展覧会「横山大観展」開催!武雄市の陽光美術館に日本画創始者の作品が集結

2018年12月29日(土) 〜 2019年5月31日(金)

ポイント!
  • 日本画は明治維新後に西洋画の発展の中で生まれた概念
  • 横山大観は日本画を語るうえで欠かせない「朦朧体」の創始者
  • 朦朧体とは輪郭をぼかした画法のことで、色の濃淡で形を表す

横山大観展開催

日本画という概念は、明治維新後の西洋画の発展の中で生まれた。その日本画を語るうえで欠かせない朦朧体の創始者である「横山大観」。佐賀県観光連盟の会員である佐賀県武雄市の陽光美術館にて、横山大観の作品の数々が公開される。

また、新春1月1日 〜 3日には、横山大観が愛したお酒「酔心」を武雄焼のぐい呑みで楽しむイベントも開催される。
※なくなり次第終了。

開催場所

イベント情報

横山大観展

開催期間

2018年12月29日(土) 〜 2019年5月31日(金)
休館日/水曜日(年末年始、4月・5月は無休)

開催時間

9:00〜17:00(最終入館は16:30まで)

料金

一般600円、学生500円、中学生以下無料
庭園共通入場料:一般1,000円、学生800円
※15名以上の団体は100円引

問い合わせ先

公益財団法人 陽光美術館
TEL: 0954-20-1187

オフィシャルサイト

写真一覧