展示会『おっぱい展』開催!社会×女性×乳がんについてアートを通して考えよう

2019年1月6日(日) 〜 2019年1月31日(木)

ポイント!
  • 2017年に福岡で生まれたおっぱいがテーマの移動式展覧会
  • アートを通し女性や乳がんを考えるきっかけになるイベント
  • 1/12には乳がん×アートとビジネスがテーマのイベント開催

2019年1月6日(日) 〜 1月31日(木)まで、おっぱいをテーマにした展覧会 「おっぱい展:ART × STARTUP × OPPAI」がFukuoka Growth Next(旧大名小学校)1階スタートアップカフェにて開催される。

おっぱい展はSDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同しアートを通して「子どもたちのため」「女性のため」「社会のため」「乳がん啓蒙のため」など、自分だけではない周りの人たちや、社会のこと、他の国の人々のことをもっと考える「きっかけ」になるためのイベントとして2017年より企画・主催しされている。(SDGsの取組事例として外務省のHPに掲載されている。)

今回、福岡市スタートアップカフェで開催するイベントでは新しいアートビジネスの提案として実験的にアート作品にカウントセンサーシステムを取り付ける。それは今まで曖昧だった「アートの鑑賞」を数値にすることで、その作品が何人にどのくらいの時間鑑賞されているか(鑑賞時間 = 作品の1つの価値)を可視化する試みだ。

例えば、今までは権威ある大学の教授や批評家が認めた作品が「いい作品」として評価させる傾向にあり一般的に「アートの価値はわからない」「アートは難しい」と言われるものだったが、このカウントセンサーを取り付けることで実際にその作品の「見られた数値」「来場者の足を止めた数値」を1つの価値として誰もが目に見える形で知ることができる。

12日には「福岡市の乳がん」「アートとビジネス」をテーマにしたトークイベントが開催。
福岡市 健康増進課による講演「福岡市の乳がん検診の現状等について」や乳がん検診に関する質疑応答、アートとビジネスをテーマにしたトークイベント「アート思考が求められる今こそアートビジネスでスタートアップ」、サスティナブルな料理でのレセプションパーティーが開催される。

「おっぱい」の3つの背景

母が子へ与える母乳「おっぱい」・・・生命、生きること
エロスや心としての「おっぱい」・・・女性の象徴、ありのままの自分
女性の病気への不安「おっぱい」・・・乳がんの予防と早期発見

「おっぱい」にまつわる3つの背景を踏まえ、アートを通して世界中に課題を伝え、問題解決のきっかけとするための展覧会を世界各地で開催したいと考えられている。

イベント詳細

  • 18:00〜18:10

挨拶「おっぱい展の背景と目的」

  • 18:10〜18:30

講演「福岡市の乳がん検診の現状等について」福岡市 健康増進課

  • 18:30〜19:00

「アート思考が求められる今こそアートビジネスでスタートアップ」

レセプションパーティー

  • 19:10〜「サスティナブルな料理とおっぱいアートに囲まれながらアート鑑賞」

「おっぱい展」in Brooklyn, New York概要

日時

2019年3月15日(金) 〜 3月26日(火)

オープニングレセプション

1部 2019年3月15日(金) 18:00 〜
2部 2019年3月16日(土) 12:00 〜

会場

J-COLLABO(ニューヨーク / ブルックリン)

HP

https://www.j-collabo.org

主 催

おっぱい展実行委員会

協 力

田川市美術館・FAR WEST OF JAPAN ART

ART×SDGs 企業スポンサー募集中

おっぱい展はSDGsに賛同し、アートを通して優しい国際社会の実現に貢献するために協力できる企業や団体を募集している。3月のNYおっぱい展、今後の様々なアートプロジェクトを一過性のものではなく持続的に展開していくために協力できる、NYおっぱい展でプロモーションをしたい人など是非問い合わせてほしい。
詳しくはHPを要確認。

開催場所

イベント情報

おっぱい展:ART × STARTUP × OPPAI

開催期間

2019年1月6日(日) 〜 1月31日(木)
※1月12日(水)はイベント開催

料金

無料

問い合わせ先

TEL 090-2517-7299(クリハラ)

主催者

おっぱい展実行委員会

オフィシャルサイト

写真一覧