フォトジェニックな和カフェが浅草にオープン!抹茶メニューが充実「やなぎ茶屋 浅草 新仲見世通り」

2018年7月6日(金)から

ポイント!
  • 浅草寺の近くに店を構えた和カフェ
  • 抹茶を使った、フォトジェニックなメニュー
  • オリジナル抹茶ドリンクの提供も

2018年7月6日(金)に、国内外から訪れる観光客で連日賑わう東京の下町、浅草の新仲見世通りに、和カフェ「やなぎ茶屋 浅草 新仲見世通り」がオープンする。

やなぎ茶屋
やなぎ茶屋

浅草で "ほっと一息"できる空間を

浅草は日本を代表する観光地であり、連日国内外から訪れる観光客で賑わっている。「やなぎ茶屋 浅草 新仲見世通り」は、浅草を代表する観光名所の一つ、浅草寺の近くに店を構え、浅草散策中の老若男女幅広い人々に立ち寄れる和カフェとなる。
採光を大きく取った店内は、明るく開放感もあり、自然の温もりを感じられるよう、シンプルな木目を中心に、日本の"おもてなし溢れる空間"をイメージしている。
また、開放感のあるオープンキッチンからは、丁寧に作りあげた甘味とドリンク各種が提供される。

広く親しまれている抹茶を使った、フォトジェニックなメニュー

複数のメディアで取り上げられた「MACCHA HOUSE 抹茶館(京都・河原町)」の升入り『宇治抹茶ティラミス』の他に、「宇治抹茶白玉」は店内で一つ一つ手作りするもちもち食感の白玉と、こし餡と京都「森半」の抹茶を混ぜて作られた色鮮やかな抹茶餡・自家製の白蜜入り氷の美味しさを一層引き立て、食べ進むにつれ味わいの変化を楽しめる。
宇治抹茶ティラミスの「トロトロ」感、宇治抹茶白玉の「存在感ある白玉」は写真映えすること間違いなし。さらに、テイクアウト専用で森半の抹茶「共の森」を使用したオリジナル抹茶ドリンクもあり、やなぎ茶屋オリジナルペットボトルで浅草散策のお供にピッタリ。

※『森半』とは…
天保7年(1836年)に京都宇治・小倉にて創業された老舗の茶商である。長い歴史の中で培われてきた、品質へのこだわりと茶文化の継承を大切にし、創業以来、日本のよき伝統を守り続けている。茶師により厳選された良質の茶葉、積極的な新技術の導入など、常に高い品質の日本茶づくりに専念している。

甘味メニュー

宇治抹茶ティラミス 600円
宇治抹茶白玉    790円
宇治抹茶白玉ソフト 990円

宇治抹茶ティラミス
宇治抹茶ティラミス

※京都の老舗『森半』の抹茶を使用
※価格は全て税抜き

ドリンクメニュー

抹茶(温・冷)        450円
抹茶ラテ(温・冷)      550円
抹茶チョコレートラテ(温・冷)650円
抹茶あずき白玉ラテ(温・冷) 700円
抹茶黒蜜フロート       700円
抹茶あずき白玉フロート    750円

抹茶チョコレートラテ
抹茶チョコレートラテ

※京都の老舗『森半』の抹茶を使用
※価格は全て税抜き

テイクアウトメニュー

宇治抹茶白玉  500円
無糖アイス抹茶 450円
加糖アイス抹茶 450円
濃厚抹茶ソフトクリーム      500円
抹茶あずき白玉ソフトクリーム   600円
抹茶きなこわらび餅ソフトクリーム 600円

宇治抹茶白玉(テイクアウト)
宇治抹茶白玉(テイクアウト)

※京都の老舗『森半』の抹茶を使用
※価格は全て税抜き

ホリデー編集部

ホリデー編集部からのコメント

イートインもテイクアウトも大満足なラインナップ。海外からのお友達にも是非紹介したいお店ですね♪

開催場所

イベント情報

やなぎ茶屋 浅草 新仲見世通り オープン

営業期間

2018年7月6日(金) 〜
※定休日:なし

営業時間

10:00〜18:00(ラストオーダー 17:00)

問い合わせ先

TEL・FAX:03-5830-8317/03-5830-8318

写真一覧