企画展開催!『月をめざしたアポロ展』1960年代の宇宙活動を鮮明に浮き彫りにする

2018年12月15日(土) 〜 2019年2月11日(月)

ポイント!
  • 人類が初めて月に到達した50年前の“夢”と“挑戦”が蘇る!
  • アポロ11号をはじめアポロ計画の全体像に迫る企画展
  • ロケット作成や講演会、プラネタリウムなどイベント多数開催予定

人類史上初めて月面着陸を成し遂げたアポロ11号から50年を企画展として、アメリカ・旧ソ連の宇宙開発競争やアポロ11号をはじめアポロ計画の全体像に迫る企画展だ。人類史上最大級の【夢】に挑戦して成し遂げた1960年代の宇宙活動を鮮明に浮き彫りにしたこの企画展では、その姿を目の当たりにした世代には、【誇りと、再び夢】を時代を担う青少年には【夢と勇気、チャレンジ精神】を持つことのすばらしさをメッセージとして届ける。

《関連イベント》

コズミックカレッジ「ペンシルロケット」

実物大のペンシルロケットを工作し大きさを体感。ロケットが飛ぶ仕組みや遠くに飛ばす方法を学ぶ。

  • 日時/12月23日(日・祝)、12月24日(月・振休)、1月6日(日)
    11:00〜11:40
  • 会場/わくわく広場
  • 定員/各50名(保護者含む)
  • 料金/常設展示観覧料

コズミックカレッジ「バルーンロケット」

ステックバルーンで作ったロケットでより遠くに飛ばす方法を考える。

  • 日時/12月23日(日・祝)、12月24日(月・振休)、1月6日(日)
    14:00〜14:40
  • 会場/わくわく広場
  • 定員/各50名(保護者含む)
  • 料金/常設展示観覧料

的川泰宣氏講演会「アポロが開いた世界」

企画展の開催を記念して、的川泰宣さんを招いた。1969年7月、人類史上初めて月面着陸を行ったアポロ11号をはじめとするアポロ計画の全体像に迫り、その後の宇宙開発にどのような影響を与えたのか、分かりやすく話してもらう。

  • 日時/12月16日(日) 14:00〜15:30
  • 会場/プラネタリウム
  • 定員/190名
  • 料金/常設展示観覧料

サタデーナイトプラネタリウム

毎月テーマを決めて宇宙や天文の話を生解説でお届け。

  • 日時/毎週土曜日 18:00〜18:50
  • 定員/190名 ※要プラネタリウム観覧料

天体観望会

天文台の望遠鏡で星を眺めよう(天候不良の場合は中止)。一緒に星座や星を探せるようになろう!ほしぞら☆教室も開催中。

  • 日時/お天気のいい土曜日 19:00〜20:30(受付は20:00まで)
  • 料金/無料 ※中学生以下は保護者同伴

開催場所

イベント情報

「月をめざしたアポロ展」

開催期間

12月15日(土) 〜 2019年2月11日(月・祝)

【期間中の休館日】

  • 2018年12月17日(日)、25日、29日、30日、31日
  • 2019年1月7日(日)、15日、21日、28日、2月4日

開催時間

  • 平日 9:15〜17:15
  • 土日祝 9:15〜18:00

料金

常設展示観覧料(大人510円・高校生300円・小中学生200円・幼児4歳以上100円)

問い合わせ先

TEL0954-20-1666

主催者

佐賀県立宇宙科学館《ゆめぎんが》

オフィシャルサイト

写真一覧