冬の体感型インタラクティブアート「雪とクラゲ」開催!すみだ水族館万華鏡トンネルで今までにない観賞体験

2019年11月16日(土) 〜 2020年2月27日(木)

ポイント!
  • 都会の夜景や雪景色の映像と水槽のクラゲとの幻想的な共演
  • あらゆる面をタッチ!「Smart Touch System」導入
  • 照明やアロマ、音楽の演出で海を漂っているかのような体験!

「雪とクラゲ」
「雪とクラゲ」

株式会社ワントゥーテン(本社:京都市、代表取締役社長:澤邊芳明、以下1→10)は、11月16日よりすみだ水族館内、万華鏡トンネルにて開催している新展示「雪とクラゲ」の企画・制作を担当した。

「雪とクラゲ」 イメージ
「雪とクラゲ」 イメージ

1→10は、2016年に京都水族館で「雪とくらげ」「桜といわし」、2019年にはすみだ水族館で、「桜とクラゲ」、「雪とクラゲ」、「東京レトロ金魚」を演出し、水族館のいきものたちの魅力を伝えるためのサポートをした。

今季冬の展示「雪とクラゲ」では、約50メートルに渡って壁と天井が5,000枚の鏡で囲まれた万華鏡トンネル内にある、8個のクラゲ水槽や壁面および床に都会の雪景色が感じられる映像演出を施し、雪とクラゲが調和した幻想的な光景に没入することによる、今までにないクラゲの観賞体験を提供する。

「雪とクラゲ」 イメージ
「雪とクラゲ」 イメージ

本コンテンツは、1→10が開発した、あらゆる面をタッチ画面化することができるインタラクティブコンテンツシステム「Smart Touch System」を使用している。
「Smart Touch System」を導入することによって、映像が人の動きに合わせて変化するインタラクティブ演出を取り入れることが可能となり、降り積もった雪の上を実際に歩いたかのように足跡がついたり、水の上を歩くと足跡が波紋になって広がったりと、空間全体で季節や自然を感じながらクラゲ観賞を楽しめる。

「雪とクラゲ」 イメージ
「雪とクラゲ」 イメージ

そのほか、展示空間にはしなやかで柔らかい雪をイメージしたオリジナルアロマが香り、クラゲのゆったりとした拍動のリズムを楽曲のテンポに取り入れた雪景色の静けさをイメージした音楽が流れる(※1)。浮遊するクラゲと映像、照明、アロマ、音楽によって常に表情を変えるトンネル内で、クラゲと一緒にふわふわと雪景色の海を漂っているかのような没入体験ができる。

1→10は今後も、水族館をはじめとしたレジャー施設等でのさまざまな体験のアップデートを実施していく。

インタラクティブアート「雪とクラゲ」展示概要

【展示期間】開催中〜 2020年2月27日(木)
【展示場所】すみだ水族館 万華鏡トンネル
【企画・制作】株式会社ワントゥーテン(1→10)

「Smart Touch System」について

プロジェクターで投影可能なあらゆる面を、測域センサー(※2)を用いてインタラクティブコンテンツに変化させます。
特設サイト:https://www.1-10.com/drive/products/smarttouchsystem

※1 アロマはAir Aroma Japan株式会社、音楽は株式会社マスターマインドプロダクションによる演出である。
※2 測域センサー:空間の物理的な形状データーを出力することができる走査型の光波距離計。レーザースキャナーとも呼ばれる。

株式会社ワントゥーテンについて

最先端テクノロジーを軸にデジタル技術を駆使したプロタイプ開発や新サービスの開発、プロジェクションマッピング・AI/XRなどを活用した商業施設やイベントのデジタル演出などを行っている近未来クリエイティブ集団。
様々なクライアントビジネスで培ったマーケティング視点を武器に、アミューズメント施設や水族館等のエンターテインメント分野で利用者の体験をアップデートしている。
日本の伝統文化と先端テクノロジーの融合によるアート活動の「JAPANESQUE PROJECT(ジャパネスクプロジェクト)」、パラスポーツとテクノロジーを組み合わせた新しいスポーツエンタテインメントのCYBER SPORTSなど、多くの独自プロジェクトも進行。
株式会社ワントゥーテン:https://www.1-10.com

開催場所

イベント情報

インタラクティブアート「雪とクラゲ」

開催期間

開催中〜 2020年2月27日(木)

オフィシャルサイト

すみだ水族館 公式サイト:https://www.sumida-aquarium.com/

写真一覧