オリーブ園内のこだわりの1杯を出すカフェ「山の上のロースタリ」岡山県にオープン!

2018年4月17日(火)から

ポイント!
  • オーリブ園内にオープンしたカフェ
  • 店内は照明を付けず、季節や時間、瀬戸内海の変わりゆく景色を体感できる
  • 「日本のエーゲ海」と言われる岡山県牛窓の美しい景色を見て、ゆっくり過ごせる

牛窓オリーブ園に2018年4月17日(火)、コーヒー専門カフェ「山の上のロースタリ」がオープンする。こだわりの1杯とともに、「日本のエーゲ海」とも称される牛窓の美しい景色を堪能することが出来る。

オーナーの木下尚之氏はコーヒー専門店「キノシタショウテン」の経営者でもある。瀬戸内市をはじめ、岡山市、備前市で4店のカフェを経営。もともとは地元の方に美味しいコーヒー豆をご自宅で飲んでいただきたいと自家焙煎の工房からスタートし、現在は岡山市内はじめ各所から出店依頼がある中でお互いの思いが共感し、農園内のカフェオープンの運びとなった。

この「山の上のロースタリ」は、店内にあえて照明をつけず、季節や時間、天候や潮の満ち引きが織り成す瀬戸内海の自然の表情そのままを体感することが出来る。また、コーヒー豆の種類・産地をオーナー自ら厳選するのみならず、店内で焙煎をしており、お客様にはドリップだけでなくフレンチプレス、エアロプレスやエスプレッソなど好みで淹れ方をカスタマイズいただけ、コーヒー本来の味を味わえる。

オーナーとキノシタショウテンについて

オーナー木下尚之氏 プロフィール

高校卒業後、イギリス留学を経てコーヒー生豆事業を展開する商社に入社。カフェ店長として働く。2010年、地元岡山でコーヒー専門店「キノシタショウテン」をオープン。その後、「THE COFFEE BAR」「THE COFFEE HOUSE」もオープンさせ、岡山のコーヒー文化を豊かにしている。

「キノシタショウテン」とは

自家焙煎のコーヒが人気のカフェ。コンセプトは「ふつうのことをふつうに、あたりまえのことをあたりまえに」。
2010年6月に瀬戸内市邑久町に焙煎工房にカフェを併設する形で一号店をオープン以来、岡山市や備前市で計4店舗を展開している。店内では買い付けたコーヒー豆を焙煎し、販売を行うほかエスプレッソマシンや、コーヒー豆を挽くミル、コーヒーを抽出するドリッパー等、コーヒーに関わる機器の販売も手掛けている。

ホリデー編集部

ホリデー編集部からのコメント

太陽の光、潮騒、瀬戸内海の景色と五感を研ぎ澄ました環境で飲むコーヒーはまた格別な味がしそうですね!

開催場所

イベント情報

山の上のロースタリ オープン

オープン日

2018年4月17日(火)

営業時間

10:00〜17:00

オフィシャルサイト

写真一覧