自由度の高い空間で飲食を楽しめる!シェアキッチンスペース「Kitchen Studio SUIBA」 オープン

2019年2月15日(金)から

ポイント!
  • 話題の商業店舗・飲食店を多数手がける建築家・長坂常氏が担当
  • プロから個人まで利用できる汎用性の高いキッチンと自由空間
  • 会社同僚との忘年会などの懇親会や仲間と楽しむパーティができる

シェアキッチンスペース「Kitchen Studio SUIBA(キッチンスタジオ スイバ)」を2019年2月15日(金)に開業

「Kitchen Studio SUIBA(キッチンスタジオ スイバ)」は、飲食パーティー利用、テストキッチン利用、ポップアップスペース利用等を想定したシェアキッチンスペースとして利用できる。企業や店舗が多く集積し多様な人々が行き交う場所で、世代性別を問わず自然とコミュニケーションが生まれる「食のコンテンツ」を通じ、日本橋・八重洲・京橋エリアの賑わいを創出する。

Kitchen Studio SUIBAの特徴

「Kitchen Studio SUIBA(キッチンスタジオ スイバ)」は京橋駅徒歩5分以内、東京駅八重洲口・日本橋駅徒歩10分以内と交通利便性の高い場所に位置する。建築設計および空間デザインは、話題の商業店舗・飲食店を多数手がける建築家・長坂常氏が担当。1階は全面ガラス張り・天井高約4.3mと開放感に溢れ、プロユースから個人利用まで対応可能な汎用性の高いキッチンとフリースペースを備える。また、2階はラウンジスペースとして様々なイベントに対応可能。なお、本施設の運営については、昨年11月に東京建物と資本・業務提携を行った、国内最大級のスペースの時間貸しと宿泊のプラットフォームを運営するスペースマーケットとも連携する。定期的に企画・開催する様々な「食」に関連するイベントを通じ、暮らす人、訪れる人、働く人が交わる賑わいの場の創出を目指す。

多様な利用がかなうシェアキッチンスペース

近年、プライベートな空間で自ら料理を作り楽しむスタイルや、様々な業種の人を招き交流を楽しむスタイルなど、飲食店を貸し切る形ではなく自由度の高い空間で飲食を楽しむパーティスタイルが広がっている。そうした時代の流れを捉え、「Kitchen Studio SUIBA(キッチンスタジオ スイバ)」では会社同僚との部会、歓送迎会、忘年会などの懇親会や仲間と楽しむプライベートパーティの利用を中心に想定している。
その他、飲食関係者によるメニュー開発、店舗展開を見据えたマーケティング調査を行うテストキッチン、期間限定で店舗展開を行うポップアップ利用など多様なシェアキッチンとしての利用を想定している。また、オフィス街立地であることから会議室、研修利用やワークショップなどの利用も想定している。

施設名称にこめた思い

施設名称「SUIBA(スイバ)」は、食を通じたキッチンスペースとしての「炊事場」、食によって人が集い賑わいながら食事と場所に「酔いしれる場」、本施設が所在する京橋エリアの地名の由来である「京橋」が江戸時代において幕府の公儀橋であったという歴史から江戸時代の価値観である「粋」を大切に考え、3つの「SUI(炊・酔・粋)」に関連づけた施設名称とした。

オープニングイベントの開催

食を通じたエリア活性を行っていくべく、開業を記念して2019年3月15日(金)に施設の内覧会とオープニングイベントを開催する。本施設では対決形式で食材、料理を楽しむイベントを定期開催していき、その第1弾として一層人気が過熱し、食業界でも注目度の高まる「カレー」を題材に、「SUIBA FOOD HUB EVENT “カレーvs”」と題したイベントとなる。
イベントは、日本のカレー文化を牽引してきたユニットチーム「東京カリ〜番長」と独創的なスパイスを提供し様々な場所でカレーを提供するあべゆきなによる「and CURRY」のカレー対決。
参加者にイベントやSNSを通じて投票してもらい、カレーを楽しめるイベントとなる。

開催場所

イベント情報

「Kitchen Studio SUIBA」 オープン

オープン日

2019年2月15日(金)

内覧会とオープニングイベント

2019年3月15日(金)

オフィシャルサイト

写真一覧