• Holiday トップ
  • 【白い恋人パークの楽しみ方完全ガイド】人気のアトラクションからお菓子作り体験まで見どころを徹底解説

【白い恋人パークの楽しみ方完全ガイド】人気のアトラクションからお菓子作り体験まで見どころを徹底解説

白い恋人パークは、子供から大人まで楽しめる札幌の人気テーマパーク。2019年のリニューアルにより、目玉スポットが増えさらなる進化を遂げました。アトラクションや工場見学、グルメなど、あらゆるポイントで楽しめるのが白い恋人パークの魅力でしょう。この記事では、そんな白い恋人パークの楽しみ方を徹底解説していきます。

白い恋人パークってどんなところ?

白い恋人パーク
白い恋人パーク

白い恋人パークとは、札幌市西区にあるお菓子工場兼テーマパークのこと。北海道の定番お菓子「白い恋人クッキー」の製造拠点であり、お菓子メーカーである石屋製菓の本社があります。ここではお菓子作りの製造ラインを見学したり、実際にお菓子作り体験に参加したりといったことが可能です。

2019年にはパークを大幅にリニューアルし、工場見学の他に「チョコトピアハウス」というツアーに参加できるようになりました。さらに従来は白い恋人クッキーの製造ラインのみ見学ができましたが、バウムクーヘンの製造ラインも見学できるように。その他にもお土産屋店内の面積が広げられるなど、このリニューアルにより観客の数は増え、札幌での白い恋人パークの人気はより一層高まったと言えます。

白い恋人パークは、「遊ぶ・体験する」「観る・知る」「味わう」「買う」といった様々な角度から来客にアプローチする、子供から大人まで幅広い年代の人々が楽しめる施設なのです。

チョコトピアファクトリー
チョコトピアファクトリー

白い恋人パークの中でも、特に注目を集めているのが「観て知って」楽しめる施設。リニューアルにより増設したチョコトピアハウスでは、プロジェクションマッピングを通してチョコレートの歴史を学ぶことができます。ガイド付きのツアー形式になっているため、観客参加型な点も面白いポイントでしょう。

その他にも製造ラインやイシヤミュージアムなど、館内には白い恋人製品について詳しく知れる施設が多く完備されています。さらに白い恋人パークの施設は屋内だけにとどまらず、屋外のローズガーデンは夏になるとバラが咲き誇る可愛らしいスポットとして人気。冬はクリスマス仕様のイルミネーションが開催されるなど、季節に合わせて姿を変える面白さが魅力です。

このローズガーデンもまた、目で見て楽しめる人気のエリアでしょう。毎日1時間おきに時計塔ではからくり人形たちのカーニバルが開催され、その愛らしい動きは観客に癒しを与えます。白い恋人パーク内にはフォトジェニックな写真映えスポットがたくさんあるため、施設を目で見て楽しんだ後は写真に撮って思い出に残すのもおすすめです。

スイーツワークショップ・ドリームキッチン
スイーツワークショップ・ドリームキッチン

さらに白い恋人パークでは、見るだけでなく実際に来客が参加できる体験型アトラクションが多いのも魅力。たとえばスイーツワークショップ・ドリームキッチンでは、実際にチョコレート作り体験をすることができます。

白い恋人クッキーに絵を描いたり、チョコレートのトッピングを自分で選んだりと、ここでは世界で1つだけのオリジナルお菓子が作れるのです。友人同士や家族でわいわいと楽しむには、ピッタリのアトラクションでしょう。

また「ガリバータウン・ポッケ」や「キッズタウン・ピッケ」など、小さな子供が遊べる施設が各所にあるのもポイントです。パーク内には食事を楽しめる飲食店も多く、白い恋人製品はもちろん通常の食事も注文できます。

このように白い恋人パークは、見どころスポットが盛りだくさんのため1日いても飽きることはありません。札幌でテーマパーク型施設をお探しの人、美味しい物を食べたりお土産を購入したりしたい人は、きっと白い恋人パークでは満足のいく体験ができるはずです。

白い恋人パーク

白い恋人パーク

北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36

大切な恋人と一緒に出かけるならここ。北海道のお土産として有名な「白い恋人」の歴史を知れたり、自分だけのオリジナル白い恋人クッキーを作成することができる。 夜になると中庭がイルミネーションで華やかになり、ロマンチックな景色が広がる。

823

見どころ

ツアーや工場見学を通して製品を学ぶ

チョコトピアハウス 入口
チョコトピアハウス 入口

2019年7月のリニューアルにより、観客参加型の施設「チョコトピアハウス」が増設されました。このチョコトピアハウスとは、プロジェクションマッピングを通してチョコレートについて学ぶツアー。ツアーでは、チョコレートを愛しすぎた博士「イシミッティ」がチョコレートの歴史や成り立ちを面白おかしく解説してくれます。

ツアーで巡る洋館の部屋は、どれもヨーロピアンでおしゃれな空間。部屋の各所にはチョコレートにまつわる展示物が置かれたり、チョコレートの香りを部屋中に漂わせたりと、徹底した雰囲気作りがなされています。ツアーでは博士とガイドの掛け合いが面白く、ついつい笑ってしまう仕掛けが盛りだくさんです。

このチョコトピアハウスのプロジェクションマッピングに参加するには、「プレミアムファクトリーコース」のチケットを購入する必要があります。通常のファクトリーコースより値段は高くなってしまいますが、それでも参加する価値のある白い恋人パークの目玉施設だと言えるでしょう。

チョコトピアファクトリー
チョコトピアファクトリー

このチョコトピアハウスのプロジェクションマッピングが終わると、チョコトピアファクトリーの見学に入ります。チョコトピアファクトリーとは、実際に製品が作られている現場をガラス越しから見学できる施設のこと。

これはプレミアムファクトリーコースのチケットを購入しなくても参加できるため、通常のファクトリーコースチケットの人もぜひ足を運んでみてください。

チョコトピアファクトリーでは、以前までは白い恋人の製造現場しか見学することができませんでした。しかし最近、白い恋人に加えバウムクーヘンの製造過程も見学できるようになったのです。

大きくて丸い筒状のバウムクーヘンが出来上がる工程は、見ていてわくわくする光景。チョコレートファクトリーへ訪れた際は、白い恋人だけでなく、ぜひバウムクーヘンにも注目して見てください。製造ラインの他にも、パネルを通して製品が完成するまでの過程を知ることができます。

お菓子作り体験 出来上がりサンプル
お菓子作り体験 出来上がりサンプル

チョコトピアハウスとチョコトピアファクトリーでは、映像や製造現場を見ることでチョコレートについての知識を深めることができます。この他にもチケットセンターすぐ近くにある「スタディベース・カカオポッド」では、チョコレートのテイスティングができ観光客からは人気です。

スタディベース・カカオポッドもチョコトピアハウス同様、プロジェクションマッピングを利用した参加型のイベントですので、興味がある人はぜひ足を運んでみてください。

さらに白い恋人パークでは、自分たちでチョコレートを作る体験もできます。チョコトピアファクトリーで製造ラインの見学をした後、上階に行くと「スイーツワークショップ・ドリームキッチン」というお菓子作り体験ができるスポットがあります。

ここでは世界に1つだけのオリジナルチョコレートが作れるため、思い出作りやお土産にはピッタリ。ハート型の白い恋人クッキーを作ったり、クッキーにお絵かきをしたりと、コースの種類も豊富です。

パーク内のアトラクションを体験する

ガリバータウン・ポッケ
ガリバータウン・ポッケ

白い恋人パークの魅力といえば、小さな子供から大人まで誰でも楽しめる施設が用意されていること。特に子供向けの施設のクオリティは高く、小さなお子様連れの家族からの人気を集めています。その中の1つガリバータウン・ポッケは、エリア内に小さなお店や家が建ち並ぶ街。ここでは「ガリバーマネー」という仮想のお金を使い、様々な体験をすることができます。

たとえば「おきがえのいえ」では、お気に入りの衣装を選んで写真撮影が可能。衣装だけでなく、ヘアセットまで対応してくれるのも嬉しいポイントです。その他にもプレイスペースでは動物の乗り物で遊んだり、おみせゾーンではおままごとができたりします。

屋外施設のため冬期は利用できませんが、それ以外の時期はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。ゴールデンウィークには1日に1,000人の人々が訪れるなど、小さなお子様のいる家庭にとっては目の離せない人気スポットです。

キッズタウン・ピッケ 入口
キッズタウン・ピッケ 入口

ガリバータウン・ポッケに続き、家族連れに人気の施設が「キッズタウン・ピッケ」です。キッズタウン・ピッケは、チェダーハウスというお土産屋が多く入る建物の2階にあります。屋内施設のため、天候に左右されずいつでも利用できるのがポイントでしょう。対象年齢は0歳から8歳までで、12歳までのお子様が利用可能です。

キッズタウン・ピッケの内部は、2階から3階までが吹き抜けになっている開放感のある作り。遊具やおもちゃがたくさんあり、1日パックを使い長時間滞在しても飽きません。ほとんどの遊具は木で作られ、暖かみがあり居心地の良さを感じさせます。キッズタウン・ピッケ内にあるおもちゃは有名おもちゃ会社のボーネルンドが手がけた物が多く、ただ楽しむだけでなく知育に役立つ点も魅力です。

キッズタウン・ピッケは、ガリバータウン・ポッケを利用した後に訪れると30分無料で使うことができます。両方の施設に訪れる予定なら、まずはガリバータウン・ポッケに先に訪れたほうがお得だと言えるでしょう。

マジカルマルシェ
マジカルマルシェ

アトラクションとはまた違いますが、「マジカルマルシェ」というスポットも内装が可愛らしいことで人気です。マジカルマルシェは、チョコトピアファクトリーの出口にあり工場見学後に訪れることができます。部屋の中に入ると、まず始めにカラフルなフラワーワゴンが目に入ります。ここはマジカルマルシェ内で最初の撮影スポットですので、ぜひ記念に写真を撮っておくと良いでしょう。

その他にも室内にはフォトジェニックな写真映えする仕掛けがたくさんあるため、家族や友人同士で盛り上がるにはピッタリです。このように白い恋人パークには、年齢問わず楽しめる施設や仕掛けがたくさんあります。体験型のアトラクションが多く、実際に自分も参加している感覚が味わえる点が魅力でしょう。

華やかなガーデンを散歩する

白い恋人鉄道
白い恋人鉄道

白い恋人パークは、チョコレート工場やアトラクションだけでなくローズガーデンも見どころの1つです。ガーデンには200種類のバラが植えられ、夏になるとそれらが咲き誇り美しい景色を作り上げます。ガーデン内には軽食を販売するワゴンがいくつかあるため、天気が良い日は外で軽く何かつまんでみるのも良いでしょう。

飲食店の他にガーデンにはいくつかアトラクションがあり、その中でも特に人気が「白い恋人鉄道」です。この小さな機関車は、ガーデン内をぐるっと一周して景色を楽しむための乗り物。トンネルをくぐったりお菓子の家を通過したり、見どころがたくさん用意されています。

夏場は風が気持ち良く、この白い恋人鉄道は白い恋人パークの中でも人気のアトラクションだと言えるでしょう。また定期的に「車掌体験」というイベントが子供向けに開催され、実際に車掌のコスチュームを着て鉄道に乗ることもできます。

からくり時計塔
からくり時計塔

このローズガーデンで空を見上げると、大きな時計塔が目に入るはず。この時計塔はただ時間を刻むだけでなく、1時間ごとに10分間からくり人形たちがカーニバルを見せてくれるのです。カーニバルに出てくる登場人物は、ひぐまの「トロン」とその仲間たち。音楽に合わせて踊る人形たちはキュートで、見ている観客たちを楽しい気持ちにさせてくれます。

カーニバルは時計塔の高い位置でおこなわれますが、遠く離れた位置からでも十分に見えるので問題ありません。せっかく白い恋人パークに訪れるなら、このカーニバルの時間帯に合わせてローズガーデンを散策してはいかがでしょうか。ローズガーデン内にはベンチが多数あるため、ベンチに座りながらゆっくりと観賞することができます。

白い恋人パーク 冬のイルミネーション
白い恋人パーク 冬のイルミネーション

白い恋人鉄道やからくり時計のカーニバルなど、ローズガーデンには面白い仕掛けがたくさんあります。パーク内を一通りまわった後は、ぜひこの魅力たっぷりなガーデンも散策してみてください。夏はバラが咲き誇るローズガーデンですが、冬の夜に訪れるのもおすすめです。冬の雪が積もる時期になると、ガーデンはイルミネーションで照らされ幻想的な景色を見せてくれるのです。

真っ白の雪とキラキラ輝くイルミネーションの組み合わせは、北海道ならではの絶景だと言えるでしょう。またイルミネーションだけでなく、冬には雪だるまやプレゼント箱などクリスマスの置物が増えるのも特徴。クリスマスに家族や友人、恋人同士で訪れるのも、クリスマス気分が味わえておすすめです。

本格スイーツをお土産に購入する

ショップ・ピカデリー
ショップ・ピカデリー

お菓子や甘い物が好きなら、白い恋人パークではお土産を購入することをおすすめします。ここでは白い恋人にまつわる限定商品の他、可愛らしいスイーツがたくさん販売されているのです。自分用のお土産にはもちろん、職場や学校で配るために購入しても良いでしょう。

パーク内にはいくつかお土産屋がありますが、その中でも様々な種類のお土産を見比べたいならショップ・ピカデリーへ足を運んでみてください。ここでは白い恋人製品はもちろん、キャンディやショコラ、ケーキなどここでしか買えない限定商品が販売されています。クリスマスやハロウィンなどの時期には、イベントに合わせて可愛らしい包装がされている点も注目です。

とにかくたくさんの商品を探したい人や購入したい人は、まずはショップ・ピカデリーへ訪れてみるとお気に入りの商品が見つかるはず。全国への発送にも対応しているため、旅行中に大荷物を抱える必要もありません。

ショップ・キャンディラボ
ショップ・キャンディラボ

キャンディに特化してお土産を探すなら、ショップ・キャンディラボがおすすめ。ここでは美味しいだけでなく、デザイン性の高いおしゃれなキャンディが手に入ります。他のお店では買えないようなオリジナリティを追求した、芸術的な商品が見つかるでしょう。

またショップ・キャンディラボでは、実際にキャンディを作る工程を実演しています。毎日3~4回ほど、30分から60分程度の時間をかけて観客向けにパフォーマンスをしてくれるのです。

10kgに及ぶ巨大な飴が、職人たちの手によって徐々に小さなキャンディの形になる行程は見事なパフォーマンス。このパフォーマンスは観客に話しかけながらおこなわれるため、ただ見ているだけでなく一体感も味わえます。

フォトショップ・メメント
フォトショップ・メメント

最後に紹介するフォトショップ・メメントでは、世界に1つだけのオリジナルのお土産を作ることができます。「フォトショップ」と名前にある通り、まずここでは写真を撮影します。その撮影した写真をUVプリンターで印刷し、白い恋人のパッケージ缶に貼り付けることができるのです。パッケージ中央のハートの中に写真を貼ることから、カップルの記念のお土産として人気を集めています。

写真を撮影してから出来上がるまでは約30分程で、その間は他のショップをまわりながら待つことが可能です。フォトショップ・メメントの白い恋人パッケージ缶は、最も白い恋人パークらしいお土産だと言えるでしょう。

また「写真を撮影するのは少し恥ずかしい」という人もいるかもしれませんが、フォトショップ・メメントでは写真撮影以外にも、白い恋人クッキーの形をしたキーホルダーに名前を彫ることもできます。何か形に残るお土産が欲しいなら、ぜひフォトショップ・メメントをチェックしてみてください。

白い恋人パーク内のグルメスポット

チョコレートラウンジ・オックスフォード

チョコレートラウンジ・オックスフォードは、白い恋人パークの中でも特に人気の飲食店。チョコレートファクトリーの最上階にあり、主にチョコレートをメインとしたスイーツを提供しています。白い恋人パフェやチョコレートフォンデュなど見た目にも可愛らしい商品が多く、おしゃれな内装の店内からは外の景色を眺めることができ雰囲気抜群です。

チョコレートラウンジ・オックスフォード

チョコレートラウンジ・オックスフォード

北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11−36 白い恋人パーク内

0

カフェレストラン・あんとるぽー

あんとるぽーは、チョコトピアハウスの地下にあるレストラン。少しわかりにくい場所にありますが、独特の隠れ家的な雰囲気が印象的です。あんとるぽーの人気メニューといえばオリジナルカレーですが、チーズを使ったカレーや挽肉のカレーなど種類が豊富な点も嬉しいポイント。コーヒーやラッシーと合わせることで、より一層美味しく味わえます。

カフェレストラン・あんとるぽー

カフェレストラン・あんとるぽー

北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11

1

レストラン梟巣(おうるず)

レストラン梟巣(おうるず)は、白い恋人パーク内のサッカー場内にあるレストラン。スープカレーの専門店で、コンサドーレ札幌のグラウンドを観ながら食事を楽しめます。店内のテレビではサッカーの試合を上映しているなど、スポーツやサッカーが好きな人はぜひ訪れておきたいスポットでしょう。冬場は営業をしていないため、夏のうちに訪れることをおすすめします。

スポーツレストラン 梟巣

スポーツレストラン 梟巣

北海道札幌市西区宮の沢2条3 白い恋人サッカー競技場内

北海道コンサドーレ札幌の練習グラウンドを眺めながら食事ができます。夏場はオープンテラスとなり、開放感を楽しめます。

4

カフェ・バトラーズワーフ

カフェ・バトラーズワーフはチェダーハウスの中にあるフードコートで、ここでは主に軽食を食べることができます。チュロスやキッシュといった軽めの物が多いため、小腹が空いた時に訪れるのがおすすめです。パークを一通り回った後やお土産探しをした後に、休憩がてら利用すると良いでしょう。

カフェ・バトラーズワーフ

カフェ・バトラーズワーフ

北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36 白い恋人パーク

1

ソフトクリームハウス

屋外施設のソフトクリームハウスでは、白い恋人ソフトを注文することができます。天気の良い日や晴れた日、ここでソフトクリームを購入してからガーデンを散策すると良いでしょう。またホットチョコレートやコーヒーといった暖かい飲み物を販売しているため、寒い冬の日はここで体を温める飲み物を購入するのもおすすめです。

白い恋人パーク ソフトクリームハウス

白い恋人パーク ソフトクリームハウス

北海道札幌市西区宮の沢2条11-36 白い恋人パーク ローズガーデン内

5

スナックハウス・ブライトン

スナックハウス・ブライトンは、ホットドックやポップコーン、スープなどの軽食を販売している屋外飲食店です。お店はガーデンの中にあるため、何か軽くつまみながら散策するにはピッタリでしょう。スープには北海道産のコーンや玉ねぎが使われ、北海道らしさを感じられます。

 スナックハウス・ブライトン

スナックハウス・ブライトン

北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36 白い恋人パーク

1

トライアルプレイス・コヴェント

チョコトピアハウスの最上階にあるトライアルプレイス・コヴェントは、工場見学を終えた後の一休みにピッタリなお店。ここでは1口サイズのチョコポップが販売され、何か軽く甘い物を口にしたくなった時におすすめです。お店はカラフルで可愛らしい外観で、ついつい足を運びたくなってしまいます。

トライアルプレイス・コヴェント

トライアルプレイス・コヴェント

北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36 白い恋人パーク

1

おすすめの周辺スポット

白い恋人パークから徒歩10分圏内でいけるランチ

ファイヤーバーグ宮の沢

ファイヤーバーグは、主に北海道を拠点に展開するハンバーグチェーンのお店です。個人営業のお店のような敷居の高さはなく、カジュアルな雰囲気で気軽に店に入ることができます。ガッツリめのハンバーグを食べたい時は、ぜひ足を運んでみると良いでしょう。

ファイヤーバーグ宮の沢店

ファイヤーバーグ宮の沢店

北海道札幌市西区宮の沢1条2丁目3-1

1

らーめん四代目いちまる宮の沢店

らーめん四代目いちまるは、味噌ラーメンが売りのラーメン店。中太の縮れ麺は歯ごたえがあり、濃厚なスープによく絡むのが特徴です。スープは豚骨、鶏ガラ、魚介の3つがミックスされ癖になる味わいを生み出しています。ランチではまかないご飯や半チャーハンをセットにすることができ、とにかくお腹を満たしたい時にはおすすめです。

らーめん四代目いちまる宮の沢店

らーめん四代目いちまる宮の沢店

北海道札幌市西区西町南21丁目1-20

1

Rojiura Curry SAMURAI.西野店

Rojiura Curry SAMURAI.のスープカレーは、化学調味料や油などを一切使っていないのが特徴。健康志向の人にとっては、体に優しい魅力的なメニューだと言えるでしょう。野菜や鶏、豚骨、煮干しなどの食材を丸2日間煮込むことで、素材本来の味が染み渡るよう調理されています。風味豊かなスープカレーが食べたいなら、Rojiura Curry SAMURAI.西野店がおすすめです。

路地裏Curry SAMURAI.西野店

路地裏Curry SAMURAI.西野店

北海道札幌市西区西野1条9丁目16-5

1

なごやか亭 発寒店

なごやか亭は、道東の釧路で生まれた寿司チェーンのお店。魚介の名産地である釧路発祥ということもあり、チェーン店とは思えないほど新鮮な海鮮を提供しています。ネタはどれも大きくて身が引き締まっているにも関わらず、良心的な価格設定が嬉しいポイントです。店内は活気があり、魚市場のような雰囲気を味わえます。

なごやか亭・発寒店

なごやか亭・発寒店

北海道札幌市西区発寒6条9丁目17-10

北海道の有名な回転寿司。ネタがデカくて新鮮で美味しい。

43

白い恋人パークと合わせて観光におすすめ

札幌大倉山展望台

1972年冬期オリンピックの会場にもなった札幌大倉山競技場ですが、現在その施設内には展望台が増設され観光地化されています。この展望台は大倉山の山頂にあり、133.6mの高さから石狩平野まで見渡すことが可能です。展望台の右手後方には宮ノ森ジャンプ競技場が望め、実際にスキー選手が見た景色そのものを体感できます。

大倉山展望台

大倉山展望台

北海道札幌市中央区宮の森

2

札幌オリンピックミュージアム

札幌といえばウィンタースポーツで有名ですが、札幌オリンピックミュージアムでは冬期オリンピック札幌大会の歴史を知ることができます。また歴史を学ぶだけでなく、実際にシミュレーターを使いラージヒルジャンプの疑似体験をすることも可能。その他にもアイスホッケーのゴールキーパー体験やスピードスケートのトレーニングなど、来訪客が楽しめる体験型アトラクションが数多くあります。

札幌オリンピックミュージアム

札幌オリンピックミュージアム

北海道札幌市中央区宮の森1274

7

琴似屯田兵村兵屋跡(ことにとんでんへいそんへいおくあと)

北海道は屯田兵と呼ばれる人々によって開拓された歴史がありますが、 屯田兵が生活した住居を実際に見学できるのです。ここでは北海道の寒さをどう凌いで開拓を進めたのか、どういった農機具を使い畑を耕したのかなど、屯田兵たちによる工夫がそのままに残されています。 無料で見学できる施設ですので、近くに訪れた際はぜひ寄ってみてはいかがでしょうか。

琴似屯田兵村兵屋跡

琴似屯田兵村兵屋跡

北海道札幌市西区琴似2条5丁目1-12

1

ていね温泉ほのか

ていね温泉ほのかは、札幌で人気の天然温泉の1つです。温泉が有名な北海道で、健康効果のある湯に浸かりたいならぜひ訪れてみてください。天然温泉の他には人工温泉や露天風呂があり、複数のタイプの湯に浸かることができます。お風呂上がりには、レストランでゆっくりと食事をするのもおすすめです。

ていね温泉ほのか

ていね温泉ほのか

北海道札幌市手稲区富丘2条3丁目2-1

2

アクセス情報

地下鉄で行く場合

  • 地下鉄新さっぽろ駅から東西線で宮の沢駅まで:乗車時間35分
  • 地下鉄大通駅から東西線で宮の沢駅まで:乗車時間16分

宮の沢駅から白い恋人パークまでは徒歩7分ほどで到着します。

バスで行く場合

札幌駅前から中央バス 高速おたる号 小樽行き(円山経由)に乗車し西町北20丁目で下車:乗車時間40分

西町北20丁目から白い恋人パークまでは徒歩7分

よくある質問Q&A

プレミアムファクトリーコースとファクトリーコースの違いは何ですか?

プレミアムファクトリーコースのチケットを購入すると、ファクトリーコースでは利用できないチョコトピアハウスを利用することができます。チョコトピアハウスは2019年のリニューアルで増設された、今人気のアトラクションの1つ。通常のファクトリーコースよりも少し値段が上がってしまいますが、ぜひ1度体験してみる価値のある施設だと言えます。

冬季に利用できない施設はありますか?

白い恋人鉄道とガリバータウン・ポッケは、冬季の利用ができません。また白い恋人パーク隣のサッカー会場内にある「レストラン梟巣(おうるず)」も、冬季は営業していないため注意が必要です。

基本情報

白い恋人パーク

【営業時間】

  • 白い恋人パーク営業時間:9:00〜19:00(入館は18:00まで)
  • ファクトリーコース営業時間:9:00〜18:00(最終受付17:00)

※新型コロナウィルス感染防止のため、一部営業再開となっています。営業情報につきましては、事前に公式サイトで確認ください。
【体験情報】

スイーツワークショップ・ドリームキッチンでは、実際にお菓子を作る体験ができます。コースによって値段や所要時間が異なるため、希望に合ったものを選ぶようにしましょう。インターネット予約は当日の前々日まで、電話での予約は前日18時まで可能です。

スイーツワークショップ・ドリームキッチンについてはこちら

【駐車場情報】

駐車場
駐車場

白い恋人パークでは、パーク内の駐車場を無料で利用することが可能です。宮の沢白い恋人サッカー場の道路を挟んで向かい側、北海道道124号宮の沢北一条線沿いに位置し、入り口には係員がいるためすぐに案内をしてくれます。

【住所】北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36

【問い合わせ先】白い恋人パークホームページはこちら

あわせて読みたい観光コラム

【北海道観光】2020年12月はここをチェック!

12月の北海道は、イルミネーションやスキーをはじめタンチョウを見ることができるスポットなど見どころがたくさんあります。情報をチェックしてお出かけの参考にしてくださいね!
【北海道観光】2020年12月はここをチェック!

【北海道観光】2020年11月はここをチェック!

11月の北海道は、旬の食べ物をはじめサイクリングやイルミネーションなど見どころがたくさんあります。おすすめのスポットをチェックしてお出かけの参考にしてくださいね!
【北海道観光】2020年11月はここをチェック!

【北海道観光】2020年10月はここをチェック!

10月の北海道は見どころがたくさんあります。おすすすめのスポットをチェックしてお出かけの参考にしてくださいね!
【北海道観光】2020年10月はここをチェック!

【中島公園】おすすめのテイクアウト10選

Holiday編集部おすすめ!中島公園周辺のテイクアウトをまとめてご紹介します。
【中島公園】おすすめのテイクアウト10選

【中島公園】駐車場情報を徹底紹介!

中島公園周辺にある駐車場情報をまとめました。中島公園・札幌エリアへおでかけの際は参考にしてみてください。
【中島公園】駐車場情報を徹底紹介!

【中島公園】おすすめのホテル15選

Holiday編集部がおすすめする中島公園周辺のホテルをまとめてご紹介します。
【中島公園】おすすめのホテル15選

【中島公園】おすすめのカフェ10選

Holiday編集部がおすすめする中島公園のカフェをまとめてご紹介します。
【中島公園】おすすめのカフェ10選

【中島公園】おすすめランチ15選

Holiday編集部おすすめ!中島公園付近のランチスポットをまとめてご紹介します。
【中島公園】おすすめランチ15選

【新千歳空港の楽しみ方完全ガイド】映画館から温泉まで!レジャー施設のような空港の見どころまとめ

北海道外から札幌へ訪れる場合、新千歳空港を利用する人がほとんどではないでしょうか。新千歳空港はただの空港ではなく、温泉や映画館、グルメなど見どころがたくさんあるスポットです。そのため空港を利用する際には、ぜひこういったアミューズメント施設にも注目して欲しいと思います。ここでは、そんな新千歳空港を楽しむための方法を徹底解説していきます。
【新千歳空港の楽しみ方完全ガイド】映画館から温泉まで!レジャー施設のような空港の見どころまとめ

【モエレ沼公園の楽しみ方完全ガイド】自然とアートがまとめて楽しめるスポットを徹底解説

モエレ沼公園は、「アート」と「自然」が融合した少しユニークな公園。他の公園では見られないような、斬新でデザイン性の高い作品をここでは見られます。桜や紅葉など、四季折々の自然とアート作品が融合した姿はまさに「1つの彫刻作品」だと言えるでしょう。この記事では、そんな一風変わったモエレ沼公園の楽しみ方を解説していきます。
【モエレ沼公園の楽しみ方完全ガイド】自然とアートがまとめて楽しめるスポットを徹底解説

【藻岩山の楽しみ方完全ガイド】自然から夜景まで!札幌の絶景スポットの見どころを紹介

2019年、札幌市は長崎と神戸に並ぶ「日本新3大夜景」の1つとして選ばれました。市内中心部にある藻岩山は、その美しい夜景を一望できることから観光客の人気を高めつつあります。 また藻岩山といえば、原始林が生い茂る札幌随一の自然スポットとしても有名。夜景と自然の両方が楽しめる、まさに札幌らしいスポットだと言えるでしょう。ここではそんな藻岩山の見どころや楽しみ方を紹介していきます。
【藻岩山の楽しみ方完全ガイド】自然から夜景まで!札幌の絶景スポットの見どころを紹介

【札幌ステラプレイスの楽しみ方完全ガイド】北海道最大級のショッピングセンターの見どころを徹底解説!

札幌ステラプレイスは、ショッピングや食事、映画鑑賞ができる1日いても飽きないスポット。駅直結のため、雨や雪の日でも濡れずに楽しめるのが魅力でしょう。ショッピングセンターの規模は北海道内最大級で、館内には見どころスポットがたくさんあります。 今回は、そんな札幌ステラプレイスの楽しみ方を解説していきます。ショッピングと食事の両方を楽しみたい人、旅行中に北海道土産を買いたい人なんかはぜひ参考にしてください。
【札幌ステラプレイスの楽しみ方完全ガイド】北海道最大級のショッピングセンターの見どころを徹底解説!

【札幌市時計台の楽しみ方完全ガイド】定番観光スポットの見どころやおすすめの周辺スポットまとめ

札幌市時計台は、どのガイドブックでも必ず目にする札幌市の定番観光スポット。赤い屋根と白い壁がレトロな、どこか時代を感じさせる建造物です。ここでは時計台の歴史を知るだけでなく、実際に間近で時計機械を目にすることができます。 写真映えする記念撮影スポットも盛りだくさんのため、家族や友人たちと楽しむにはピッタリのスポットでしょう。今回の記事では、そんな札幌市時計台の見どころを徹底解説していきます。
【札幌市時計台の楽しみ方完全ガイド】定番観光スポットの見どころやおすすめの周辺スポットまとめ

【札幌駅の楽しみ方完全ガイド】札幌観光の拠点!グルメやお土産など北海道を感じるスポットが満載

真っ白な外観に大きな時計が目印の札幌駅は、ほとんどの観光客が利用する拠点とも言える場所。JRと地下鉄の両方が利用でき、市内だけでなく他のエリアへ向かうことも可能です。 この札幌駅の魅力は、ただ交通網として便利なだけはありません。駅には4つのショッピングセンターが併設され、アパレルショップやレストラン、アミューズメント施設が多数営業しているのです。 せっかく札幌駅で電車やバスを使うのであれば、ついでに買い物や食事も楽しんではいかがでしょうか。今回はそんな魅力たっぷりの札幌駅の、見どころやおすすめの飲食店、周辺スポットを紹介していきます。
【札幌駅の楽しみ方完全ガイド】札幌観光の拠点!グルメやお土産など北海道を感じるスポットが満載

札幌旅行ガイド!人気エリアや見どころ・アクセス情報が満載!

北海道の道庁所在地である札幌は、「都市」と「自然」の2つが共存する近代的な都市だと言えます。 日本を代表する歓楽街「すすきの」や、札幌駅周辺に集まる大規模な商業施設は、多くの人がイメージする、のどかな北海道のイメージとはかけ離れているように感じるかもしれませんが、、街の中心部にも「大通公園」や「藻岩山(もいわやま)」のような緑豊かな自然スポットがあるなど、都市でありながら北海道らしい自然に触れられるのが札幌の魅力でしょう。 また美味しい海の幸やアイヌ文化など、札幌はグルメや歴史の面でも少し風変わりな奥深い土地です。 今回は、札幌のおすすめスポットやグルメ、面白いイベントなど旅行で役立つ情報をご紹介します。移動手段やお得なチケット情報もありますので、初めて札幌へ訪れる人はぜひ参考にしてくださいね。
札幌旅行ガイド!人気エリアや見どころ・アクセス情報が満載!

【北海道旭川 観光スポット紹介】定番から芸術、四季が味わえるスポットを一挙紹介!

北海道の旭川には、旭山動物園だけではなく見どころが沢山あります。自然を楽しみ、絶景を見て、温泉で体の芯から温める。そんな旭川観光をしてみてはいかがでしょうか。定番から、穴場、自然を感じられるスポットまで一挙ご紹介します。
【北海道旭川 観光スポット紹介】定番から芸術、四季が味わえるスポットを一挙紹介!

北海道お土産完全版!定番から最新までおすすめ24選!

北海道といえばチーズやカニ、ジンギスカンなど美味しいものがたくさんありますよね。グルメな北海道はお土産も魅力的!食べるものがありすぎて、あれも食べたかった!という方や、北海道の美味しい物を自宅でゆっくりと味わったり、友達や家族とシェアして楽しみたい!という方におすすめのお土産をご紹介します。相手へ渡した瞬間、盛り上がりそうなお土産もありますよ。
北海道お土産完全版!定番から最新までおすすめ24選!

【札幌市 観光スポット紹介】北海道を満喫できる札幌市のおすすめ厳選スポット

都道府県の魅力度ランキングで連続首位を獲得する北海道の、道庁所在地である札幌市。北海道旅行を満喫できる観光スポットやグルメのほか、札幌市でしか体験することのできない札幌ならではのスポットなど、一度は訪れたい必須スポット満載の30選をご紹介します。 日本最北端の都道府県ならではの魅力がたくさん濃縮された札幌市にあふれる、定番観光スポットやグルメスポット、絶景のビュースポットや地元で話題のスポットなど、厳選してお届けいたします。
【札幌市 観光スポット紹介】北海道を満喫できる札幌市のおすすめ厳選スポット

【定番観光スポット】小樽に行くならまずはここ!おすすめスポット30選!

小樽市は、北海道西海岸の真ん中に位置しており、札幌などが近い人気の観光地です。中でも天然の港である小樽港は、かつては貿易港としても栄え、街の中には明治や昭和に建てられたレトロで美しい建築物が多く残っています。一方で、天狗山などの山にも囲まれているため、高台や山頂から夜景が楽しめる観光スポットがあります。 海鮮はもちろんのこと、北海道産のお米を使った日本酒や、産地直送のワイン、ガラス工芸品など、お土産にしても喜ばれそうな特産品がたくさんあります。旅の楽しみがそろった小樽市の定番観光スポットを紹介します。
【定番観光スポット】小樽に行くならまずはここ!おすすめスポット30選!

【函館市 観光スポット紹介】人気の定番スポットから北海道グルメを味わえるスポットまでを厳選

函館市は2014年に「日本で最も魅力的な都市(註:地域ブランド調査2014/ブランド総合研究所調査)」に選ばれた、年間500万人近くが訪れる観光都市です。美しい夜景や海の幸などのグルメ、伝統的な街並みなど見どころ満載です。ここでは魅力いっぱいの函館市の定番からグルメ、フォトジェスポットまで厳選してご紹介します。
【函館市 観光スポット紹介】人気の定番スポットから北海道グルメを味わえるスポットまでを厳選

札幌観光ページをみる

北海道観光ページをみる

ホリデー編集部
ホリデー編集部からのコメント

白い恋人パークは、朝から夜まで1日中楽しめるスポット。リニューアルで増設された新施設も魅力的ですね。グルメスポットも多く、ここでは遊んだり食べたり様々な楽しみ方ができそうです。

最近見たスポット

目次
このページの最上部に戻る

ご利用のブラウザでは正しく画面が表示されない、もしくは一部の機能が使えない可能性がございます。以下の推奨環境でご利用ください。

推奨環境:Google Chrome 最新版、Safari 最新版