×
あきまへん!京都ほんにおもろいとこどす!

あきまへん!京都ほんにおもろいとこどす!

京都
  • デート

  • 子供

  • 一人旅

  • ペット

  • ドライブ

  • ウォーキング

  • サイクリング

  • 自然

  • 散策

  • 芸術

  • アウトドア

  • 歴史

  • 寺・神社

  • カフェ

  • グルメ

  • 温泉

  • テーマパーク

  • 電車

  • 博物館

  • ショッピング

  • レジャー

  • 建築

  • デザイン

  • スポーツ

  • 体験

  • 小旅行

  • 28.522 px clover user date child solitary pet drive walking cycling nature stroll art camp history castle temple cafe gourmet onsen outdoor worldheritage public bath shopping generalstore railroad train comic mountain sports fishing bbq fashion tradition music baby camera amusementpark aquarium sea ball baer bell flower earth teruteru maple bento squirrel tokyo kanagawa osaka kyoto hyogo pin tel time url guide hot type star camera home settings profile print rank mail lock calendar access

    観光

あきまへん!京都ほんにおもろいとこどす!

まいどおおきに! 千年の都・京の街には地元民だけやなく国内外からぎょうさんの観光客が押し寄せてはりまんねやけども、なかでも、地元の京都府民でも知らはらへんような名所も含めて案内していきまひょ。 京都には「清水の舞台から飛び降りる」という日本の故事・諺の由来にもなった清水寺や「絶景かな!絶景かな!」っちゅう台詞で知られる南禅寺、さらに球技の神様、落語の神様もおすすめどす。 ほんでまた、それら観光名所に向かう道中でもぜひ、京の魅力を味わっていただきたいさかい、川床の先斗町、河童で有名な地酒、湯葉の名店等も紹介している他、小さなお子様から大人まで幅広い世代で楽しむことのできる京都鉄道博物館、マンガミュージアムの他、肉じゃが、海軍カレー発祥の地の赤レンガパーク、西日本最大級規模を誇る丹後王国食のみやこまで京都府内の「おもろいもん」「おもろいとこ」だけを抜粋し、それらだけを追求したおでかけプランを作成してみました。 ぎょうさんの観光客が訪れやすい一般的な観光名所だけやなく、穴場的名所も併せて京のまちをめぐってみはったらどないですやろか。 ぜひ、参考にしておくれやす。 ほな、まいどおおきに。

  • 山号は音羽山。 本尊は千手観音。 開基は延鎮。 かつて、法相宗に属したが、現在は北法相宗大本山。 西国三十三所観音霊場の第16番札所。 清水寺は法相宗(南都六宗の一)系の寺院。 石山寺(滋賀県大津市)、長谷寺(奈良県桜井市)などと並ぶ、日本でも有数の観音霊場。 「古都京都の文化財」としてユネスコ世界遺産に登録。 境内は標高242mの清水山(音羽山)中腹に立地。 本堂東側には寺名の由来ともなった名水が3本の筧から流れ落ちており、音羽の滝と呼ばれている。

    • 清水の舞台

      清水の舞台

      清水の舞台は国宝に指定。 1633年、徳川家光の寄進により再建。 この高さから眺める京都市内の景色は圧巻。

  • 臨済宗南禅寺派大本山の寺院。 山号は瑞龍山。 本尊は釈迦如来。 開基は亀山法皇。 開山は無関普門(大明国師)。 日本最初の勅願禅寺で、京都五山及び鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院。 1264年、南禅寺の建立以前、後嵯峨天皇が離宮の禅林寺殿を造営。 「禅林寺殿」の名は、浄土宗西山禅林寺派総本山の禅林寺(永観堂)に由来。 離宮は上の御所(持仏堂を南禅院)と下の御所に分かれていた。 歌舞伎の「楼門五三桐」の二幕目返しで石川五右衛門が「絶景かな!絶景かな!」という名科白を廻す「南禅寺山門」由来の地。 天井画の天人と鳳凰の図は狩野探幽筆。 知恩院三門、東本願寺御影堂門と共に、京都三大門の一つ。

  • 鴨川と木屋町通の間にある花街(芸妓屋、遊女屋が集まっている区域)。 先斗町(ぽんとちょう)と読む。 1670年、鴨川の州であった場所を護岸工事で埋立て、新河原町通と呼んだ。 当時は、茶屋、旅籠などが置かれていたが、芸妓、娼妓が居住するようになった。 京都市左京区川端二条東入るにあった二条新地の出稼ぎ地として認められ、明治初期に独立。 1872年、鴨川をどりが初演。 舞踊の流派は篠塚流、柳流、尾上流がある。 飲食店や居酒屋などが立ち並ぶがなかでも全国的に有名なのが鴨川に面した形で営業を続ける納涼床「川床」。 また、先斗町には「先斗町公園」があり、太平洋戦争中の建物疎開で作られた空き地がある。

    • 卯柳 先斗町 花

      卯柳 先斗町 花

      鱧や河豚、鴨を使用した懐石料理があるが、今回は京都の名物を使用した季節の野菜、魚介を天婦羅に、ボリューム満点の盛り合せと生湯葉と鮮魚のお造りが一つになった天ぷら御膳(1日限定10食)。

    • 富美家

      富美家

      ここでは主に、和食や懐石料理、他にはステーキなどがある。 川床は陽が沈む午後5時から(店舗により異なる)の営業となっているが、午前11時から(店舗により異なる)ランチとして楽しむことができる。 湯葉を味わいつつ。

  • 鴨川に架かる三条大橋は三条通の橋。 豊臣秀吉の命により、五条大橋と共に増田長盛を奉行として石柱の橋に改修。 江戸時代、五街道の一つ東海道に繋がる橋として、幕府直轄の公儀橋に位置付け。 徳川家康による東海道五十三次の西の起点となった。 撫で石は、撫でると縁起がいいとの言い伝えも。 1917年、日本初の駅伝競走が、当地からスタートした記念碑「駅伝の碑」。 旅館・池田屋に潜伏していた長州藩・土佐藩などの尊王攘夷派志士を、京都守護職配下の治安維持組織である新選組が襲撃した池田屋事件が勃発し、三条大橋擬宝珠刀の傷跡が現存。

    • 高札場跡

      高札場跡

      江戸時代、三条大橋の西詰には藩や幕府の高札を立てた「高札場跡」。 土佐藩士8人が三条大橋西詰北の制札を引き抜こうとしたところ、京都の治安維持を行っていた新選組がこれを襲撃・捕縛した三条高札事件がある。

  • 2006年、開館。 国内外の漫画に関する貴重な資料を収集・展示する国内初の総合的な漫画ミュージアムの博物館。 当施設は、京都精華大学マンガ学部と京都市が主体となって設立。 近世思想史や美術史などを専攻する研究員4人が所属、まんが文化の研究を行い、オーストラリアのモナシュ大学日本研究センターやドイツのライプツィヒ大学も協力。 建物は、旧龍池小学校で国の登録有形文化財に登録。 明治時代の雑誌や戦後の貸本などの貴重な歴史資料、現代の人気作品、世界各国の名作などを所蔵。

    • マンガ本の壁

      マンガ本の壁

      施設内では、一般公開のギャラリーゾーン、研究ゾーン、資料収蔵ゾーン、地域利便施設によって構成。 「マンガ本の壁」は、総延長約200mの書架に5万冊が並ぶ。 また、屋外の芝生にマンガを持ち出して読むことができる。

  • 祭神は、崇徳天皇・淳仁天皇。 白峯神宮は、蹴鞠の宗家であった公家・飛鳥井家の屋敷の跡地に創建。 崇徳上皇は保元の乱に敗れて讃岐に流され、その地で歿した。 その後、天変地異が相次いだことから上皇の祟りとされ、上皇が葬られた白峯陵(香川県坂出市)の前に、上皇を白峯大権現として祀る御影堂が建立。 孝明天皇は異郷に祀られている崇徳上皇の霊を慰めるため、その神霊を京都に移すよう幕府に命じたが、その後、間もなく崩御した。 明治天皇は、現在地に社殿を造営し、御影堂の神像を移して神体とし白峯宮を創建した。 藤原仲麻呂の乱に巻き込まれて淡路に配流された淳仁天皇(淡路廃帝)の神霊を淡路から迎えて合祀した。

    • 球技の神様

      球技の神様

      精大明神は蹴鞠の守護神で、サッカーやバスケットボール、バレーボール、ボーリングなど球技全般、スポーツの守護神として信仰を集め、これまでサッカーやバレーボールの日本代表チームなどスポーツ関係者が参拝に訪れ、選手などからボールが奉納された。 スポーツにちなんだお守りが有名で、叶う輪という縁起物がある。 ワールド カップが開催される際には、応援絵馬が備えられる。

    • 蹴鞠の碑

      蹴鞠の碑

      日々、サッカーやバレーボール、バスケットボールなど部活動・スポーツに励む選手が訪れ、本殿前や碑周辺で記念撮影を楽しむ光景も。 毎年4月14日と7月7日、白峯神宮の蹴鞠保存会によって、春季例大祭・淳仁天皇祭、精大明神例祭、七夕祭に奉納蹴鞠が行われている。

  • 903年、菅原道真が大宰府で没後、都では落雷などの災害が相次いだ。 これが道真の祟りだとする噂が広まり、右京七条に住む多治比文子に託宣があり、近江国の神官の幼児である太郎丸に同様の託宣があった。 947年、現在地のに朝廷によって道真を祀る社殿が造営。 987年、勅祭が行われ、一条天皇から「北野天満宮天神」の称が贈られた。 1587年、境内において豊臣秀吉による北野大茶湯が催行された。 境内西側に史跡「御土居」がある。 諸説あるが、上方落語発祥の地として知られている。

  • 金閣寺とも呼ばれる鹿苑寺。 臨済宗相国寺派の寺。 建物の内外に金箔を貼った3層の楼閣建築の舎利殿は金閣、舎利殿を含めた寺院全体は金閣寺。 相国寺の山外塔頭寺院。 開基した室町幕府3代将軍足利義満の法号・鹿苑院殿にちなんで命名。 山号は北山。 寺紋は五七桐。 義満の北山山荘をその死後に寺とした。 金閣を水面に映す鏡湖池を中心とする池泉回遊式庭園は、国の特別史跡・特別名勝に指定。 鏡湖池には葦原島、鶴島、亀島などの島々のほか、畠山石、赤松石、細川石などの奇岩名石が数多く配されている。 1994年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)「古都京都の文化財」に登録。

  • 旧称は稲荷神社。 式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社。 稲荷山の麓に本殿、稲荷山全体を神域とする。 全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社。 鳥居を奉納する習わしは江戸時代に始まり、数は約1万基で、千本鳥居と呼ばれる。 稲荷山は、神体山。 標高233m。 3つの峰(一ノ峰、二ノ峰、三ノ峰)が連なる。 かつて、古墳として知られ、円墳が確認されている。 中世、「下ノ塚」「中ノ塚」「上ノ塚」と呼ばれていた。 「白狐大神」や「白龍大神」などの神名を刻んで祀られた無数の小さな祠「お塚」が奉納、「お塚信仰」と呼ばれている。

  • 伏見観光協会が運航する遊覧船。 濠川(宇治川派流)に架かる弁天橋のたもとから発着する。 「十石舟」「三十石船」も随時運航されている。

  • 黄桜のテーマパーク。 清酒工房や地ビールレストラン、企業博物館の黄桜記念館があいる。 現在は、東山酒造が醸造している。 敷地内では河童が展示され、多くの人が記念撮影を楽しんでいる。

  • 2016年、大阪市港区の交通科学博物館と京都鉄道博物館の前身にあたる梅小路蒸気機関車館を統合し、グランドオープンした。 西日本旅客鉄道(JR西日本)および公益財団法人交通文化振興財団が運営する。 展示面積はJR東日本の鉄道博物館(埼玉県)やJR東海のリニア・鉄道館(愛知県)を超える日本最大の鉄道博物館として知られている。 イギリス国立鉄道博物館との姉妹提携継続調印式が行われた。 プロムナードでは、実際に使用されていた車両の一部が展示、保存されている。 プロムナードは、エントランスホールと本館とをつなぐ。

    • 自動改札機と自動券売機

      自動改札機と自動券売機

      日本で初めて自動改札機と自動券売機が設置されたのは、阪急電車千里線の北千里駅。 今では全国各地で目にするようになった自動改札機や自動券売機にも不思議がいっぱい。 ここでは、自動券売機で切符の購入体験。 自動改札機は一部が切り取られ、購入体験で購入した切符を持って、実際に入れながら自動改札機の仕組みを観察することができる。

    • 運転シミュレータ

      運転シミュレータ

      壁面には、映画やドラマでないとみる機会がないであろう運転シミュレータ。 ここでは、在来線用6台と新幹線用2台が設置されており、パソコンを使用して、実際に体験することができる。

    • 鉄道ジオラマ

      鉄道ジオラマ

      鉄道ジオラマでは、ガラスの奥で街並みが再現され、線路が敷かれている。 ここでは、JR在来線や新幹線、私鉄の阪急電車や京阪電車、近畿日本鉄道などが走り、アナウンスでは車両の紹介などを行っている。

    • 3階のスカイテラス

      3階のスカイテラス

      京都鉄道博物館の本館の最上階にあたる3階の一部はスカイテラスとなっていて、京都市内を一望することができる。 周辺は高層ビルが少なく、すっきりとした印象。 また、列車運行をリアルタイムで示すモニターが設置され、京都と 西大路間および京都と丹波口間を走る在来線全列車の現在位置が表示されている。

    • 新幹線車両

      新幹線車両

      1985年に登場した100系。 座席間隔の拡大により3人掛けとなり、回転が可能となった。 また、個室、グリーン車、食堂車、そして、2階建車両が連結した。

    • 扇形機関車庫

      扇形機関車庫

      梅小路蒸気機関車館所蔵の車両。 扇形車庫1番から7番までは動態保存車、8番から20番までは静態保存車の収蔵。

  • 嵯峨とうふ、嵐山さくら餅、黒本蕨餅の専門店。 当初、建物は一般住宅として建設され、芸能界で活躍する勝新太郎さんと中村玉緒さんが入居していた。 新婚生活をこの地で過ごし、芸能界と子育て等で奮闘する中、建物を売却。 その後、旅館となったが、建物は建設当時のままに嵯峨野とうふが楽しめるレストランとなっている。 湯葉あんかけ丼は、温かいあんかけとご飯を中心に白味噌が主体となった汁物をいただきながら、弘法大師、空海の精進料理として知られる胡麻豆腐が添えられた贅沢な定食。

  • 鞍馬山の南斜面に位置する。 鞍馬は牛若丸(源義経)が修行した地として知られ、能の「鞍馬天狗」も有名である。 また、鞍馬寺へと結ぶケーブルカー(鞍馬山鋼索鉄道)は、宗教法人としては唯一の鉄道事業である。 770年、鑑真の高弟・鑑禎が草庵を結び、毘沙門天を安置したのが始まり。

  • 貴船神社の総本社。 地域名は貴船「きぶね」。 貴船神社では、水の神様・高龗神をお祀りしていることから、「きふね」と読むとか。 古来より、晴れを願うときには白馬が、雨を願うときには黒馬が奉納されていたが、後に、木の板に描いた馬「絵馬」を奉納されたことにより、絵馬発祥の地ともいわれている。 また、縁結びの神としての信仰を集める一方、縁切りの神、呪咀神としても信仰されており、丑の刻参りでも有名である。 おみくじは、くじを引いて巫女に告げるのではなく、複数の白紙の中から一枚を選び、境内の霊泉に浮かべると吉凶が解る「水占おみくじ」である。 当社のおみくじには「大凶」が存在という。

  • 山号は朝日山。 宗派は天台宗、浄土宗。 本尊は阿弥陀如来。 開基は藤原頼通。 開山は明尊。 宇治は「源氏物語」の「宇治十帖」の舞台。 平安時代初期、貴族の別荘が営まれた。 9世紀末頃、光源氏のモデルで左大臣、嵯峨源氏の源融が営んだ別荘であった。 宇多天皇が引き継ぎ、天皇の孫・源重信が継いだ。 998年、摂政藤原道長の別荘「宇治殿」となった。 1052年、道長の没後、子の関白・藤原頼通が宇治殿を寺院に改めた。 開山(初代執印)は小野道風の孫で園城寺長吏を務めた明尊。 1053年、平等院鳳凰堂を建立。 当初、阿弥陀堂と呼ばれていた。 ユネスコの世界遺産の「古都京都の文化財」として世界遺産に登録。

  • 京都府久世郡久御山町と八幡市を結ぶ、木津川に架けられた木橋。 川が増水すると橋桁が流される構造を持つ流れ橋であることから、流れ橋、木津川流れ橋、八幡流れ橋などと呼ばれる。 歩行者と自転車の専用橋で、手すりや街路灯は設置されていない。

  • 現在、亀岡市内ではブランド牛「亀岡牛」を使用した逸品を楽しむことができる和食レストランや洋食レストラン、カフェなどが複数店舗あり、観光客を中心に人気を集めている。 今回はそのなかの一つである珈琲専門店として店を構えているカフェに訪れてみることにした。 品質にこだわっているという上質の珈琲豆が店頭に並び、奥には喫茶スペースもあり、珈琲だけでなく、亀岡牛を使用した牛カツサンドなどの軽食も楽しむことができる。 牛カツサンドとは、亀岡牛のひき肉と国産野菜が詰まった牛カツサンドでテイクアウトも可能。 噛めば噛むほど、肉の旨みが出てきて、また食べたくなる美味しさです。

  • 1885年、遊覧船による川下りが始まった。 保津川下りは夏目漱石を始め、水上勉、薄田泣菫、大町桂月、三島由紀夫など幾つもの文学作品に登場した。 当時、京都から人力車に乗って老の坂を越え、篠町王子を経て保津川の亀岡盆地から保津峡への入り口にあたる山本浜(トロッコ亀岡駅付近)から乗船した。 ルーマニア皇太子やイギリス皇太子などの賓客も興じたことから、王子から山本浜までの道のりは「異人道」と呼ばれた。 その後、川下りは大衆的なものとなり、現在では約16kmの距離を約2時間かけて行われ、遊覧船からは四季折々の景色を楽しむことができる。

  • かやぶきの里・北村は、茅葺き屋根の家屋が数多く現存する山村集落の一つ。 かつて丹波国桑田郡弓削荘に属し、林業が主産業であった。 集落の中心部に位置する街道は鯖街道と呼ばれ、古くから多くの人の往来があった。 その後、篠山藩に属し、「知井9か村」の一つと称されていた。 1993年、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定。 住宅の特徴として、家屋の多くは江戸時代の中期に山麓の傾斜地に建てられたとされ、宅地正面には石垣を築いている。

    • シュークリーム

      シュークリーム

      京都府京都市と福井県敦賀市とを結ぶ国道162号線沿いにある道の駅・美山ふれあい広場。 敷地内には、美山やその周辺の特産品を中心に扱う農林産物販売所ふらっと美山、深山宗周辺の観光案内を行う観光案内所の京都丹波高原国定公園ビジターセンター、などがある。 美山名物の一つで美山牛乳の直売所「美山のめぐみ 牛乳工房」が人気で、ソフトクリームやジェラートが店頭に並ぶ。 今回はシュークリームで美山牛乳を味わう。

  • 旧舞鶴海軍軍需部本部地区(舞鶴港ウォーターフロント)にある12棟の赤煉瓦倉庫で構成。 別名、舞鶴赤レンガ倉庫群、北吸赤れんが倉庫群。 舞鶴旧鎮守府倉庫施設として国の重要文化財、近代化産業遺産に指定。 1901年、舞鶴鎮守府が創設。 明治時代に9棟、大正時代に3棟建てられた。 敷地内には旧舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫、旧舞鶴海軍兵器廠予備艦兵器庫、旧舞鶴海軍兵器廠弾丸庫並小銃庫、旧舞鶴海軍兵器廠雑器庫並預兵器庫(雑品庫並損兵器庫とも)などが現存する。

    • 肉じゃが

      肉じゃが

      肉じゃがは、1870年代、イギリスのポーツマス市に留学していた東郷平八郎が留学先で食べたというビーフシチューの味を再現し、日本の艦上食として料理長に作らせたことがはじまりといわれ、東郷平八郎のゆかりの地である舞鶴と呉との間でしばしば論争が起きることも。

    • 海軍カレー

      海軍カレー

      海軍・海上自衛隊で愛されてきたカレーライスのレシピをそのまま再現したという海軍カレー。

  • 日本三景の一つに数えられる天橋立は、宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる砂州のことで、京都府内での人気観光地の一つ。 ここには、約8,000本の松林が生え、白い砂浜が広がる。 天橋立では京都府道天の橋立線が走っており、「日本の道100選」に選定されている。 された、主に観光の散策路となっている。 現在、丹後天橋立大江山国定公園の指定区域。

  • 道の駅「食のみやこ」。 甲子園8個分という西日本最大級の敷地面積を誇り、新鮮な野菜や海産物がそろうマルシェスペースや海鮮、野菜、肉、乳製品などを使用したレストランなどがある。 毎営業日、夕暮れと共に点灯される約100万球のLEDを使用したイルミネーション。 入り口から奥にかけて点灯され、幻想的な世界へと来場者を誘う。 ここでは、銀河、流れ星、星空、天の川、七姫など11 エリアにわかれ、それぞれを無料で楽しむことができる。

フォトレポ 0件
フォトレポを送る

写真と一言でおでかけプラン作者さんに「行ってきました!」を伝えよう。 詳しくはこちら

ご利用のブラウザでは正しく画面が表示されない、もしくは一部の機能が使えない可能性がございます。以下の推奨環境でご利用ください。

推奨環境:Google Chrome 最新版、Safari 最新版、Firefox 最新版