高尾山に待望の宿泊施設が初オープン!ゲストハウス・カフェ&バー・シャワー&ロッカーなど充実の設備

2019年11月1日(金)から

ポイント!
  • 楽しむ幅が大きく広がる!「Mt.TAKAO BASE CAMP」
  • 休憩の他、企業研修、サークル・ゼミの合宿など、様々な用途に!
  • ガイドツアーや登山講習会などアウトドアコンテンツも用意

Mt.TAKAO BASE CAMPはインターナショナルな登山者コミュニティづくりに特化している
Mt.TAKAO BASE CAMPはインターナショナルな登山者コミュニティづくりに特化している

2019年11月1日(金)、高尾山の麓に初の宿泊施設であるMt.TAKAO BASE CAMP(高尾山ベースキャンプ:以下MTBC)がオープンした。京王線高尾山口駅から徒歩3分という好立地であり、これまで日帰りでの観光登山として親しまれてきた高尾山、このMTBCの誕生によって、より高尾山域を深く楽しみたい登山者やトレイルランナーの選択の幅が大きく広がるようになる。

宿泊者だけでなく一般利用も可能なカフェ&バー
宿泊者だけでなく一般利用も可能なカフェ&バー

施設の1階には、宿泊者だけでなく一般利用も可能なカフェ&バーや、ロッカー&シャワーを併設。また、誰でも自由に入れるコンコースは、グループの集合場所としてや身支度にも利用でき、山に関する情報掲示もしている。カフェ&バーはガイドさんによる机上講習など、山に関するイベント企画者のためにスペースを柔軟に提供し、大型液晶モニターやホワイトボードなども用意されている(要予約)。

カレーやハンバーグプレートなどの他、エスプレッソやラテなどこだわりのコーヒー、スイーツも豊富。クラフトビールを含む複数の生ビールなどアルコールも充実している。
カレーやハンバーグプレートなどの他、エスプレッソやラテなどこだわりのコーヒー、スイーツも豊富。クラフトビールを含む複数の生ビールなどアルコールも充実している。

【利用時間】
カフェ&バー/11:00〜22:00
ロッカー&シャワー/6:30〜21:00
コンコース/6:00〜22:00
スペースレンタル/8:30〜11:00 ※それ以外の時間は要相談

川沿いの広いデッキテラスからは山を見渡せる。
川沿いの広いデッキテラスからは山を見渡せる。

1階コンコースは誰でも自由に出入りでき、集合場所や休憩にも使える。
1階コンコースは誰でも自由に出入りでき、集合場所や休憩にも使える。

日帰り利用もできるシャワールーム。トレイルランナーには嬉しいロッカーや洗面化粧台も併設している。
日帰り利用もできるシャワールーム。トレイルランナーには嬉しいロッカーや洗面化粧台も併設している。

ガイドさんによる出発前の机上講習の様子。カフェ営業前は無料で利用できる。※要予約
ガイドさんによる出発前の机上講習の様子。カフェ営業前は無料で利用できる。※要予約

4人ドミトリールームは貸切も可能。オリジナルベッドはプライバシーに配慮している
4人ドミトリールームは貸切も可能。オリジナルベッドはプライバシーに配慮している

10人ドミトリールームの様子。男女は可能な限りゾーン分けに配慮している
10人ドミトリールームの様子。男女は可能な限りゾーン分けに配慮している

2階は登山者用のゲストハウス(チェックイン/15:00〜22:00、チェックアウト/9:30まで)となっており、木製オリジナルバンクベッドのドミトリー形式を主体に、水まわり付きのファミリールームも備えている。従来の山小屋とは異なり、プライバシーに配慮したバンクベッドは幅1メートル以上とスペースも十分で、各ベッドには読書灯やコンセント(USBポート含む)、セキュリティボックスと設備も豊富。専用カーテンにより、プライベートスペースとしてはとても充実している。

ファミリールームは専用シャワー・洗面・トイレ付きでスペースも広く家族利用には十分
ファミリールームは専用シャワー・洗面・トイレ付きでスペースも広く家族利用には十分

2階コンコースには共用冷蔵庫などの家電類を設置。飲食物の持ち込みも可能
2階コンコースには共用冷蔵庫などの家電類を設置。飲食物の持ち込みも可能

【ゲストハウス宿泊概要】

  • ドミトリールーム/3,500円(税別)〜(1人1泊)
  • 4人ドミトリー貸切/16,000円(税別)〜(1室料金)
  • ファミリールーム/18,000円(税別)〜(1室料金)

朝食/600円(税別)(事前予約決済の場合は500円(税別))
予約はホームページから
https://takaobc.com

高尾山をより楽しむベースとして

観光地として知られているが、高尾山域の奥行きはとても深く、様々なトレッキングが楽しめる
観光地として知られているが、高尾山域の奥行きはとても深く、様々なトレッキングが楽しめる

これまで高尾山周辺には、アウトドアを楽しむ人たちのためのベースとなる場や宿泊施設はなく、豊富な登山ルートや奥行きのある山域を十分に楽しむためのバックアップが少なかったが、このMTBCのオープンにより、前泊による早朝からのロングトレイルや、日没後のナイトハイク、連泊も含めた遠方からの登山計画、トレイルランナーには嬉しい日帰りシャワー&ロッカーなど、高尾山を楽しむ幅が大きく広がることになる。

また、ローカルガイドや登山学校、アウトドア用具店、アウトドアメーカー、ツアー会社、フィットネスクラブ、山関係アプリなど、多くの山業界関係者と連携を図っていくことで、ガイドツアーや登山講習会など様々なアウトドアコンテンツをつくっていき、高尾山という最も登山者を受け入れやすいフィールドを生かして、登山文化の裾野を広げていく拠点としての役割を担っていくことになる。

自然好きインバウンドの東京観光拠点として

高尾山には約1,600種の植物の種類が確認されており、これはイギリス全土で自生する種類とほぼ同数といわれている
高尾山には約1,600種の植物の種類が確認されており、これはイギリス全土で自生する種類とほぼ同数といわれている

高尾山は、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン三つ星にも選ばれ、豊かな自然の宝庫として世界的な知名度も高く、近年は外国人にも人気の観光スポットとなっているのは広く知られている。その理由のひとつとして、新宿から京王線終点の高尾山口駅まで約50分というアクセス性がありますが、単純に高尾山観光の宿泊場所としてだけでなく、自然好きインバウンドの新しい東京観光の滞在スタイルとしても考えられ、ますます高騰する都心の宿泊条件を避けて、高尾の豊富な自然の中に滞在しながら日帰りで都心観光を楽しむこともできる。

MTBCの様々な使い方

このように豊富な自然に囲まれているにも関わらず、都心からのアクセス性に優れる環境は、一般的な登山や観光だけでなく様々な用途に活用されることが考えれ、通勤混雑とは逆方向で行えるリモートワーク(カフェ利用)や企業内のチームワーク向上を目的とした社員研修、部活動やサークル活動の合宿、ゼミ合宿、新入生のオリエンテーション、子供の自然体験教育(林間学習)、動植物研究、自然ロケ、そのほか山コンの拠点や地域文化の情報発信など、多様な企画に対応していく。

またその際には山業界とのネットワークを生かし、要望に応じて登山・自然・動物など各ガイドや専門家の紹介なども可能で、外国人対応も想定している。

Mt.TAKAO BASE CAMPの概要

住所:東京都八王子市高尾町1799-3
電話番号:0426-73-7707
ホームページ:http://www.takaobc.com
運営会社:合同会社ViGOR
建築設計監理・プロデュース:株式会社RG DESIGN一級建築士事務所( http://www.rg-d.net
スポンサー:Mammut Sports Group Japan 株式会社
カフェ&バー:屋内40席、テラス席10席(喫煙可)
シャワー:5ブース
ロッカー:20個
ゲストハウス:34床(バンクベッド17台)
営業:年中無休

開催場所

イベント情報

Mt.TAKAO BASE CAMP

営業

年中無休

オフィシャルサイト

写真一覧