「厚真芸術花火」打ち上げ!復興イベントの最後を飾る“芸術尺玉”が夜空に大輪を咲かせる

2019年1月27日(日)

ポイント!
  • 北海道胆振東部地震の被災地・厚真町の復興イベントで花火
  • 亡くなった方々への追悼・厚真町と北海道の復興を祈念
  • 尺玉は直径約30cm!花火の中でもっとも綺麗に開花する

2019年1月27日(日)、厚真町総合福祉センターにて“2018年9月6日(水)に発生した北海道胆振東部地震にて亡くなった方々を追悼するとともに、厚真町のさらなる復興を目指すこと”を目的とし、厚真町復興イベント「絆~手と手を繋いで頑張ろう厚真」のエンディングを飾る「厚真芸術花火」を打ち上げることになった。

厚真を元気に!北海道を元気に!

先般発生した、「北海道胆振東部地震」の影響により、最大震度を観測した厚真町をはじめ、北海道全域は大きなダメージを受けた。9月8日に札幌にて開催を予定していた「モエレ沼芸術花火2018」もまた中止になった。地震発生から約3月が経ち、街は活気を取り戻しつつあるが、今もなお、北海道の観光・経済は大きな影響を受け続けている。

厚真町復興イベント実行委員会は、「厚真を元気に!北海道を元気に!」を合言葉に、秋の花火大会で打ち上げが叶わなかった尺玉花火を再利用し復興のシンボルの一つとなるような花火を打ち上げる。花火は古来より、鎮魂の意味を込めて打ち上げられていた。今回の地震で亡くなった方々への追悼、そして厚真町のさらなる復興、北海道の復興を祈念し、一発一発冬の澄み切った夜空に大輪を咲かせる。

「芸術尺玉」の打ち上げ!

尺玉は、直径約30cm(1尺)の花火玉だ。花火の中で一番綺麗に開花する花火と言われ、全国の花火師が競い合うコンテストも開かれている。優れた尺玉はその美しさ・表現性から「芸術玉」と呼ばれる。今回、モエレ沼芸術花火より提供する尺玉は全国各地の優れた花火師がつくりあげる一級の「芸術尺玉」だ。開花6.5秒の一瞬の美しさそして儚さに胸をうたれるだろう。

参加花火会社はアルプス煙火工業・安藤煙火店・伊那火工堀内煙火店・柿薗花火・野村花火工業・響屋大曲煙火の全6社、計12発の打上を予定している。

厚真町復興イベント「絆~手と手を繋いで頑張ろう厚真」

北海道胆振東部地震の発生により、お亡くなりになられた方々を追悼するとともに、ご支援いただいた感謝の気持ちを忘れず、厚真町の全町民が一致団結して、厚真町のさらなる復興を目指すことを目的としたイベント。当日はご当地ヒーローや厚真町出身のシンガーソングライターを招いてのステージイベントをはじめ、様々な催し物を予定している。

開催場所

イベント情報

「厚真芸術花火」

開催期間

2019年1月27日(日)

花火打上げ

18:30〜19:00頃

主催者

厚真町復興イベント実行委員会

オフィシャルサイト

モエレ沼芸術花火公式ホームページ
https://www.moere.jp/

写真一覧