×
大阪造幣局桜の通り抜けの春

大阪造幣局桜の通り抜けの春

大阪
  • デート

  • 子供

  • 一人旅

  • ペット

  • ドライブ

  • ウォーキング

  • サイクリング

  • 自然

  • 散策

  • 芸術

  • アウトドア

  • 歴史

  • 寺・神社

  • カフェ

  • グルメ

  • 温泉

  • テーマパーク

  • 電車

  • 博物館

  • ショッピング

  • レジャー

  • 建築

  • デザイン

  • 体験

  • 工場見学

  • 小旅行

  • 28.522 px clover user date child solitary pet drive walking cycling nature stroll art camp history castle temple cafe gourmet onsen outdoor worldheritage public bath shopping generalstore railroad train comic mountain sports fishing bbq fashion tradition music baby camera amusementpark aquarium sea ball baer bell flower earth teruteru maple bento squirrel tokyo kanagawa osaka kyoto hyogo pin tel time url guide hot type star camera home settings profile print rank mail lock calendar access

    観光

  • 植物園

大阪造幣局桜の通り抜けの春

まいど! 冬の厳しい寒さが過ぎれば、桜が満開を迎えるお花見の季節やね。 まちのあちこちに桜が咲き誇って、まるで、新入生、新社会人の門出を祝ってるようですやん♪ 大阪で桜や言うたら、造幣局の桜の通り抜けが有名でんな。 大阪の造幣局は、日本国内で流通している硬貨や記念硬貨を製造する工場やさかい、普段は敷地内部に立ち入ることができへんねんけど、イベントの開催中は内部を散策することができるさかい、関西一円から多くの観光客が訪れまんねん。 でもまだまだ肌寒い時期。 昼間はポカポカ陽気でも、花冷えの対策として、上着を一枚、準備してたら、安心でんな。 さて、造幣局の桜の通り抜けでは、日本有数の名所としても知られてんねやけど、毎年、「今年の花」が選定されるねん。 今年の「今年の花」は何やろな? この他、造幣局周辺には多くの屋台が立ち並び、まるで神社の縁日のよう。 造幣局のすぐそばを大川(旧淀川)が流れ、その上を遊覧船が走り、周辺の桜並木も楽しめるため、多くの見物客でにぎわってんねん。 今回はちょっと時期を先取りして、皆さんにご案内いたしまひょ!

  • 大川(旧淀川)沿いにある造幣局では毎年、桜の通り抜けのイベントが開催される。 ここでは、約120品種、約40本の桜が植えられている。 かつて、この土地には、藤堂家の大坂屋敷があった。 この屋敷が植栽していたサクラの樹木が造幣局にも引き継がれたと言う。 1883年、開花したサクラを一般公開することになった。 日没後の夜桜も鑑賞できる。

    • 通り抜けのご案内

      通り抜けのご案内

      造幣局内に設置されている看板。 造幣局は桜の名所として知られ、「さくら名所100選の地」に選定されている。 造幣局とともに歩んできた桜とその桜の通り抜けの歴史が刻まれている。

    • さくら名所100選の地

      さくら名所100選の地

      造幣局内に設置されている看板。 造幣局には現在、約120品種、約400本の桜が植樹。 かつてこの場所には、藤堂家の大坂屋敷があり、同家の植栽していた桜が造幣局に引き継がれた。 1883年、桜の通り抜けの一般開放が開始。 毎年、多くの観光客が訪れるため、基本、一方通行となっている。 桜の品種は数多くあり、桜を代表する「ソメイヨシノ」以外にも毎年「今年の桜」として一品種を選定して紹介している。

    • 造幣局

      造幣局

      1871年、大阪市北区天満に大蔵省造幣寮として創設された。 東京オリンピックや長野オリンピックの金・銀・銅の各メダル、名古屋城の金鯱なども製作された。

    • 造幣局旧正門

      造幣局旧正門

      造幣局内にある施設。 1871年、大阪に造幣局が開設された。 創業当時の造幣寮はこの場所に正門を設置していた。 レンガ造り八角形の建物は警備員が主に利用していたという。

    • 造幣局の鉄柵

      造幣局の鉄柵

      造幣局内にある鉄柵。 1868年、後藤象二郎大阪府知事が大阪城に動物園を開園する計画を立てていた。 その際、英国から鉄柵を輸入したが、動物園の計画が中止になった。 そのとき、久世喜弘造幣局判事の進言により、この場所に移設された。 1872年、明治天皇が京都御所から近畿・中国地方へ行幸される際、途中、造幣局に立ち寄り、視察した。 そのときに、最初の一歩を踏んだのが、この場所であるといわれている。

    • めがね橋

      めがね橋

      造幣局内にある橋跡。 1871年、大川と構内の入り堀間に架けられた石造りの橋。 中央部分には膨らみがあったことから、「めがね橋」という愛称で親しまれ、正式名称となった。

    • 煉瓦の由来

      煉瓦の由来

      造幣局内に設置された看板。 造幣局では煉瓦が使用され、レトロな雰囲気を醸し出している。 最近では、近代建築として注目を浴び、多くの観光客が訪れるようになった。 大正時代前期に建設された当時、造幣局の宿舎と幼稚園との境界にあった塀に使用されていた。

    • 創業当時のガス燈

      創業当時のガス燈

      造幣局内に設置されているガス燈。 造幣局として創業した当時、旧正門内に左右一対のガス燈が設置された。 1857年、薩摩藩主島津斉彬がガスの製造実験を行い、別邸の石灯籠に日本で初めてガス燈が点燈。 設置された当時は物珍しさからガス燈を眺めに訪れる来訪者が多かったとか。

    • 長谷川為治氏の像

      長谷川為治氏の像

      造幣局内に設置されている像。 山口県(長州)生まれ。 1870年、造幣局に入局した後、造幣局長を務めた。 貨幣法の制定、動力電化・貨幣製造能力倍増の設備拡張工事などに尽力。

    • 造幣局製品販売所

      造幣局製品販売所

      日本の硬貨を製造している大阪の造幣局は、本局として知られ、記念硬貨の販売所が設置されている。 造幣局が長年の研究開発による「貨幣」や「勲章」の製造技術が生かされている。

    • 大阪造幣局桜の通り抜け

      大阪造幣局桜の通り抜け

      毎年、春になると多くの見物客でにぎわう。 今回は、造幣局の入り口で入場制限があり、ゆったりと見物、博物館見学、記念撮影を楽しむことができた。

    • 大阪造幣局桜の通り抜け

      大阪造幣局桜の通り抜け

      毎年、春になると多くの見物客でにぎわう。 今回は、造幣局の入り口で入場制限があり、ゆったりと見物、博物館見学、記念撮影を楽しむことができた。

    • 大阪造幣局桜の通り抜け

      大阪造幣局桜の通り抜け

      毎年、春になると多くの見物客でにぎわう。 今回は、造幣局の入り口で入場制限があり、ゆったりと見物、博物館見学、記念撮影を楽しむことができた。

    • 大阪造幣局桜の通り抜け

      大阪造幣局桜の通り抜け

      毎年、春になると多くの見物客でにぎわう。 今回は、造幣局の入り口で入場制限があり、ゆったりと見物、博物館見学、記念撮影を楽しむことができた。

    • 大阪造幣局桜の通り抜け

      大阪造幣局桜の通り抜け

      毎年、春になると多くの見物客でにぎわう。 今回は、造幣局の入り口で入場制限があり、ゆったりと見物、博物館見学、記念撮影を楽しむことができた。

    • 大阪造幣局桜の通り抜け

      大阪造幣局桜の通り抜け

      毎年、春になると多くの見物客でにぎわう。 今回は、造幣局の入り口で入場制限があり、ゆったりと見物、博物館見学、記念撮影を楽しむことができた。

    • 大阪造幣局桜の通り抜け

      大阪造幣局桜の通り抜け

      毎年、春になると多くの見物客でにぎわう。 今回は、造幣局の入り口で入場制限があり、ゆったりと見物、博物館見学、記念撮影を楽しむことができた。

    • 大阪造幣局桜の通り抜け

      大阪造幣局桜の通り抜け

      毎年、春になると多くの見物客でにぎわう。 今回は、造幣局の入り口で入場制限があり、ゆったりと見物、博物館見学、記念撮影を楽しむことができた。

    • 大阪造幣局桜の通り抜け

      大阪造幣局桜の通り抜け

      毎年、春になると多くの見物客でにぎわう。 今回は、造幣局の入り口で入場制限があり、ゆったりと見物、博物館見学、記念撮影を楽しむことができた。

    • 大阪造幣局桜の通り抜け

      大阪造幣局桜の通り抜け

      毎年、春になると多くの見物客でにぎわう。 今回は、造幣局の入り口で入場制限があり、ゆったりと見物、博物館見学、記念撮影を楽しむことができた。

    • 大阪造幣局桜の通り抜け

      大阪造幣局桜の通り抜け

      毎年、春になると多くの見物客でにぎわう。 今回は、造幣局の入り口で入場制限があり、ゆったりと見物、博物館見学、記念撮影を楽しむことができた。

  • 桜が咲く季節。 花見としてオススメなのは、造幣局前を流れる大川沿いの桜之宮公園。 ここには市民の寄付によって植樹された桜が咲き誇り、大阪を代表する名所としても知られている。 大阪の人情がたっぷり詰まった公園でゆっくり過ごしてみるのはいかが? 約4800本の桜並木は、花見客であふれ、露店が立ち並び、観光船が大活躍。 川の上から桜の景色を楽しむことができるだけでなく、大阪城も眺めることができる。 その他、普段でもウォーキングやランニングなど、スポーツを楽しむ人が多い。 普段では決して楽しむことのできない大阪市内での川の旅。 あなただけの特別な時間を大切な人と過ごしてみるのもいかがでしょうか。

    • どこまでも続く桜並木

      どこまでも続く桜並木

      大川沿いには道が整備されており、四季折々の景色を楽しむことができる。

    • 太陽の光を浴びながら

      太陽の光を浴びながら

      太陽の光を浴びながら歩く桜並木。 花と鼻の間から光が差し込み、幻想的な世界へいざなう。

    • 水陸両用バス

      水陸両用バス

      水上と陸上の両方を走ることができる水陸両用バス。 桜をバックに記念撮影。

    • 川の上から桜並木

      川の上から桜並木

      大阪市内の中心部を流れる大川の水上から毛馬桜ノ宮公園の桜並木を見物することができる。

    • 川崎橋

      川崎橋

      大阪市北区と都島区内を流れる大川に架かる橋。 自転車・歩行者専用斜張橋として親しまれている。 大阪市北区中之島を起点とした北大阪サイクルラインの一部。 終点は、大阪府吹田市にある万博記念公園。 浪速の名橋50選に選定された。 1978年、土木学会田中賞を受賞した。 橋長は、約130mで、幅員は3mである。

  • 1969年、開館した。 1911年、旧造幣局火力発電所の施設として建設された。 館内では実際に製造された大判、小判、丁銀、貿易銀、皇朝十二銭などが展示されている。 また、そのほかにも外国貨幣、勲章、メダル、工芸品など約4000点。 貨幣の歴史や種類、人物紹介など幅広い展示がされている。

    • 造幣博物館ご来館記念撮影

      造幣博物館ご来館記念撮影

      日本円でおなじみの硬貨を背に記念撮影を楽しもう!

  • 旧造幣寮鋳造所正面玄関(旧 ユースアートギャラリー)が隣接。 1871年、造幣寮(現在の造幣局)の応接所として建設された。 1872年、泉布観と命名。 貨幣を意味する「泉布」と館を意味する「観」から泉布観となった。 1956年、国の重要文化財に指定された。 1908年、当時の部屋の内装が今現在も残る。 現在は、毎年春分の日前後にのみ一般公開されている。

    • 泉布観案内板

      泉布観案内板

      1871年、造幣局が開設された。 造幣局の造幣寮鋳造所として竣工し、今に至る。 造幣局とともに歩んできた洋風建築としての歴史が刻まれている。

  • 1871年、トーマス・ウォートルスの設計で造幣寮鋳造所として竣工。 1927年、老朽化に伴い、取り壊されたが、金銀貨幣鋳造所の正面玄関の石材を保存。 1925年、正面玄関の石材を明治天皇記念館の正面玄関として復元した後、聖徳館に改称。 1945年以降、桜宮公会堂として利用される。 大阪市立図書館(桜宮図書館)、学校教育の振興施設ユースアートギャラリーが移転したが後に閉鎖。 1956年、旧造幣寮鋳造所正面玄関が国の重要文化財に指定される。

  • 大阪市内を流れる大川に架かる橋。 1930年、大阪市北区と都島区の間に架けられた、最大支間は104m。 そのほか、銀橋と呼ばれ、親しまれている。 地名となっている「桜之宮」は、大川の東岸にある神社の名が由来となっている。 江戸時代、桜の名所として親しまれ、「桜の渡」と呼ばれたと言う。 明治時代、造幣局が造られ、「桜の通り抜け」が話題を集め始める。

    • 桜ノ宮橋

      桜ノ宮橋

      階段を駆け上がると橋の上。 付近には、新桜宮橋(新銀橋)。 世界的に有名な安藤忠雄氏(大阪市旭区出身)が設計した。

    • みゆき橋跡

      みゆき橋跡

      造幣寮開設当時は、水運も盛んだった。 貨幣の材料となる地金は船で構内の地金溶解工場横の船着場に運び込むための掘割に架かっていた吊り橋だという。 1898年、明治天皇が最初に渡ったことにより、みゆき橋と名づけられた。 掘割に架けられた眼鏡橋は桜の通り抜けの通路に欄干だけが残っていると言う。 現在は、橋が撤去され、「みゆき橋跡」と言う文字だけが当時の面影を物語っている。

    • 源八渡し跡

      源八渡し跡

      1907年、公営として運営する。 1936年、源八橋がかけられるまで活躍した。 この周辺は、梅や桜の名所として知られ、とてもにぎわっていたのだとか。 与謝野蕪村も句を残している。

  • アプリで地図を見る
  • 1837年、江戸幕府に対する反乱「大塩平八郎の乱」が勃発。 1836年まで、天保の大飢饉により各地で百姓一揆が多発していた。 現在の大阪市北区天満橋の大塩邸から難波橋を渡り、北船場で鴻池屋などの豪商を襲い、近郷の農民や引っ張り込まれた大坂町民と、「救民」の旗を掲げて船場の豪商家に大砲や火矢を放ったが、奉行所の兵に半日で鎮圧されてしまった。 これによって市内の約30パーセントを焼き尽くしたと言う。

    • 日時計?謎の深まる石碑

      日時計?謎の深まる石碑

      大塩の乱の石碑の近くに、1から12までの数字が描かれた石碑がある。 日時計とする説もあるが、謎が深まるばかり。 謎に包まれた歴史を探索するのも大阪旅。

  • 江戸時代に活躍した儒学・陽明学者で天満与力・大塩平八郎の私塾跡。 当時、凶作が続き、庶民は疲弊していたので、自分の蔵書を処分して救済していた。 その後、幕府の政策に腹を立て、窮民救済と政治の覚醒をめざして挙兵、大砲を放った。 これを大塩の乱と呼んでいる。 大塩の乱は半日で鎮圧されたが、一揆が続発して幕府に大きな打撃を与えた。

    • 与力役宅門

      与力役宅門

      武家屋敷の建物。 江戸時代、大阪東町奉行配下であった天満与力の中嶋家の役宅門。 当時、この付近一帯は、天満与力の役宅が軒を並べていたが、大正末期、現在位置へ移築。 1948年、茶室として増改し、この建物だけが現存する。

  • 今は小学校となっているこの辺りに鎮座していた。 豊臣秀吉が天下統一の頃、織田有楽斎の別邸があり、徳川家康も訪れていたのだとか。 1616年、徳川秀忠は、全国各地に東照宮を建立させた。 1617年、松平忠明氏によって川崎東照宮が造営された。 1837年、大塩平八郎の乱により、焼失したが、後に再興した。 1873年、明治維新の混乱により、衰退し、廃絶した。 1934年、地元住民の声により石灯篭や記念碑などは、大阪天満宮に寄付され、現在に至る。

  • 本格的な上海料理でお持ち帰りも可能。 店内は、セルフサービスでビールや酎ハイレモン、青島ビールなども楽しめる。

    • 小龍包で口の中も心の中もアッツアツ

      小龍包で口の中も心の中もアッツアツ

      焼き小龍包とは、上海料理を代表するメニューの一つ。 挽き肉の具を小麦粉の皮で包み、鉄板で蒸し焼きにした包子のこと。 店内の壁には、「小龍包のなかからアツアツの肉汁が出て、火傷する場合があります」との注意書きが。 でもこの肉汁、実はコラーゲンたっぷり。 (生煎饅頭・シェンチェンマントウとも)

    • 水餃子

      水餃子

      焼き餃子とはまた違った味を楽しむなら、これ!

    • ちまき

      ちまき

      味がよく染みこんだ上海粽(ちまき)。

  • 1881年、天満紡績の工場として建設された。 その後、大阪合同紡績天満工場、東洋紡績を経て、現在は中西金属工業の工場として稼働している。 デザインは、赤レンガ造り。 日本で初めて、女工らがストライキを行った場所とも言われている。

  • アプリで地図を見る
  • 略称は、OAP。 核となる高層ビルの名称はOAPタワー。

  • 本堂には、阿彌陀如来が安置されている。 旧石山本願寺として知られ、各地を移ったが、江戸期にこの地にあったと言う。

  • 天満橋筋の大川に架けられた橋、「天満橋」。 天満橋は、大阪市北区の地名でもあり、橋南詰周辺一帯の地域のことを指す。 大阪市内では、天神橋、難波橋と並ぶ浪華三大橋の一つとして数えられる。 天満橋は、2階建ての橋になっており、上部は土佐堀通をまたぐバイパスになっている。 天満橋南詰には、天満橋交差点があり、ここより北を天満橋筋、南を谷町筋という。

このおでかけプラン作者はこの人!

大阪・関西が好きやねん!
大阪・関西が好きやねん!
まいどまいど!大阪・関西が好っきゃねん!愛してんねん!もう、どうにも止まらへんねん!の「関西・旅の案内人(自称)」でおまんにゃわ〜(⌒▽⌒)「なにわ魂をいつも心に」この熱意だけは誰にも負けまへん♪~(´ε` )ここでは京都、神戸、姫路、和歌山を含む大阪都市圏(京阪神、関西広域)にこだわった地域密着型、地域最大の情報発信を目指して気張っていきまっせ!せやさかい、関西地方だけで200プラン以上をご提案。「ばったもん(偽物)」やあらへん「ほんまもん(本物)」の観光案内、地域情報、名産・特産・名店のグルメ情報(食して美味しい地域の肴ლ(´ڡ`ლ)、呑んで楽しい地酒・地ビール(人´∀`).☆.。.:*・゚)など、各地域・各地区に分けて発信してまんねん!わての生まれでおます大阪府大阪市のご当地検定「あさひだいすき旭区検定(旭区役所主催)」や「大阪なるほど再発見!なにわなんでも大阪検定(大阪商工会議所主催)」にも合格!来る「日本国際博覧会2025(大阪・関西万博)」成功に向け、大阪・関西をとことん勉強!めっちゃ発信!ごっつ盛り上げていきまひょ!ほな、まいどおおきにm(_ _)m
おでかけプラン402
Holidayでおでかけプランを作ってみませんか!おでかけプランの作成はパソコンからアクセス
フォトレポ0件
フォトレポを送る

写真と一言でおでかけプラン作者さんに「行ってきました!」を伝えよう。詳しくはこちら

ご利用のブラウザでは正しく画面が表示されない、もしくは一部の機能が使えない可能性がございます。以下の推奨環境でご利用ください。

推奨環境:Google Chrome 最新版、Safari 最新版