プラネタリウム鑑賞とヨガを組み合わせたユニークなウェルネスプログラム「Biwako Wellness」開催!

2019年1月13日(日) 〜 2019年2月24日(日)

ポイント!
  • ホテル併設施設でプラネタリウムとヨガを組み合わせたプログラム
  • プラネタリウム鑑賞後に椅子を使用して行う“チェアヨガ”を行う
  • プラネタリウム映像は世界各地の星空、風景美を楽しめる作品

琵琶湖マリオットホテルでは、2018年1月13日(土)、1月27日、2月10日、2月24日の4日間、各週末日曜日に「Biwako Wellness ~Weekend Planetarium YOGA~」が開催。

琵琶湖マリオットホテルでは、「Biwako Wellness」としてこれまでに、サイクリングやSUPヨガなど数々多くのアクティビティを行ってきた。今回は、ホテル併設の本格プラネタリウム『デジタルスタードーム ほたる』にて、プラネタリウム鑑賞とヨガを組み合わせたユニークなウェルネスプログラムが実施される。

本プログラムでは、世界の星空を旅するプラネタリウム番組(約25分)を鑑賞した後、そのままシートに座って行う“チェアヨガ”(約30分)を体験。その名の通り、椅子を使用して行う“チェアヨガ”は、日常生活の動作にも取り入れやすくリラックス効果を期待できるアクティビティとして注目を集めている。

ドーム全体に映し出された星空のもと、自分自身の体と対話しながらゆったりと体をほぐすウェルネスエクスペリエンスを、琵琶湖マリオットホテルで体験しよう。

プラネタリウム番組「星の旅 -世界編-」(約25分)    

映像クリエイターKAGAYAが3年の歳月をかけて撮影した世界各地の星空、風景美を楽しめる作品。旅は北半球からスタートし、南十字星や天の川、ウユニ塩湖の水鏡に映る満天の星などを巡る。圧倒されるほど力強く美しい世界各地の絶景と星空の世界に浸るひと時を楽しめる。

チェアヨガ(約30分)

チェアヨガとは椅子に座ってポーズを取る、初心者にも取り組みやすいヨガだ。椅子が体を支えてくれるので、体が安定しやすく、柔軟性や筋力に自信のない方でも安全にヨガの気持ちよいポージングを行える。椅子があれば実践できるため、日常生活で気軽にウェルネスを取り入れられると人気のアクティビティだ。
※ヨガウェアは不要、動きやすい服装で参加。

  • 講師:NATSUKO
    全米ヨガアライアンスRYT200取得。全日本サップヨガ協会認定インストラクター。滋賀県を中心に、琵琶湖で行うSUPヨガや湖畔ヨガなど土地の魅力を生かしたヨガを提案している。
  • 講師:MINAKO
    全米ヨガアライアンスRYT200取得。SUPヨガ発祥の地ハワイで第一人者であるshokoから直接指導を受け、2018年帰国。フリーヨガインストラクターとして活動の場を広げている。
  • 対 象 :10歳以上
  • 料 金 :一般客 2,700円 宿泊客 2,500円(税金別)
  • 場 所 :琵琶湖マリオットホテル内『デジタルスタードーム ほたる』

開催場所

イベント情報

Biwako Wellness ~Weekend Planetarium YOGA~

日 程

①2019年1月13日(日)
②2019年1月27日(日)
③2019年2月10日(日)
④2019年2月24日(日)

開催時間

12:00〜13:00

料金

  • 一般客 2,700円
  • 宿泊客 2,500円
    (税金別)

写真一覧