世界三大潮流鳴門の激しさを体感!ネイキッド演出『大鳴門橋架橋記念館エディ』リニューアルオープン

2018年3月21日(水)から

ポイント!
  • 徳島県『大鳴門橋架橋記念館エディ』のリニューアルに伴い新エリアがオープン!
  • 新技術を駆使した数々の企画・演出を手掛けるネイキッドがプロデュース
  • 世界三大潮流鳴門の激しさを体感できるアート作品も!

徳島県『大鳴門橋架橋記念館エディ』のリニューアルに伴い開設される、LEDなどを用いたデジタルアートスペースの企画をプロジェクションマッピングのプロデュースなどを手がけるネイキッドが演出。

地域の魅力を発信する新感覚の体験施設

世界三大潮流のひとつである、瀬戸内海と紀伊水道の干満差によって発生する激しい潮流である鳴門の渦潮。この魅力を様々な展示によって魅力を発信する『大鳴門橋架橋記念館エディ』のリニューアルオープンに伴い開設される、LEDデジタルアートスペースに、音や手足を使って体験できるネイキッドの演出による展示『Play the Eddy!』がスタート。
徳島県とネイキッドによる、地域の魅力に新たな体験を生み出す、大人からこどもまで誰でも楽しみながら鳴門の過潮を知ることができる、体験型のアート作品だ。

数々の演出を手がけるネイキッド

ネイキッドはこれまでに、京都市の世界遺産である二条城『桜まつり』の演出や、佐賀県庁とともに『アート県庁SAGA』などを手がけており、今回は徳島県との初の取り組みとして「渦潮」をテーマに新作展示をつくった。

手を動かして体験するショーコンテンツ

ネイキッドが演出を手掛けるアートスペースでは、LEDで作られた大きな渦潮を中心に、3つのインタラクティブコンテンツが登場。「渦タッチ」では、空間全体で体験するような海の映像にタッチすると渦潮が生まれる。また、メガホンに向けて音を出すと光の渦が湧き上がる「音で作る光の渦」や、体験者が床を歩くと徳島の様々な魅力や情報が現れる「豆知識の海」で遊びながら、学ぶことができる徳島の魅力たっぷりのコンテンツだ。

ホリデー編集部

ホリデー編集部からのコメント

博物館や美術館で次々と企画され人気を博す「体験型アート」。こちらの企画も大注目ですよ!

開催場所

イベント情報

大鳴門橋架橋記念館エディ リニューアルオープン

リニューアルオープン日

2018年3月21日(水)

開催時間

通年

9:00〜17:00 ※入場は16:30まで

GW・期間

8:00〜18:00 ※入場は17:30まで

夏休み期間

9:00〜18:00 ※入館は17:30まで

主催者

NAKED Inc.

オフィシャルサイト

写真一覧