やお得なチケット情報もありますので、初めて札幌へ訪れる人はぜひ参考にしてくださいね。
札幌旅行ガイド!人気エリアや見どころ・アクセス情報が満載!

【ベトナム観光スポット紹介】歴史的建造物から世界遺産まで!おすすめスポット36選

フランス統治時代の建造物や、王朝時代の名残が感じられる遺跡など、ベトナムには複数の国の文化が感じられる観光スポットがたくさんあります。せっかく異国情緒溢れるベトナムに訪れるなら、そういった文化や歴史、遺産に触れられるスポットへ足を運んでみてはいかがでしょうか。 今回はそんな魅力たっぷりのベトナムで、おすすめの観光スポットを36箇所紹介します。定番だけでなく穴場スポットも紹介するため、少しディープな場所が気になる人は要チェックです。これからベトナム旅行を予定している人は、ぜひ参考にして頂けたらと思います。
【ベトナム観光スポット紹介】歴史的建造物から世界遺産まで!おすすめスポット36選

ベトナム旅行ガイド!人気エリアや見どころ・アクセス情報が満載!

南北端から端まで、魅力的な観光スポットが盛りだくさんのベトナム。ヨーロピアンな街並や壮大な世界遺産など、目で見て楽しめるスポットが数多く存在します。日本から離れて心身をリフレッシュしたいなら、異国情緒溢れるベトナムに訪れると良いでしょう。 そこで今回の記事では、ベトナムのおすすめスポットをエリア別に35箇所紹介していきます。定番だけでなく穴場スポットも紹介しますので、これからベトナムを旅行する予定の人は要チェックです。そのほか、グルメやホテルといったお役立ち情報も満載。魅力たっぷりのベトナムについて、ぜひ旅行前に学んでいってくださいね!
ベトナム旅行ガイド!人気エリアや見どころ・アクセス情報が満載!

【タイ 観光スポット紹介】歴史的な寺院からアートまで!おすすめスポット32選

日本から直行便が出ているタイは、週末を使って2泊から気軽に観光を楽しめる国だと言えます。寺院や遺跡といった歴史的建造物が多いだけでなく、アートや自然などジャンル豊富な観光スポットがたくさんあるのが魅力です。また、「微笑みの国」とも呼ばれるほど国民が人懐こいため、観光に訪れた際には、きっとこのタイ人の魅力にもどっぷりとはまることでしょう。 今回は、そんなタイでおすすめの観光スポットを32選紹介します。観光スポットのほかに「絶対に喜ばれるタイのお土産」も紹介しますので、家族や友人、会社へのお土産にぜひ参考にして頂けたらと思います。
【タイ 観光スポット紹介】歴史的な寺院からアートまで!おすすめスポット32選

タイ旅行ガイド!人気エリアや見どころ・アクセス情報が満載!

東南アジアの1つであるタイは、寺院や遺跡など歴史的観光スポットの多い神秘的な国です。街中では袈裟を着た僧侶の姿を見かけることも多く、日本では感じられない宗教的な雰囲気に触れられるのが魅力でしょう。 また観光スポットだけでなく、タイではピリ辛の香辛料がきいた料理が食べられるのも嬉しいポイント。トムヤムクンやガパオライスなど、日本でも人気のタイ料理はぜひ本場タイでも食べてみてほしいと思います。 そこで今回は、これからタイを旅行するならぜひ知っておきたい人気観光スポットやグルメ、旅行の際の移動手段などのお役立ち情報を紹介していきます。
タイ旅行ガイド!人気エリアや見どころ・アクセス情報が満載!

【韓国 観光スポット紹介】インスタ映え抜群の最新スポットから定番観光地まで!韓国の人気スポット35選

政治的な面で最近の日韓関係は冷え込んでいますが、一方、韓流アイドルや電化製品、グルメやコスメなどの文化面において、今もなおアツい人気観光地の韓国。日本との距離が近く、気軽に行ける海外旅行先として注目の国と言えるでしょう。一度のみならず何度も訪れている方も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな韓国で定番の歴史を堪能するスポットや思わず写真に残したくなる最新インスタ映えスポットなどをご紹介します。また、韓国に旅行が決まったらまず確認しておきたい、韓国へのアクセスや交通機関情報、旅行をさらに楽しいものにアップデート出来るイベントまで、韓国旅行を思い切り楽しむための情報が満載です。ぜひ参考にしてみて下さい。
【韓国 観光スポット紹介】インスタ映え抜群の最新スポットから定番観光地まで!韓国の人気スポット35選

【北海道旭川 観光スポット紹介】定番から芸術、四季が味わえるスポットを一挙紹介!

北海道の旭川には、旭山動物園だけではなく見どころが沢山あります。自然を楽しみ、絶景を見て、温泉で体の芯から温める。そんな旭川観光をしてみてはいかがでしょうか。定番から、穴場、自然を感じられるスポットまで一挙ご紹介します。
【北海道旭川 観光スポット紹介】定番から芸術、四季が味わえるスポットを一挙紹介!

北海道お土産完全版!定番から最新までおすすめ24選!

北海道といえばチーズやカニ、ジンギスカンなど美味しいものがたくさんありますよね。グルメな北海道はお土産も魅力的!食べるものがありすぎて、あれも食べたかった!という方や、北海道の美味しい物を自宅でゆっくりと味わったり、友達や家族とシェアして楽しみたい!という方におすすめのお土産をご紹介します。相手へ渡した瞬間、盛り上がりそうなお土産もありますよ。
北海道お土産完全版!定番から最新までおすすめ24選!

【定番観光スポット】小樽に行くならまずはここ!おすすめスポット30選!

小樽市は、北海道西海岸の真ん中に位置しており、札幌などが近い人気の観光地です。中でも天然の港である小樽港は、かつては貿易港としても栄え、街の中には明治や昭和に建てられたレトロで美しい建築物が多く残っています。一方で、天狗山などの山にも囲まれているため、高台や山頂から夜景が楽しめる観光スポットがあります。 海鮮はもちろんのこと、北海道産のお米を使った日本酒や、産地直送のワイン、ガラス工芸品など、お土産にしても喜ばれそうな特産品がたくさんあります。旅の楽しみがそろった小樽市の定番観光スポットを紹介します。
【定番観光スポット】小樽に行くならまずはここ!おすすめスポット30選!

札幌観光ページをみる

北海道観光ページをみる

ホリデー編集部
ホリデー編集部からのコメント

北海道大学は、年代や性別を問わず誰でも楽しめる点が魅力でしょう。訪れる季節によって雰囲気が変わり、四季折々の自然を見られるのも嬉しいですね。せっかく北海道大学に訪れるなら、ランチに限定メニューを食べるのも良いかもしれません。

最近見たスポット

目次
このページの最上部に戻る

ご利用のブラウザでは正しく画面が表示されない、もしくは一部の機能が使えない可能性がございます。以下の推奨環境でご利用ください。

推奨環境:Google Chrome 最新版、Safari 最新版