このイベントは終了しました。
銀座・築地・日本橋のイベント一覧はこちらからご確認ください。

「東京 アート アンティーク」開催!戦後から続く個性豊かなアート密集地の美術店・画廊が参加

2019年4月25日(木) 〜 2019年4月27日(土)

ポイント!
  • 京橋・日本橋を中心とした地域の美術店や画廊、約92軒が参加
  • 敷居が高いと思われがちな古美術店などでアートを身近に
  • 店主や作家と語り合い、アートと人の繋がりを感じてみよう

小さな古美術店や画廊が多く点在する京橋地区の骨董通り近く
小さな古美術店や画廊が多く点在する京橋地区の骨董通り近く

「東京 アート アンティーク 2019 ~日本橋・京橋美術まつり~」を2019年4月25日(木)から4月27日(土)の3日間開催する。

「東京 アート アンティーク」は、「日本橋・京橋美術骨董まつり」として1998年に始まり、年に1回から2回開催してきた。2010年に名称を「東京 アート アンティーク」と改めてから、今回で10年目を迎えることとなり、90軒余の美術店・画廊が参加する予定だ。

東京都中央区の日本橋・京橋エリアは、戦後から古美術・工芸・日本画・近代絵画・彫刻・版画など約150の専門店が多岐にわたり集積する、東京でも銀座に次ぐ個性豊かなアート密集地だ。

「東京 アート アンティーク」は、その地域性を活かし、敷居が高いと思われがちな古美術店や画廊へ広い層の方々に気兼ねなく来てもらい、アートを身近に触れてもらうことを目的としている。美術館と違い、ガラス越しに鑑賞するのではなく、実際に手に取り、触れて、店主や作家と語り合い、アートと人の繋がりを感じてることができる機会となる。

年々増え続けている来場者に楽しんでいただくため、トークイベントやチャリティ入札会を実施し、参加店の内50軒余が企画展を催す。また、2018年は動画配信、地域の企業の協力を得て、音声ガイドの導入や、インフォメーションブースの設置など、情報発信に力を入れた。2019年も引き続き、美術の街として情報の発信と美術品の楽しさを伝えていく。

開催場所

イベント情報

東京 アート アンティーク 2019 ~日本橋・京橋美術まつり~

開催期間

2019年4月25日(木) 〜 27日(土)
各店舗の営業時間に準ずる

主催者

東京 アート アンティーク 実行委員会

オフィシャルサイト

写真一覧