• Holiday トップ
  • 【明大前カフェ×こだわりの〇〇】 マスターから聞くカフェ・喫茶店の楽しみ方

【明大前カフェ×こだわりの〇〇】 マスターから聞くカフェ・喫茶店の楽しみ方

【明大前カフェ×こだわりの〇〇】 マスターから聞くカフェ・喫茶店の楽しみ方のカバー画像

学生の街、「明大前」。この駅の周辺エリアには、そのイメージとは裏腹に、都会の喧騒から逃れ落ちつくことができるカフェ・喫茶店がたくさんあります。今回はその中でも特に個性的で魅力あふれる4店舗に実際に取材を行い、マスター直伝の楽しみ方と共に紹介します。最寄り駅や乗り換え駅として利用される方々はもちろん、遠方に住む方にもおすすめできるお店なので、ぜひ遊びに行ってみてください。

マップ

明大前周辺の手書きマップを掲載しました。お店の紹介順に番号を振ったので、ざっくりと位置関係をお確かめください。

明大前マップ
明大前マップ

【永福町】木花日和 × こだわりの古民家

最初に紹介するのは、築90年の古民家をリノベーションした喫茶店の木花日和(このはなびより)です。永福町駅北口から徒歩5分進んだ場所に、一見普通のお宅に見える古民家がひっそりと佇んでいます。閑静な住宅街にある喫茶店は知る人ぞ知る隠れ家のようです。

営業日は木曜・金曜・土曜の週3日で、ランチタイムは当日予約が必要なので来店される際はお気を付けください。ティータイムは先着順とのことだったので、営業開始時間の3時より10分程前に到着したのですが、すでに2組ほど待っていらっしゃる方が。一度に案内できる席数が限られているため、早めの来店がおすすめです。

お店の入り口
お店の入り口

木花日和の看板がお店の目印。正面の門を通って右側に見えるのがお店です。カフェのほかにも、アートギャラリーとして利用しているお部屋を併設されているようなので、展示期間中に訪れた際はぜひ立ち寄ってみてください。

「木花日和」の由来

お店の外観
お店の外観

こちらはお店の外観。開店と同時に女性のオーナーがお出迎えしてくれます。入口の石段で靴を脱ぎスリッパに履き替えると、まるでおばあちゃんの家に来たような、安心した気持ちになります。

「木花日和」という店名は、はお店の庭にある元々は富士山の麓にあった桜の木が春になると綺麗に咲き誇る様子から草花の溢れるお店にしたい、との思いで名付けられたとのお話でした。素敵な由来ですね。

こだわりのリノベーション

店内の様子
店内の様子

シンプルな外観とは打って変わり、内装は四季のドライフラワーやアンティーク調の小物で飾り付けられた落ち着きのあるお洒落な空間。お花や雑貨は全てオーナーの私物だそう。下の写真はリノベーション前の写真なのですが、同じ空間とは思えないほど、その変貌ぶりに驚きました。古き良き部分を活かし、どこか懐かしい雰囲気が心を癒します。

リノベーション前の様子(引用https://www.instagram.com/p/B0xKtdkAfSA/?igshid=m84t0x4k33zi)
リノベーション前の様子(引用https://www.instagram.com/p/B0xKtdkAfSA/?igshid=m84t0x4k33zi)

一番人気は「季節限定スイーツ」

季節限定プリン
季節限定プリン

メニュー選びに迷ったらまず注文して欲しいのが、お店の一番人気である「季節限定プリン」(800円)。通常メニューのプリンと別にある、期間限定日替わりのものです。

プリンの上には生クリームとさつま芋ムース、そのまた上に大きな輪切りのさつま芋が乗っています。固めプリンでありながら弾力性があり、ぷるぷる食感がたまりません。完熟したさつま芋の甘さとほろ苦いカラメルがマッチして絶妙なバランスで絶品です。紅葉の葉っぱがアクセントとなり、見た目からも秋を感じられますね。

この日はさつま芋クリームプリンでしたが、他には栗やカボチャを使用したプリンもあるそう。その日によって異なる秋の味覚を楽しめます。

スペルト小麦のタルト 柿とさつま芋
スペルト小麦のタルト 柿とさつま芋

もう一つ紹介したいのが「スペルト小麦のタルト 柿とさつま芋」(600円)

スペルト小麦とは、普段広く利用されているパン小麦の原種にあたる古代穀物で、人工的な品種改良がほとんど行われていないのだそう。小麦アレルギーの方が食べても症状が出にくく栄養価が高いことでも知られています。「たくさんの方にスイーツを楽しんでもらいたい」という思いからスペルト小麦を使用したタルトを作っているとのお話でした。

通常のどっしりとしたタルト生地と異なり、スペルト小麦のほのかな甘みが感じられるサクサクの生地が、柿とさつま芋の素材の甘さを活かします。生クリームも甘さは控えめで、スイーツが苦手な方でも楽しめる優しい味わいのタルトです。

カフェオレ
カフェオレ

スイーツと一緒に楽しみたいドリンクがこちらの「カフェオレ」(600円)。鎌倉から取り寄せているコーヒー豆を使用した深い味わいが特徴です。冬の寒い時期にほっとする暖かいカフェオレです。和を感じる器と受け皿の組み合わせが素敵です。

ロイヤルミルクティー
ロイヤルミルクティー

こちらは猫の顔が彫刻されているマグカップが可愛らしい「ロイヤルミルクティ―」(600円)。無農薬のケニア産の茶葉が使用されています。甘さはほんのりと香る程度で、こちらもタルト同様甘いものが苦手な方にもおすすめです。ミルクティーの上に少しシナモンが振ってありスパイシーな香りがアクセントになっています。プラス50円で生クリームも付けられます。最初はストレートで、後半は生クリームを足して二段階の味わいも楽しめます。

お家で楽しむ

コロナ禍では店内の席数を減らして案内されているそうで、来店したものの満席で入れなかった場合はテイクアウトしてお家で楽しむことができます。

2種類のタルト
2種類のタルト

入口のショーケースにあるのはスペルト小麦のタルト。先述の柿とさつま芋のタルトに紅玉のりんごタルトの二種類です。

コーヒー豆
コーヒー豆

また、店内で使用しているコーヒー豆を購入することもできます。取り寄せているのは、鎌倉にあるカフェ界のカリスマと呼ばれる、「ヴィヴィモンディモンシュ」の厳選されたコーヒー豆。マスターは数々のメディアに登場し、コーヒーマニアはもちろん音楽好きからも一目置かれる存在で、これまでにコーヒーや音楽に関する著書を多数発表しています。鎌倉で昔から愛される老舗コーヒー店の味をお家で再現できるなんて贅沢ですよね。「木花日和」の優しい味わいのスイーツと「ヴィヴィモンディモンシュ」のコーヒーで至福の時間を過ごしてみませんか?

メディアにも登場

俳優の小林薫さんが主演を務める「Netflix」で人気シリーズの「深夜食堂」。
深夜に営業する食堂「めしや」に集うワケありな人々が織りなす、様々な人間模様を描いています。木花日和はその深夜食堂に登場しています。美味しいごはんが魅力的な本作を鑑賞しながら、木花日和が登場している場面をチェックしてみてください。

お店のロゴが入ったオリジナルグッズ

オリジナルグッズ
オリジナルグッズ

レジの下の棚にはオリジナルグッズが複数販売されています。手前のかごに入っているのは、「木花日和マルシェバッグ」(2,500円)。可愛らしい店名のロゴがプリントされているお洒落な布製のバッグです。他にも、一番人気のプリンがイラストされたTシャツが。インパクトがあって個性的でかわいいですよね。プリン好きにはたまらない商品です。木花日和グッズで生活の一部もお洒落にしてみてはいかがでしょうか。

店舗情報

木花日和(このはなびより)

住所 東京都杉並区和泉3-17-1
営業時間 木曜~土曜
ランチタイム12:00〜14:30 (当日予約制〉
ティータイム15:30〜18:00
定休日 日曜~水曜

お問い合わせ

電話番号 03‐6265‐7346
HP https://conohanabiyori.jimdofree.com/
Instagram https://instagram.com/conohanabiyori_eifuku?igshid=1pkgx5psw9q10

木花日和

木花日和

東京都杉並区和泉3丁目17

5

【東松原】coffee & cake千寿 × こだわり素材のスイーツ

次に地域の方に愛される炭火焙煎珈琲とお菓子のお店「coffee & cake千寿」を紹介します。住宅街の一角にあり都会の喧騒から離れて、こだわりの珈琲とケーキを楽しみながらゆったりとした時間を過ごすことができます。筆者は下の写真にあるようなおしゃれな外観と、香ばしい珈琲の香りに釣られて思わず入店してしまいました。

こちらのカフェは、明大前の隣の東松原駅近くにあります。東松原へは明大前から京王井の頭線で一駅、徒歩でも15分ほどで行くことができます。

お店の外観
お店の外観

1996年にオープンし、創業25年と歴史があり、オーナーと奥さんの名前の頭文字を一つずつ取って「千寿」という名前にされたそうです。2016年には建て替えを行い、オシャレで落ち着きのある店内で薫りの高い珈琲と、食材にこだわり厳選したスイーツとパンを楽しむことができます。もちろん珈琲やスイーツのテイクアウト、持ち帰りも可能です。

お店の入り口
お店の入り口

店内
店内

千寿には地域の方が多く来店し、一度行ったらまた行きたくなる魅力があるカフェです。そんな千寿の人気の秘密である、各所に散りばめられた「こだわり」を詳しく紹介したいと思います。

薫り高い珈琲

千寿の珈琲
千寿の珈琲

千寿の珈琲は、神戸の老舗ブランド「萩原珈琲」の豆を使用しています。職人の技術によりその日の気温や温度を見極めながら数種類の炭を選び、直火式で焙煎した豆です。熱風式の焙煎とは一味違った滋味深い香りとおいしさを楽しむことができます。
また珈琲を提供するカップにもこだわっており、宮内庁や一流ホテル・レストランなどで使用されている高級陶器、「大倉陶園」で珈琲をいただけます。

厳選素材のスイーツ

スイーツ
スイーツ

こちらのカフェでいただけるスイーツは極力余計なものを入れずに、素材本来の味やおいしさを生かす引き算の考え方で作られているそうです。何よりも安心できる素材にこだわっており、素材の特長を生かしたケーキやプリンは素朴な味わいでありながらも手作りの温かさと素材本来の風味や美味しさを感じることができます。地元の方に愛される人気のスイーツで、平日の昼間でも多くのお客様が購入されていました。特にプリン・シュークリーム・イチゴのケーキが年間を通して人気だそうです。

こだわりの卵

鳳凰卵
鳳凰卵

スイーツやパンに使用されている卵は、ストレスのない環境でミネラル豊富な水と厳選した飼料で育った、健康な神奈川県産「鳳凰卵」を使用しています。白身が多く卵黄を守ることができるため、卵の鮮度を高く保つことができるのが特徴の卵です。オーナー自ら何種類もの卵で試作を繰り返し、お店のスイーツに一番合うものを厳選したそうです。契約養鶏農家から産みたてを仕入れているので、鮮度抜群です。店頭でもこだわりの卵を購入することもできます。
特にこの卵をふんだんに使用した「ふつうのプリン」では卵の本来の味を楽しむことができます。ほんのり甘いなめらかな口当たりのプリンと、ほろ苦いカラメルの相性が抜群です。

千寿のモンブラン

ふつうのプリン(389円+税)、千寿のモンブラン(556円+税)
ふつうのプリン(389円+税)、千寿のモンブラン(556円+税)

今回の訪問では、期間限定品ながらも一番人気であるモンブランをいただきました。今秋採れたての国産栗を毎朝蒸して濾した作りたてのクリームは、素材の甘さを楽しむために栗と少量のビート糖のみを使用して無添加にこだわって作られています。土台にはメレンゲ、その上に生クリーム、スポンジや砕いた栗、一番上に栗本来のおいしさを味わえるクリームがたっぷり乗っています。秋限定の商品にはなりますが、こだわり素材の味を生かした今までに食べたことのないような感動のモンブランをぜひ食べてみてください。

やさしい甘味の食パン

そしてもう一つこのカフェの人気商品が、食パンです。千寿の食パンは北海道産小麦3種類をブレンドし、北海道のビート糖 (甜菜糖)や徳島鳴門の塩、北海道の牛乳とバターを使った独自の配合により極微量のイーストで長時間発酵させ、仕込みから焼成までに3日間かけて香りと食感を特に意識して作られています。パンの「噛みごたえ」を大切に、比較的固めで食べ応えのある食感にこだわっているそうです。店内では、サンドイッチやトーストにした無添加でやさしい甘味のあるふわふわのパンを楽しめます。

土曜日限定OPEN テイクアウト専門「bread&cake 松原店」

松原店
松原店

美味しいケーキ
美味しいケーキ

また、毎週土曜日限定でケーキや焼き菓子、パンのテイクアウト専門店である「bread&cake 松原店」がOPENします。オーナーによると、5年前の店舗リニューアル時に仮店舗として構えていた場所を厨房として利用しテイクアウトを開始しました。特に先ほど紹介した食パンは、一日400斤作っていながらも開店から1〜2時間で売り切れてしまうそうです。売り切れ次第終了の人気商品なので前もって予約しておくのがおすすめです。

オーナーのこだわりが詰まった珈琲とスイーツ・パンを、おしゃれな店内でゆっくり楽しめるおすすめのカフェです。ぜひ訪れてみてください。

店舗情報

cofee&cake 羽根木本店
住所 世田谷区羽根木2-35-1
営業時間 11:00〜17:00
定休日 月曜・火曜(祝日の場合は営業)

千寿 羽根木本店

千寿 羽根木本店

東京都世田谷区羽根木2丁目35-1

世田谷東松原で20年間、こだわりの炭火焙煎珈琲とお菓子とパンのお店を営んでおります。北海道産の小麦、牛乳、バター、種子島産の粗糖、ビート糖、オーガニックチョコレートなど安心な素材にこだわったお菓子とパンを提供しております。 === 住所:東京都世田谷区羽根木2-35-1 電話:03-3322-1199 URL:http://cafe-senju.com 営業時間:11:00-19:00 定休日:月火

10

bread&cake 松原店
住所 世田谷区松原5-3-12
営業時間 12:00〜売り切れ次第終了
営業日 土曜日
※現在食パンの販売は不定期です。詳しくはHP等でご確認ください。

千寿 松原店

千寿 松原店

5丁目-3-12 松原 世田谷区 東京都 日本

1

問い合わせ

電話 03-3322-1199
HP http://cafe-senju.com/
Twitter https://twitter.com/senju1996?lang=ja
facebook https://www.facebook.com/%E5%8D%83%E5%AF%BF-127308534009953/
Instagram https://www.instagram.com/senju1996/

【明大前】珈琲専科 もん×こだわりの空間

次に明大前の「珈琲専科 もん」を紹介します。明大前駅から歩いてすぐのところに位置する大人の空間を楽しめる隠れ家のような喫茶店です。

もんの外観
もんの外観

創業15年目。店名の「もん」は家の「門」に由来しています。人は家から出て門を通ってどこかへ行き、門を通って家に帰ってきます。どこかへ行く前や家に帰る前に通いたくなるようなみんなの「門(もん)」でありたいというマスターの思いからこの店名になったそうです。木を多く使用した内装の落ち着いた店内でマスターこだわりの珈琲やスイーツを楽しむことができます。また一部商品はテイクアウトも可能です。

店内の様子
店内の様子

店内に飾られている絵はコーヒーが日本に伝来した当時のオランダのカフェの様子だそう。店名である「もん」という字が入ったこの絵画は特注とのこと。マスターのセレクトセンスが光ります。

こだわりのコーヒー

もんに行った際は是非とも味わっていただきたい「もんオリジナルブレンド」(600円)
もんに行った際は是非とも味わっていただきたい「もんオリジナルブレンド」(600円)

独自の配合と製法でブレンドされたマスター自信の一杯です。キューバ産の豆を2〜4割ブレンドしているそうで、現在政治や経済の状況などの理由から供給が不安定ですが、「それでもキューバ産の豆をブレンドし、店を代表するコーヒーでありたい」という言葉からもマスターのコーヒーに対する相当なこだわりが感じられます。

濃厚な味と芳醇な香りが広がる至福の一杯です。ブラックで半分ほど飲んだらミルクを入れてみるのもオススメです。また、ミルクにもマスターのこだわりが隠されています。
15%~30%の乳脂肪分のミルクを使用するのがスタンダードとされていますが、「もん」では45%の乳脂肪分のミルクを使用しているそうです。乳脂肪分の高いミルクを入れることでまろやかな味わいになり、ブラックで飲むのとは全く違った味わいを楽しむことができます。

 コーヒー通にぜひおすすめしたいのがマスター厳選の「アチェ タケンゴン」(750円)
コーヒー通にぜひおすすめしたいのがマスター厳選の「アチェ タケンゴン」(750円)

インドネシア産のアラビカ種を100%使用したこちらのコーヒーは深煎りのキレ味があり、果実の甘さを残したスパイシーな味わいを楽しむことができます。

素敵なカップの数々
素敵なカップの数々

ちなみにこのコーヒーをいただいた赤いマグカップはなんと5万円以上もするのだとか。お客様ひとりひとりのイメージに合ったマグカップで提供しているそうです。

冷たいアイスコーヒー
冷たいアイスコーヒー

『アイスコーヒー』(650円)もおすすめです。銅カップで提供されるアイスコーヒーは1時間以上経過してもほとんど氷が溶けないそうです。読書などを楽しみながらゆっくりコーヒーを飲みたい方には嬉しいですね。

布でこす様子
布でこす様子

今回は特別にアイスコーヒーを作る様子を見せていただきました!布でこしてから冷蔵庫で2〜 3日冷やすという昭和の作り方を取り入れています。このようにすることで一番旨みが出るそうです。

おすすめはコーヒー以外にも

コーヒーが苦手な方には紅茶がおすすめです。『アールグレイ』(770円)
コーヒーが苦手な方には紅茶がおすすめです。『アールグレイ』(770円)

今回は、下のフレーバーティーのメニューにあるアールグレイをいただきました。カップに注いだ瞬間、芳醇なベルガモットの香りが広がります。

紅茶のメニュー
紅茶のメニュー

マスター曰く、「通常メニューの紅茶はイギリス産を使用しているが、フレーバーティーの紅茶はフランスから取り寄せている」とのこと。その日の気分に合わせて、厳選した紅茶のラインナップをお楽しみください。

写真中央の大きな丸皿は『トースト(ジャム&バター)』(450円)
写真中央の大きな丸皿は『トースト(ジャム&バター)』(450円)

喫茶店といえば厚切りのトーストですよね!焼きたてのトーストは外はカリッと中はふんわりで、イチゴジャムとバターとの相性も抜群!かなり厚切りですがぺろりと食べきれてしまいました。

BGMにもこだわり

店内BGMにはジャズが流れていますが、これもマスターのこだわりです。喫茶店にはジャズは欠かせないそうで、「美味しいコーヒーと素晴らしい音楽を同時に楽しんでもらいたい」という思いがあるそうです。

マスターのお店に対する思い

マスターが提供したいのは「本当の大人の空間」だそうです。都会の喧騒から離れて、落ち着いた「本当の大人の空間」を楽しんでもらいたいという思いから学生が多い明大前にしてはあえて少々高めな値段設定にしているそう。もちろん、大人の空間を楽しみたいというマナーのある学生は大歓迎だそうです。

「もん」に行った際は大声での会話などは控えて、ぜひ「本当の大人の空間」で思い思いの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

店舗情報

珈琲専科 もん
住所 東京都世田谷区松原2丁目45‐11 2F
営業時間 11:00〜21:00
定休日 火曜日(祝日の場合は翌日)

珈琲専科 もん

珈琲専科 もん

東京都世田谷区松原2丁目45-11 2F

1

問い合わせ

電話 03‐3325‐5989
予約不可

【喫茶店×こだわりの豆】東亜コーヒーショップ松原店

お店の外観
お店の外観

東松原駅から徒歩1分、明大前駅からも歩いて15分ほどで行ける「東亜コーヒーショップ松原店」を紹介します。 一面にレンガが敷き詰められた特徴的な外装に目を奪われ、つい入店しました。入ってみるとコーヒー好きにはたまらないこだわりのお店でした。

店内の様子
店内の様子

「東亜コーヒーショップ松原店」はスペシャルティコーヒーの直接買付・焙煎・販売を行っているトーアコーヒーが直営している2店舗のコーヒーショップのうちの1店舗です。

素敵なカップ
素敵なカップ

店内には、おしゃれな雑貨やコーヒーカップが飾られています。落ち着いた雰囲気のお店なので、ゆっくりとコーヒーを楽しみたい人やビジネスで利用したい人におすすめです。

豆にこだわったスペシャルティコーヒー

スペシャルティコーヒー
スペシャルティコーヒー

東亜コーヒーショップをおすすめしたい1番の理由はコーヒーの味にあります。店長さんに美味しさの秘密を尋ねてみたところ、他店にはないコーヒー豆への並々ならぬこだわりを教えてくださいました。なんと東亜コーヒーショップでは「スペシャルティコーヒー」と呼ばれるランク以上の豆しか使用していないとのことです。ちなみに一般的な喫茶店では「コマーシャルコーヒー」と呼ばれるランクの豆を使用することが多いです。

「スペシャルティコーヒー」とは何か?

コーヒーのヒエラルキー
コーヒーのヒエラルキー

最高級の品質を誇る豆はカップオブエクセレンスと呼ばれます。国際審査員約24名により3日間目隠しテストを繰り返し、味覚・評価判定86点以上の評価を受けコーヒーがカップオブ・エクセレンスの名誉ある称号を授与されます。

美味しさの・国際審査基準

①爽やかさ②甘さ③酸味の繊細さ④口に含んだ量感・質感⑤風味の素晴らしさ⑥後味の印象度⑦風味のバランス⑧総合的評価

東亜コーヒーショップでは、このカップオブエクセレンスのランクのコーヒーも飲むことができます。カップオブエクセレンスは出荷されるコーヒー豆の上位5%未満とも言われていて、他のお店ではなかなか飲むことができないので、是非、実際に注文して味を確かめてみてください。

様々な国のコーヒーを楽しむ

東亜コーヒーショップでは、トーアコーヒーが直接買い付けた豆を使用することができるため、非常に多くの種類を楽しむことができます。ブラジル、コロンビア、ケ二ア、エチオピア、インドなど様々な国の豆を取り扱っているため何回来ても新しい発見があります。その中でも私が特にオススメするのは、ホンジュラスの「ロス・セドロス」という豆を使用したコーヒーです。この豆は2018年にカップオブ・エクセレンスを受賞しています。後味がすっきりしていて非常に美味しかったです。また、お店の一番人気のメニューはキングアーサーブレンドという豆だそうです。

コーヒー豆の販売

様々なコーヒー
様々なコーヒー

店内を入ってすぐの場所には様々な種類のコーヒー豆が販売されています。気に入った味の豆を購入することでお家でもお店の味を楽しむことができます。オンラインショップでも購入可能です。オンラインショップはこちら

店舗情報

東亜コーヒーショップ松原店
住所 東京都世田谷区松原5丁目3-17
営業時間 平日 8:30〜19:00 土日祝 9:00〜18:30

東亜コーヒーシヨツプ松原店

東亜コーヒーシヨツプ松原店

東京都世田谷区松原5丁目3-17

3

お問い合わせ

電話番号 03-5376-3642
HP http://www.toa-coffee.co.jp/
Instagram https://www.instagram.com/toa.coffee/

最後に

いかがでしたでしょうか?今回紹介した4店舗にはそれぞれのマスターの個性的で、魅力あふれるこだわりがたくさん詰まっていました。みなさんにも伝わっていると嬉しいです。

明大前には学生が多いにぎやかな街というイメージを持つ方が多いと思いますが、今回ご紹介したようなカフェ・喫茶店も多く存在します。学生の方や地域の方はもちろん、普段乗り換えで明大前を使うが降りたことはないという方も、都会の喧騒から逃れてゆったりとした時間を過ごすことができます。ぜひ訪れてみてください!

あわせて読みたい観光コラム

【次の休日どこいこう〜日本橋編〜】日本橋のパワースポット、七福神を巡る旅

日本橋には有名なパワースポット「日本橋七福神」があります。歩いて回るにはちょっと大変ですが、自転車だと半日で楽々回れるので、シェアサイクルを使って回ってみました。 ## 今回回ったコース [ac:spot:id:2356568] [ac:spot:id:55] [ac:spot:id:76718] [ac:spot:id:285270] [ac:spot:id:338095] [ac:spot:id:1315732] [ac:spot:id:285268] [ac:spot:id:285266] [ac:spot:id:76697] [ac:spot:id:285269] [ac:spot:id:2356568]
【次の休日どこいこう〜日本橋編〜】日本橋のパワースポット、七福神を巡る旅

【2021年最新】東京で注目のグランピング 11選

今話題の新しいキャンプスタイル「グランピング」。グラマラス(=魅力的な)とキャンピングを掛け合わせた造語で、テントを張ったり、キャンプ道具を持って行ったりすることなく、自然の中で気軽にアウトドアを楽しめます。今回は東京にあるグランピングスポットをたっぷりとご紹介。好みに合ったスポットを探してみてくださいね。
【2021年最新】東京で注目のグランピング 11選

【2021年最新】東京の御朱印 45選

神社や寺院において、参詣の証として授かる「御朱印」。参拝日や寺社名などが墨書きされたものが一般的ですが、近年は期間限定のものやアートなものも登場し、多くの人を魅了しています。また、御朱印集めに必要な「御朱印帳」は、ネットや本屋で気軽に手に入るほか、寺社オリジナルのものが用意されていることも多いため、ぜひ訪れる前にチェックしてみましょう。おすすめスポットを参考に、足を運んでみてくださいね!
【2021年最新】東京の御朱印 45選

【2021年最新】東京で注目のビアガーデン 30選

屋外の開放的な空間で料理とお酒を楽しめるビアガーデン。仕事帰りや女子会、家族でわいわいと飲むビールは最高ですね!最近は、ビールにとことんこだわったお店や天候を気にせず楽しめる屋内ビアガーデン、おしゃれな雰囲気のお店もどんどん増えてきています。そこで今回は、Holiday編集部がおすすめスポットを厳選。ぜひ自分のスタイルにあったお店を探してみてくださいね。
【2021年最新】東京で注目のビアガーデン 30選

【2021年最新】東京でクラフトビールを楽しめるお店

近年様々な種類のクラフトビールを楽しめるお店が増えてきました。日本の個性的なブルワリーだけでなく、世界中の美味しいビールを味わうこともできます。今回は東京にあるクラフトビール店をご紹介します。
【2021年最新】東京でクラフトビールを楽しめるお店

【2021年最新】東京で注目のパン屋 40選

新店舗が続々開店していく東京都内のパン屋。カレーパンやフルーツサンド、クリームパンなど、1種類にこだわったパン屋をはじめ、独自のこだわりを追求するお店が増えています。そんなこだわりを持った最新の店舗から時代に合わせて進化しつつ、昔ながらの味を守り続ける老舗店までを都心部のお店を中心にご紹介していきます。
【2021年最新】東京で注目のパン屋 40選

【2021年最新】東京で人気のハンバーガーショップ 30選

ボリューム満点でジューシーなお肉のガッツリ系から、ヴィーガンの方も食べられるヘルシーなハンバーガーまで都内には、個性豊かなハンバーガーショップが数多くあります。ここでは、オーソドックスなものやオリジナリティあふれる見た目と美味しさにこだわったハンバーガーのお店、そしてお酒も一緒に楽しめる大人の雰囲気のお店などをご紹介します。
【2021年最新】東京で人気のハンバーガーショップ 30選

【2021年最新】東京でおすすめのかき氷35選

王道のシロップがけをはじめ、季節限定の珍しいメニューなど、色々な味が楽しめるかき氷。暑い夏に食べるのはもちろん格別ですが、いまやいまや一年を通じて楽しめるオールシーズンのデザートです。今回はそんなバリエーション豊富なかき氷が食べられるスポットを35箇所ピックアップしてご紹介いたします!
【2021年最新】東京でおすすめのかき氷35選

【2021年最新】東京でおすすめのうなぎ店62選

都内には美味しいうなぎが食べられるお店がたくさんあります。今回は絶品うなぎ店を、ミシュランガイドに掲載された名店から長年愛され続けている老舗まで62箇所ピックアップしてみました!
【2021年最新】東京でおすすめのうなぎ店62選

【2021年最新】東京で注目の餃子が食べられるお店、完全網羅の67選!

東京では定番の焼き餃子から変わり種まで、色々な餃子を堪能できます。専門店が立ち並ぶほどの餃子激戦区もあります。今回は数多くある中でも特に人気の餃子が食べられるお店67選をご紹介します!
【2021年最新】東京で注目の餃子が食べられるお店、完全網羅の67選!

【2021年最新】東京でおすすめのプラネタリウム22選

プラネタリウムは、静かでリラックスした空間の中で、天井のスクリーンに映し出される美しい星空を見ながら星座や惑星について学べます。今回は都内に豊富にあるプラネタリウムを22箇所ご紹介します!
【2021年最新】東京でおすすめのプラネタリウム22選

【2021年最新】東京で注目のカレー店39選

子どもから大人まで大人気の「カレー」。都内には定番・欧風カレーはもちろんのこと、独特な香りがやみつきになるスパイスカレー、もちもちした食感が人気のナンカレーなど、個性派店舗が多く点在します。そこで今回は東京都内で人気を集めるお店を調査しました。ぜひお店選びの参考にしてください!
【2021年最新】東京で注目のカレー店39選

【2021年最新】東京で人気のカフェ51選

老舗からトレンドのお店まで、東京で今注目のカフェをピックアップしてご紹介します。ゆったりと過ごせるお店、スイーツが美味しいお店、インテリアが素敵なお店など、様々なカフェをお気に入りのエリアで探してみてください。
【2021年最新】東京で人気のカフェ51選

【東京観光】2020年12月はここをチェック!

12月は、紅葉狩りやスケートなど、おでかけにおすすめのスポットがたくさんあります。また、イルミネーションはとてもロマンチック。情報をチェックして楽しい思い出を作ってくださいね!
【東京観光】2020年12月はここをチェック!

【2021年最新】東京の映画館完全ガイド

スクリーンで大迫力の映像を楽しめる映画館。最近は、臨場感あるアトラクション型のところや、おしゃれでスタイリッシュな空間が特徴的なところなども増えています。今回は東京都内にある映画館をエリア別にまとめました。このコラムを参考にぜひ足を運んでみてくださいね!
【2021年最新】東京の映画館完全ガイド

【2021年最新】東京で注目の博物館完全ガイド

東京には個性豊かな博物館が揃っています。子供向けのスポットと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ユニークな展示会を開催しているところなど、子供だけでなく大人まで楽しく鑑賞できるスポットがたくさんあります。そこで、都内で人気がある博物館をHoliday編集部が調査しました。この機会にぜひ足を運んでみてくださいね!
【2021年最新】東京で注目の博物館完全ガイド

【2021年最新】東京で注目の美術館完全ガイド

東京には様々な特徴を持つ個性的な美術館がたくさんあります。そのなかでもおすすめの美術館をHoliday編集部が調査しました。普段から行き慣れている美術館好きはもちろんのこと、これまで美術館にあまり出向いたことがない方も、この記事を参考にして足を運んでみてくださいね!
【2021年最新】東京で注目の美術館完全ガイド

【2021年最新】東京で注目のパンケーキのお店21選

東京には美味しいパンケーキを食べられるお店がたくさんあります。その中でも行列必至の人気店をHoliday編集部が調査しました。今回はエリアに分けてご紹介します。
【2021年最新】東京で注目のパンケーキのお店21選

【東京観光】2020年9月はここをチェック!

酷暑が過ぎた9月は、気候も幾分過ごしやすくなり、おでかけにも最適。アクティブに味覚狩りをしたり、読書にじっくり浸るのもおすすめです。この時期に東京観光を計画するなら、ぜひプランの参考にしてみてください。
【東京観光】2020年9月はここをチェック!

【等々力渓谷】電車やバスでの行き方をご紹介!

等々力渓谷へのアクセス方法をHoliday編集部が現地に赴き、徹底的に調べました。
【等々力渓谷】電車やバスでの行き方をご紹介!

世田谷区観光ページをみる

東京観光ページをみる

ホリデー編集部
ホリデー編集部からのコメント

今回はHolidayと大学の授業のコラボレーションで学生さんたちがコラムを書いてくれました。彼らの校舎がある明大前駅のエリアは、たしかに「学生街」というイメージが強かったですが、今回の記事でこんなに素敵な喫茶店があるということに気付かせてくれました。彼らの地元のへの愛を感じていただけると嬉しいです。

最近見たスポット

目次
このページの最上部に戻る

ご利用のブラウザでは正しく画面が表示されない、もしくは一部の機能が使えない可能性がございます。以下の推奨環境でご利用ください。

推奨環境:Google Chrome 最新版、Safari 最新版