安全におでかけ・旅行するための特設ページを開設しました。こちらからご確認ください。

いつもの休日を楽しみに

 休日の選択肢を広げる総合おでかけ情報サイト

おでかけプラン

ちか王
ちか王

新しいプランを投稿しました

ソゥル→仙台探訪、、が急遽、帰宅する事に、、なので、仙台最低限押さぇとかなきゃバージョン2泊3日です

ちか王
ちか王

新しいプランを投稿しました

急遽 ソゥルへ。よくぁる事ですが、、

naga_sakie
naga_sakie

新しいプランを投稿しました

行ってみたいところリスト

Yuri
Yuri

新しいプランを投稿しました

あかね
あかね

新しいプランを投稿しました

愛媛・松山に高校卒業旅行を兼ねて女子ふたりで行きました!なかなかいい旅でした…!

ヒロニャン
ヒロニャン

プランにスポットを追加しました

岐阜公園にある歴史博物館に行った帰りに、駅にある和カフェに立ち寄りました。

歴史小説「93歳の関ヶ原」の舞台☆戦国武将、大嶋雲八ゆかりの岐阜県のスポットへ

歴史小説「93歳の関ヶ原」の舞台☆戦国武将、大嶋雲八ゆかりの岐阜県のスポットへ

岐阜県関市ゆかりの戦国武将、大嶋雲八(うんぱち)がテーマのおでかけプランはこれで3つ目です。 雲八はその97年間の生涯で信長、秀吉、家康の三英傑に仕え、93歳で関ヶ原の戦いに参戦した伝説の武将です。 超マイナーな戦国武将なのに、2016年には歴史小説の主人公として(近衛龍春さんの著作「93歳の関ヶ原、弓大将、大島光義(通称大嶋雲八)」)登場しました。 激動の戦国の世、弓の名手として、生涯現役を貫いた武将として今、脚光を浴びています。 今回のおでかけプランは、この歴史小説の中に登場する岐阜県のスポットを中心にご案内します。 「関」「岐阜」「大垣」のゾーンに分けて回りました。 ”雲八ゆかりのスポット”の他、途中で立ち寄った”寄り道スポット”も紹介します。 この歴史小説、タイトルこそ「93歳の関ヶ原」ですが、主人公の大嶋雲八は、関ヶ原の手前にある大垣城で戦っているうちに、関ヶ原の戦いが終わってしまった…と、書かれています。 これは史実か、フィクションかは謎です。 一応、歴史小説に合わせて、おでかけプランも”関ヶ原抜き”で作っておきました。

ありんこ
ありんこ

新しいプランを投稿しました

今年の年末年始旅まとめた、日本で過ごした最高〜〜!!

大阪・関西が好きやねん!
大阪・関西が好きやねん!

プランにスポットを追加しました

道具が何でも揃う!?道具屋筋商店街と千日前

道具が何でも揃う!?道具屋筋商店街と千日前

まいど! 大阪にはキタ、ミナミと呼ばれる二大繁華街を擁し、その一つの難波駅を中心とするミナミ。 ミナミは、北船場から発展したキタとは対称的に南船場から発展した日本最大規模を誇る繁華街で、今では南船場、心斎橋、難波、道頓堀を中心としたエリアとなってまんねん。 せやけど、心斎橋、難波、道頓堀のそれぞれに、魅力がたっぷりで、一度に全てをご紹介することはできまへん。 っちゅうことで、今回は、大阪市中央区難波から千日前に範囲を絞って、細かいとこまで余すことなく、ご紹介できたらと思てまんねん。 ここには、百貨店の老舗として知られる高島屋をはじめ、昔ながらの商店街として南海通りや道具屋筋商店街などがひしめきおうてまんねん。 南海通りでは、飲食店が多いのが特徴やねんけど、道具屋筋商店街は、業務用の調理器具や什器など何でも揃いまんねん。 その他、なんばCITYやマルイなど大型商業施設が点在。 そして、南海電車、近畿日本鉄道、地下鉄など主要駅に直結しているため、雨の日でも便利な地下街NAMBAなんなん、なんばウォークもオススメでおまんにゃわ~。 ほな、あきんどの街・大阪をとことん、見学していきまひょ!

最近見たスポット

ご利用のブラウザでは正しく画面が表示されない、もしくは一部の機能が使えない可能性がございます。以下の推奨環境でご利用ください。

推奨環境:Google Chrome 最新版、Safari 最新版