世界的名画《叫び》を始めムンク作品約100点が来日!「ムンク展―共鳴する魂の叫び」が東京都美術館で開催

2018年10月27日(土) 〜 2019年1月20日(日)

ポイント!
  • 世界中で有名な絵画《叫び》を描いたムンクのコレクションが上野にやってくる!
  • テンペラ・油彩画バージョンの《叫び》は初来日!
  • その他、故郷ノルウェーの自然を描いた美しい風景画なども展示。

《夏の夜、人魚》1893年 ©Munchmuseet
《夏の夜、人魚》1893年 ©Munchmuseet

世界で最もよく知られる名画の一つ《叫び》を描いた西洋近代絵画の巨匠、エドヴァルド・ムンク(1863-1944)。画家の故郷ノルウェーの首都にあるオスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に、約60点の油彩画に版画などを加えた約100点により構成された大回顧展が開催される。

テンペラ・油彩画バージョンの《叫び》は初来日

《叫び》1910年?©Munchmuseet
《叫び》1910年?©Munchmuseet

複数描かれた《叫び》のうち、ムンク美術館が所蔵するテンペラ・油彩画バージョンの《叫び》は今回が待望の初来日となる。愛や絶望、嫉妬、孤独など人間の内面が強烈なまでに表現された代表作の数々から、ノルウェーの自然を描いた美しい風景画、明るい色に彩られた晩年の作品に至るまで、約60年にわたるムンクの画業を振り返る。

ホリデー編集部

ホリデー編集部からのコメント

誰もが一度は教科書などで目にしたことがある歴史的名画を描く、ムンクの展覧会。アート好きを問わず皆様要チェックです!

開催場所

イベント情報

ムンク展―共鳴する魂の叫び

開催期間

2018年10月27日(土) 〜 2019年1月20日(日)

休室日:月曜日、12月25日(火)、1月15日(火)
※ただし、11月26日(月)、12月10日(月)、24日(月・休)、1月14日(月・祝)は開室
〔年末年始休館〕12月31日(月)、1月1日(火)

開催時間

9:30〜17:30
※金曜日、11月1日(木)、11月3日(土)は9:30〜20:00(入室は閉室の30分前まで)

問い合わせ先

03-5777-8600(ハローダイヤル)

オフィシャルサイト

写真一覧