• 写真をもっとみる(12件)

姫路城

駐車場 なし
対象年齢 乳児, 幼児, 小学生, 中学生, 大人
雨の日
ベビーカー入場
スポット情報が間違っていますか?

スポットのおすすめポイント

  • 姫路城(ひめじじょう)は、兵庫県姫路市にある日本の城。江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、国宝や重要文化財に指定されている。また、主郭部を含む中堀の内側は「姫路城跡」として国の特別史跡に指定されている[8][9]。また、ユネスコの世界遺産リストにも登録され[10][11]、日本100名城[12]などに選定されている。別名を白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう。詳細は名称の由来と別名を参照)という。

    関西

    全17スポット・2016年11月22日

  • まさに「お城界(?)の首領(ドン)」的存在。
    国宝に初めて指定されたのは戦前の昭和6(1931)年。
    戦後の昭和26(1951)年、新しい文化財保護法のもとで2度目の国宝になりました。
    そして元号が変わった平成5(1993)年、日本で初めて世界文化遺産に登録されたのです。
    今春には5年に及ぶ「平成の大修理」が完了し、別名「白鷺城」の通り、真っ白でピッカピカに生まれ変わりました。

  • 姫路城は、別名、「白鷺城」と呼ばれる平山城で、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。
    また、大天守・小天守・渡櫓等が国宝、重要文化財に指定されている。
    1346年、赤松貞範によって築城。

    江戸時代、池田輝政が城主となり、姫路藩の藩庁となった。
    西国の外様大名監視のために西国探題が設置された。
    明治時代、陸軍の兵営地となった。
    昭和時代、第二次世界大戦などの戦火を免れ、現在に至る。

    羽柴秀吉の居城となり、その後、出世したことから出世城とも呼ばれている。

  • 6/16
    9:00~11:00(2h)
    江坂→姫路城

  • 姫路城の魅力は天守閣を有する本丸だけではありません。時間切れで見落としがちなこの西の丸も絶対に行くべきです。西の丸は徳川家康の孫娘で豊臣秀頼の幼妻の千姫にまつわる回廊型の居宅趾です。大坂夏の陣で秀頼が死んだあと未亡人となった千姫は、家康の重臣の本多忠勝の息子で姫路城主となった忠政の長男忠刻の妻となりこの姫路城に住みました。西の丸は世界一美しい姫路城を世界一美しくみることが出来る場所かもしれませんね。

  • 姫路城は黒田官兵衛によって見出され、中国進出のために羽柴秀吉に献上、秀吉よって三層天守が本格築城されます。その後関ヶ原後に池田輝政によって大改築され、今の姿は1617年池田氏から本多忠政になるころのものがベースです。幸運にも巨大な全体がほぼそのまま残っている貴重な城でまさに日本をいや世界を代表する城となっています。天守閣は漆喰を新たにやり直したばかりで目もくらむような白さになりました。
    ちなみに写真は西の丸からの眺めです。

  • 空に向かって建ち並ぶ天守群と白く美しい白壁の広がり、天を舞う白鷺のように見える姫路城は別名白鷺城とも言われる。

  • 兵庫県を代表する世界遺産 姫路城 平成の大改修工事も無事終わり、2015年3月からリニューアルオープンしました。

  • 江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、建築物は国宝や重要文化財、城跡は国の特別史跡に指定されている「姫路城」。ユネスコの世界遺産に登録された、日本を代表するお城ですね~♪
    「国宝姫路城大天守保存修理工事」もまもなく完了します。ってことで、せっかくなので、岡山帰りに立ち寄りました♪

    今年も青春18きっぷの旅♪ 岡山周遊編

    全5スポット・2015年1月18日

  • 2009年から始まった改修工事もいよいよ大詰め。年内にはほぼ全ての修理が終わるらしいです。すでに、大天守閣を覆う工事用の屋根等の解体作業が行われています。来年の3月には修理工事が全て終わる予定らしいので、修理過程を見れるのも最後なので是非行ってみてはいかがでしょうか。