• 写真をもっとみる(6件)

千代保稲荷神社

千代保稲荷神社は岐阜県海津市にある、日本三大稲荷の一つともいわれる稲荷神社です。おちょぼさんの愛称で親しまれ、商売繁盛・家内安全のご利益がある神社とされ、年間250万人の参拝客が訪れます。祭神は大祖大神、稲荷大神、祖神です。

スポット情報が間違っていますか?

スポットのおすすめポイント

  • 本来、谷汲から千代保稲荷へは自宅から遠回りになるのですが、勢いで行ってしまいます。やっぱ山奥は超寒かったので、千代保稲荷に参拝というより、むしろ串かつを食べて温まりたいというのが本音ですね。この時刻になると参道も歩けるくらい空いているので丁度いい感じ。ちなみにこちらは神社ですから鐘撞堂はありません。

    昼間はこんな感じ→

  • 揖斐川と長良川に挟まれた千代保神社は老若男女、全年代に親しまれている神社。お年寄りはそれなりに、若い方もそれなりに楽しめるスポットが揃っている場所。商売繁盛を願う参拝は勿論ですが、忘れていけないの名物が「串カツ」。参道あちこちの店頭で揚げたてを頂くのが楽しいのです。その他にも漬物、特産品、植木、特に赤鳥居周辺では川魚料理店が軒を連ね、特産の「なまず料理」を頂くことが出来ます。年末年始や月参りのピークには身動きできない程混むので要注意です。逆に言うと、そのピーク時さえズラせば極端な人混みを避ける事が出来ます。駐車場は南鳥居と東鳥居の周辺、更には臨時駐車場があります。