地域社会と大学が連携「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2018」開催

2018年9月1日(土) 〜 2018年9月24日(月)

ポイント!
  • 世界的な絵本作家である荒井良二氏が芸術監督に就任
  • 東北芸術工科大学が主催する珍しい芸術祭
  • 芸術祭のテーマは「山のような」

荒井良二「山のヨーナ」
荒井良二「山のヨーナ」

東北芸術工科大学では、2018年、荒井良二氏を芸術監督に迎え、2018年9月1日(土)から3度目となる「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2018」を開催する。
この度、展示作品・公演・イベントなどの開催プログラム、および参加アーティストが決定。山形ビエンナーレ2018公式ホームページにて、詳しく紹介するとともに、公式ポスターと公式パンフレットを各所にて配布する。

2018年テーマは「山のような」

メイン会場の「文翔館」※2014年出展、トラフ建築設計事務所「World Cup」
メイン会場の「文翔館」※2014年出展、トラフ建築設計事務所「World Cup」

2018年の開催テーマは「山のような」。東北の暮らしと地域文化への深い共感や鋭い洞察から、現在の山形を表す(=山のような)作品を提示すること。そして、この芸術祭の制作過程において、山形の過去・未来に光をあてる創造的なアイデアや協働をたくさん(=山のように)生み出していくことを目指す。郷土が生んだ世界的な絵本作家として知られる荒井良二芸術監督のもと、古くてあたらしい「みちの(お)く」を、ゲストアーティストと地域の人とともに、色彩ゆたかに物語っていく。

参加アーティスト/29名

ミロコマチコ 「からだうみ」2017年制作
ミロコマチコ 「からだうみ」2017年制作

荒井良二/akaoni/いしいしんじ/大原大次郎/川村亘平斎/空気公団/坂本大三郎/spoken words project/寺尾紗穂/トラフ建築設計事務所/ながさわたかひろ/ナカムラクニオ/野村誠/ミロコマチコ/茂木綾子/森岡書店/山フーズ/WOW inc./和合亮一/池永正二/ワタナベアニ/石巻工房/小島麻貴二/坂本弘道/前田エマ/沖潤子/橋本雅也/サカキトモコ/山形交響楽団(順不同/敬称略/個人、団体名、プロジェクト名などを含む/5月11日現在)

トークイベント登壇者/16名

茂木綾子「火の子」
茂木綾子「火の子」

中山ダイスケ/宮本武典/三瀬夏之介/宮本晶朗/皆川明/三谷龍二/福森伸/椹木野衣/黒瀬陽平/田中修二/大場詩野子/藤巻一臣/高橋伸一/鈴木伸夫/尾崎靖/黒木あるじ(順不同/敬称略)

「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2018」概要

「山形ビエンナーレ2018」公式ポスター
「山形ビエンナーレ2018」公式ポスター

「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」は、東北芸術工科大学が主催する、地域密着型の現代芸術祭。美術大学が主催することから、「これからの東北を担う文化的リーダーの育成」をミッションに掲げて、2014年に第1回展、2016年に第2回展を西蔵王の大学キャンパスと山形市中心市街地を結んで開催した。
 2018年に開催する第3回山形ビエンナーレは、荒井良二芸術監督のもと「山のような」をキーワードに、9月1日(土)から24日(月祝)までの金・土・日・祝日の13日間にわたり、国の重要文化財・文翔館をはじめ、市内各所の歴史的建造物やリノベーション物件、東北芸術工科大学キャンパスを主な会場に開催する。過去2回同様、アーティストと市民による共同制作プログラムを軸に、アートだけではなく、文学、ファッション、食、音楽など多彩な体験型アートプログラムを、地域社会と大学が連携して展開していく。

ホリデー編集部

ホリデー編集部からのコメント

今年で3回目の芸術祭!美大生が主催というのも注目ですね!今年はどんな風になっているのか楽しみです!

開催場所

イベント情報

「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2018」

開催期間

2018年9月1日(土) 〜 9月24日(月・祝)
※週末(金・土・日・祝日)のみ開催

開催時間

※開館時間・休館日などは施設による

主催者

東北芸術工科大学

オフィシャルサイト

写真一覧