×
1泊2日で行く!弾丸北海道旅行✈️

1泊2日で行く!弾丸北海道旅行✈️

北海道
  • デート

  • 子供

  • 一人旅

  • ドライブ

  • ウォーキング

  • 自然

  • 散策

  • アウトドア

  • 歴史

  • グルメ

  • 小旅行

  • 28.522 px clover user date child solitary pet drive walking cycling nature stroll art camp history castle temple cafe gourmet onsen outdoor worldheritage public bath shopping generalstore railroad train comic mountain sports fishing bbq fashion tradition music baby camera amusementpark aquarium sea ball baer bell flower earth teruteru maple bento squirrel tokyo kanagawa osaka kyoto hyogo pin tel time url guide hot type star camera home settings profile print rank mail lock calendar access

    観光

1泊2日で行く!弾丸北海道旅行✈️

飛行機で弾丸旅行するなら、どこに行きたいですか✈️? 仙台から札幌まで片道約1時間10分🕓 羽田からは片道1時間35〜40分なので、首都圏から行くのも良いでしょう! 北海道といえばなんとなく遠いイメージがありますが、1泊2日あれば結構色々なスポットに行けてしまうものです🌿 LCCを含め航空券が安い時期を狙って弾丸旅行してみるのもありだと思います🙋‍♀️ ✈️フライト 1日目 仙台7:35AM → 札幌 8:50AM 2日目 札幌7:20PM→仙台 8:30PM 🚘現地での移動手段 レンタカー 🍜グルメ 新鮮で美味しい海鮮丼 ご当地アイス 👀訪れる観光地 小樽・積丹半島・ニセコ 🏠宿泊先 ニセコエリア

このプランの行程

新千歳空港

image

1時間6分

小樽運河

image

滞在時間の目安 :1〜2時間

1時間24分

神仙沼

image

滞在時間の目安 :1時間〜1時間半

12分

ニセコ大湯沼

image

滞在時間の目安 :30分

14分

ニセコスキーロッジ - 東山

image

2日目

ニセコスキーロッジ - 東山

image

1時間37分

神威岬

image

滞在時間の目安 :1時間

14分

漁師直営食堂 中村屋

image

週末や長期休暇は混雑する可能性あり

5分

島武意海岸

image

滞在時間の目安 :30分

2時間13分

新千歳空港

image

このプランのスポット一覧

  • 午前8時50分、新千歳空港に到着✈️ なんだかんだターミナル内での移動とレンタカーを借りる手続きなどで1時間以上かかり、午前10時過ぎの出発🚘

    • ご当地アイス「とうきびモナカ」を発見👀

      ご当地アイス「とうきびモナカ」を発見👀

      途中に立ち寄ったサービスエリアで、とうきびモナカ🌽を見つけたので購入してみました。 テレビや雑誌などでも紹介されているらしく、結構有名なのだとか。 一緒に居た友人たちが盛り上がっていたので、便乗しました😂肝心なお味はというと、結構ミルキーで美味しかったです。 とうもろこしはそこまで主張しないのですが、後味は完全にとうもろこしでした🌽さすが北海道という商品ですね。

  • まず始めに訪れるのは、新千歳空港から車で約1時間ほどの場所にある小樽運河です。 ここは、かつて金融や経済の中心地として栄え「北のウォール街」という愛称で親しまれた街です。 運河沿いには歴史的な建造物が数多く立ち並び、様々な見どころがあります。

    • スポット内のおすすめ

      スポット内のおすすめ

      実は、前に訪れたことがあるので、今回は気分転換を兼ねて少し歩くだけにしました🚶‍♀️以前訪れたのは冬の時期だったので雰囲気が全く違って感じました🥰 夏もまた、冬とは異なる趣があって良いものですね。 弾丸旅行は忙しいけど、時間を有意義に活用することで得られる充実感が堪らないです🥺 これなら仕事などの都合であまり長く休めないという方でも、気軽に旅行できますね🤩

  • 1日目は北海道でも有数の知名度を誇るスキーリゾート「ニセコ」に滞在しました。 ニセコといえば冬のイメージが強いかもしれませんが、高原に位置しているため、夏は避暑地としても非常に人気があるエリアなんですよ。 チェックインまで時間があったので、途中にある「神仙沼」に立ち寄りました。

    • レストハウス

      レストハウス

      駐車場はニセコパノラマライン(北海道道66号線)にあります。 道沿いにはご覧のようなレストハウスがあるので、この建物を目印にすると分かりやすいと思います。 駐車場の利用料金は無料でした。 お手洗いも利用できるので、自然散策を始める前に立ち寄っておくと良いでしょう。

    • 可愛い高原植物を発見

      可愛い高原植物を発見

      神仙沼は、海抜約750mの高原に位置しています。 一帯には季節に応じて様々な高原植物が咲き乱れ、訪れる度に異なる風景が楽しめるのも嬉しいポイント。

    • 秋には一面が紅葉して、幻想的な風景が楽しめるそう

      秋には一面が紅葉して、幻想的な風景が楽しめるそう

      ご覧の通り、足元はしっかりと整備されているので非常に歩きやすいです。 この辺りは湿地帯なので春から夏にかけては鮮やかな緑、そして秋頃には一面が紅葉し幻想的な姿が楽しめるそうです。

    • スポット内のおすすめ

      スポット内のおすすめ

  • 神仙沼から車で10分程の場所には、ニセコ湯本温泉があります。 「湯本」と呼ばれるだけあって、辺りには温泉が湧き出る沼や間欠線など大地のエネルギーを感じさせるスポットがいくつかあります。 ニセコ大湯沼はニセコパノラマライン沿いに位置する「湯本温泉野営場」から歩いて5分程の場所にあります。 神仙沼と同様に道沿いには無料で利用できる駐車場があるので、レンタカーで訪れる際はそちらをご利用ください🚘 沼の水の温度は約120度! 沼底からは二酸化硫黄を含むガスが噴出しているので、周辺はとても硫黄臭いです。 風下に行くと服に臭いが移る可能性があるので気を付けてくださいね!

  • ニセコで宿泊したのは、こちらの可愛いロッジ🌲 ログハウス調でスイスのチロル地方などにありそうな外観です🇨🇭 ニセコはスキーリゾートなので、夏はオフシーズンにあたります。そのため、宿泊費も比較的リーズナブル。 今回は、1泊8,000円で宿泊しました。 3名だったので、1人あたり3,000円以内でした!!

    • 海外リゾート感満載のニセコ

      海外リゾート感満載のニセコ

      オーナー夫妻も日本人女性とオーストラリア人男性で、とてもフレンドリーで優しい方々でした。 アットホームな雰囲気の宿が好きな方には、非常におすすめです。

    • 追加料金を払えば素敵な朝食もいただけます🍳

      追加料金を払えば素敵な朝食もいただけます🍳

      朝食のクオリティーが高くてビックリ!自家製のパンが最高に美味しかったです🥪 朝から焼き立てのパンが食べられると幸せな気持ちになりますよね💓

    • 手作りスムージー

      手作りスムージー

      飲み物は、手作りのブルーベリースムージーを注文しました。素敵すぎる〜🥺

    • カットフルーツとヨーグルト

      カットフルーツとヨーグルト

      カットフルーツとヨーグルトまで出していただきました。 本当に何から何まで至れり尽くせりで、久々に心温まるホスピタリティーを体感しました。 冬も泊まってみたいです!スキー場からとても近いので、かなり便利な立地だと思います。 ちなみに最寄りのコンビニは車で5〜8分くらい🚗必要なものは予め購入してから向かうと面倒が省けます。

  • 2日目は積丹半島へ🚘 ニセコからは大体車で2時間ほどなのですが、途中は再びパノラマラインを経由して海の方へ抜けるので、景色を楽しみながらゆっくりと向かいましょう。 午前9時頃に出発すると、時間に余裕を持って観光を楽しめます。 実は、岩内町にある「鳴神の滝」に寄りたかったのですが、道が分かりにくく山の中に迷い込んでレンタカーがラリーカー並みに汚れてしまいました。 ネットで検索すると「あ!素敵な滝!」と思うのですが、アクセスが謎な分時間を無駄にする可能性があるので、行かない方が良いかもしれません。 もし、どうしてもという場合は事前にアクセス方法をしっかりと調べた上で行くのが良いでしょう

    • 神威岬(かむいみさき)

      神威岬(かむいみさき)

      積丹半島の最先端に位置する自然豊かなスポット。 「神威(かむい)」とはアイヌ語で「神様」を意味するそうです。

    • 滞在時間の目安は約1時間

      滞在時間の目安は約1時間

      海がとても綺麗な場所で、よく晴れた日は「積丹ブルー」と呼ばれる美しい色をした海を望むことができます。 駐車場から片道約20〜25分歩く必要があります。 また、途中に階段を上り降りするする箇所があるので、なるべく歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

    • スポット内のおすすめ

      スポット内のおすすめ

    • スポット内のおすすめ

      スポット内のおすすめ

    • スポット内のおすすめ

      スポット内のおすすめ

    • スポット内のおすすめ

      スポット内のおすすめ

    • 感動の積丹ブルー!

      感動の積丹ブルー!

  • アプリで地図を見る
  • お昼時でお腹が空いたので人気の飲食店で海鮮丼を食べることに🐟 積丹半島には海鮮系のお店がいくつもあるのですが、中でも中村屋は非常に人気があるそうです。 ということで、こちらのお店で決まり‼️ 私はお刺身が苦手なので、いくら丼を注文しました。 ごはんの上にたっぷりと乗ったいくらは、宝石のような輝き🥺あまりの美味しさに感動しました🥰🥰🥰

  • 最後に訪れるのは、鳥武意海岸。 ここは「日本の渚百選」の1つに数えられる景勝地です。 展望台のすぐ下にはビーチがあり、階段を利用して降りることができます。 滞在時間に余裕のある方は、下まで降りてビーチで少しくつろいでから空港方面へと向かうと良いでしょう。 ちなみに、神威岬に比べてこちらのスポットの方が空いている傾向にあります。 最寄りの駐車場から展望台に向かう途中ではトンネルを通り抜ける必要があるのですが、暗所恐怖症の私は少し苦手でした。

  • 帰りは午後7時20分発なので、17時頃の返却を目指して動きました🚘 1泊2日だと荷物がほとんど無いので楽です。 途中、高速道路で空港方面に急いで向かっている車が警察に捕まっていました。 どんなに急いでも警察に捕まったら確実にフライトを逃すと思うので、空港へ向かう際は制限速度を守って安全運転を心がけましょう😂 帰りの機内では、北海道限定のとうきび茶を飲みました。「北海道限定」と書かれていると、ついつい手を伸ばしたくなってしまうのは私だけでしょうか?笑

フォトレポ0件
フォトレポを送る

写真と一言でおでかけプラン作者さんに「行ってきました!」を伝えよう。詳しくはこちら

ご利用のブラウザでは正しく画面が表示されない、もしくは一部の機能が使えない可能性がございます。以下の推奨環境でご利用ください。

推奨環境:Google Chrome 最新版、Safari 最新版