夜景×プロジェクションマッピングで体感できる「夜空のタイムトラベル」開催

2018年7月20日(金)から

ポイント!
  • 夜の観光スポットとしての魅力を県庁に生み出す
  • 明治維新150周年、様々な時代の佐賀をタイムトラベルする
  • 本プロジェクトは常設のイベントでテーマを変えて継続していく

ネイキッドは、佐賀県と共同で行っている、県庁を遊べるアート空間へとプロデュースする『アート県庁プロジェクト』の一環として、2018年7月20日(金)から、佐賀の過去から未来の旅をテーマに展望ホール(SAGA360)の常設演出を手がける。

ネイキッドは佐賀県と共同で2016年以降、第1弾「SAGA Night of Light」、第2弾「星空のすいぞくかん」など、佐賀の歴史や風物詩を取り入れたストーリーを夜景×プロジェクションマッピングで体感するイベントを開催し、県庁全体を遊べるアート空間へとプロデュースしてきた。夜の観光スポットとしての魅力を県庁に生み出し、今年度までで展望ホールの来場者数が11万人を超えるなど、佐賀の賑わい作りを行なっている。

明治維新150周年にあたる今年度は、150年前の佐賀から現在、さらに未来まで、様々な時代の佐賀をタイムトラベルするストーリーをテーマに展望ホール(SAGA360)全体を演出する。メインとなる佐賀の夜景が望める南側の窓面では、佐賀の県鳥・カチガラスに誘われ、現代から未来の佐賀へワープするプロジェクションマッピングのショーを楽しめる。ショーのなかでは筑後川昇開橋、海中鳥居、九年庵など、佐賀の歴史を語り継いできたシンボルも登場する。また、インタラクティブ演出を北側全面に拡大。未来の佐賀の景色が投影される窓面に手を触れると、建物が現れるなど、佐賀の未来を描くように自分の手で街並みを作ることができる。本プロジェクトは常設のイベントで、今後も季節ごとにテーマを変えた演出、地域の方が参加できるような企画を行なっていく予定だ。

ホリデー編集部

ホリデー編集部からのコメント

様々な時代の佐賀県がプロジェクションマッピングでどう表現されるか楽しみですね!

開催場所

イベント情報

アート県庁プロジェクト「夜空のタイムトラベル」佐賀県×ネイキッド

開催時間

4月〜9月  20:00〜22:00
10月〜3月 18:30〜22:00

問い合わせ先

佐賀県 文化・スポーツ交流局 観光課 0952-25-7386
※土日祝日は0952-24-2111

写真一覧