【西日本初進出】人気クレープ店「コムクレープ」が神戸元町にオープン

2018年11月27日(火)から

ポイント!
  • 富山で生まれた人気クレープ店「コムクレープ」の西日本第1号店
  • もちもちとサクッとした生地2枚使用した食べ歩き用ミルクレープ
  • 全国のデパ地下などで10時間行列は当り前だった幻のクレープ

クレープブリュレ
クレープブリュレ

富山で生まれた人気クレープ店『コムクレープ』が、西日本地域で第1号店となる店舗を神戸元町にオープン

食べ歩き用ミルクレープ「ミクレープ」がメニューに登場予定。もちもちのプレーン生地と歯ごたえがサクッとも感じるココア生地2枚を使用した、日本初の食べ歩き用ミルクレープ。

コムクレープの人気メニュー「クレープブリュレ」

本店と全国の有名百貨店でデパ地下スイーツとして販売されてきたコムクレープのクレープブリュレ。10時間行列は当り前だった幻のクレープで、コムクレープでは一番人気の日本初のメニューである。オリジナル製法でつくる特製のバニラカスタードを、信じられないぐらいもちもちのおいしいプレーン生地でロール。バーナーで表面をキャラメリーゼして食べる新食感。有名ホテルの料理長が認めたスイーツ付き宿泊プランや、百貨店のお中元にも採用されるほどのクオリティは、クレープ職人クレーピエが開発する本格スイーツの証だ。濃厚でいて食べやすく、ちょっとにが甘い独特の風味は、子供から大人まで大人気のメニューだ。

関西初出店のコムクレープ

全国で愛されてきた本物のクレープブリュレが関西でいつでも楽しめる。通常のクレープブリュレの他には、夏にぴったりの、クレープブリュレをまるごと凍らせてアイスで食べるクレープブリュレバニラや、お歳暮級のベーコンを使ったベーコンクーパーシリーズ、ドリンクをこえてもはやスイーツのタピオカーナシリーズなど、バラエティに富んだメニューを用意。

富山発祥のクレープ店『コムクレープ』略歴

2004年に富山市中心市街地に本店をオープン。

2005年に看板商品の「クレープブリュレ」が誕生し、百貨店催事出店などで全国に人気を広げていった。

2016年にはFC一号店を激戦区原宿にオープン、クレープブリュレを目当てに多くの人が行列を作り話題を集め、今や様々なメディアでも取り上げられるなど日本を代表するクレープリーとして知られている。

日本テレビスームイン!!スーパー全国うまいもの博では、北日本放送KNB推奨の富山代表スイーツとして、8年連続の出店。

富山を代表するスイーツとして、富山県「明日のとやまブランド」登録。

富山生まれのスイーツとして、伊勢丹三越、大丸松坂屋、渋谷ヒカリエなどで期間限定販売。

日本テレビのZIPやスッキリ、ヒルナンデス、嵐にしやがれ、シューイチ、TBSのビビットや王様のブランチ、フジテレビのめざましテレビなど、多数のメディアで紹介された。

コムクレープのおいしさの秘密

薄いパンケーキとしてオリジナルレシピで開発されたクレープ生地。

日本初の焦がしクレープで特製のバニラカスタードをキャラメリーゼした「クレープブリュレ」をはじめ、もちもちのプレーン生地とサクッとした歯ごたえのココア生地にホイップクリームを塗ってイチゴを挟み、2枚の生地を重ねて巻いた“食べ歩き用ミルクレープ”「イチゴミクレープ」、ココア味の生地とクリームチーズで作る「コムク」、3種類のチーズが贅沢な「チーズガレット」などを提供している。

また、百貨店の催事や通販サイトで展開されている「冷凍コムクレープ(アイス)」も販売。

冷凍テイクアウト用のオリジナル保冷バッグも用意していますのでお土産にも最適。

開催場所

イベント情報

コムクレープ 神戸元町店 オープン

開催時間

11:00〜19:00(無休)

問い合わせ先

078-392-0788

オフィシャルサイト

写真一覧