谷汲山 華厳寺

スポット情報が間違っていますか?

スポットのおすすめポイント

  • 圓鏡寺での鐘撞きを済ませるとその足で「谷汲山(華厳寺)」へと向かいます。時刻で言うと12時少し前。ですので途中の車内で新年を迎えることになります。最初、まさかこんな山奥に誰がくるものかと思ってたらトンデモ大間違い。本堂から延々続く参拝の行列にびっくりしました。時間が経つほど行列が短くなることから、恐らくこれは深夜0時迄参拝を止めてたのでしょう。本堂参拝して鐘を突いて、参道で甘酒を飲んだりして道草してる段階で時刻は夜中の2時を過ぎます。

    昼間はこんな感じ→

  • 西国三十三所霊場第三十三番札所。この周辺では一番の規模がある寺院。広大な境内には戒壇巡りが体験できる本堂をはじめ様々な堂が点在し、豊川稲荷や奥の院まで満遍なくまわるとそれだけで1日必要になるでしょう。本堂でお参りしたら、建物の裏側へも回ってみてください。ちなみに頂ける御朱印は3種類でセット。「現在」「過去」「未来」を意味するそうです。

    その他の写真はこちらへ→

    岐阜の秘境「谷汲さん」とその周辺を探索

    全15スポット・2014年7月15日