【日本初上陸!】パリの人気ブーランジェリー「リベルテ」海外初出店が3/24吉祥寺にオープン!

2018年3月24日(土)から

ポイント!
  • パリで大人気のブーランジェリー海外1号店目が吉祥寺にオープン!
  • リベルテ初のイートインスペース併設
  • 日本限定のオリジナルメニューにも注目

2018年3月24日(土)フランス・パリにある「リベルテ・ラ・パティスリー・ブーランジェリー(LIBERTÉ LA PÂTISSERIE BOULANGERIE)」(以下リベルテ)の世界展開1号店を、東京都・吉祥寺にオープンする。

2013年、パリ10区にオープンしたリベルテは、どこか懐かしさを感じさせる素朴な見た目とシンプルで飽きのこない優しい味として、パリの人々を魅了している。伝統的な製造方法を守りながらも、若手も含め職人同士が互いの意見を尊重し、お菓子作りの繊細さを軸にした丁寧なものづくりを心がけている。お客様に毎日食べて欲しいという想いから生み出されるスイーツやパンは、店内にある工房で作った安全でフレッシュなもののみを提供している。

記念すべき海外初出店は吉祥寺に

海外1号店となる東京店は、吉祥寺にオープン。古くからの住宅街が残り、老舗の飲食店や百貨店があるかと思えば、おしゃれなカフェやブティックも建ち並ぶ多様な魅力を有する街は、常に「住みたい街」のトップランクに入る人気エリアだ。その吉祥寺でリベルテが目指すのは、「100年前からそこにあるかのような、親近感のある店」。創設者であるミカエルは「パリ同様、日本でも地域に愛され、吉祥寺の人たちの生活に根ざした店にしたい」と言い、東京店ではリベルテとしては初めてのカフェスペースを設け、ここでしか食べられないオリジナルメニューを食べることができる。パリ本店と同様、「透明性」「親近感」「品質」を大切に、日常生活をよりおいしく彩るパンとスイーツを提供していく。

リベルテの魅力

パリの本店は全面ガラス張りで、ショーケースはもちろん、スイーツパンやパンスイーツを作っているアトリエ工房もオープンになっていて、若手職人たちが生き生きと働き、チームワーク良く仕事に取り組む様子が来た人にも伝わるようになっている。店舗は、老若男女を問わず、いつもスイーツパンやパンスイーツを求める人でにぎわっていて、町の人々から愛されている様子がうかがえる。商品は、どれも伝統的なパティスリーやブーランジェリーのレシピを守りつつ、現代のライフスタイルに合わせてたテイストで送り出されるもので、とりわけ、リベルテの看板商品である「タルトシトロン」や「タルトタタン」といったトラディショナルなスイーツメニューは、懐かしさと新しさを兼ね備え、シンプルで素朴でありながら何度でも食べたくなる味として人気となっている。また、自家製天然酵母から作られるパンの数々は、味わい深く、日々の食事には欠かせない。人々の日常生活に溶け込み、人々の生活に寄り添うパティスリー・ブーランジェリー、それがリベルテだ。

ホリデー編集部

ホリデー編集部からのコメント

日本初上陸に吉祥寺って珍しい!
友達を誘ってカフェスペースで限定のスイーツを食べたいな♪

開催場所

イベント情報

リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー オープン

オープン日

2018年3月24日(土)

オフィシャルサイト

写真一覧