外出自粛要請が出ている地域、営業時間の変更をしている店舗や施設があります。最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

149

全国の聖地巡礼に関するおでかけ

全国の聖地巡礼に関するおでかけプランを集めたページです。おすすめスポットを使った全国の聖地巡礼についてのおでかけ情報がたくさんあります。自分に合ったおでかけプランを見つけて素敵な休日を過ごしてください!

…もっと見る

「聖地巡礼」におすすめのエリア

「聖地巡礼」の新着おでかけプラン

猛虎!今年こそ、阪神タイガース優勝やー!

猛虎!今年こそ、阪神タイガース優勝やー!

まいどまいど! 大阪・関西を代表するプロ野球球団っちゅうたら、オリックスバファローズと阪神タイガースがおますねんけど、阪神タイガースは1935年、大阪タイガースとして設立されましてん。 本拠地は、兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場。 ここでは毎年、全国高等学校野球選手権大会が開催され、全国から注目を集める場所でんねんけど、そんな阪神タイガースファンが訪れる阪神百貨店には「阪神タイガースショップ」がおまして、球団のオリジナルグッズがぎょうさん販売されてまんねん。 また、阪神名物といえば、大阪名物のイカ焼きも有名でんな。 イカ焼きとは、一般的なイカの姿焼きとはちごて(違って)「粉もん」で、イカのグザイを細かく切り刻んだもので、大阪を代表する名物の一つでんねん。 その他、阪神電車の大阪梅田駅に1969年の出店当時から愛されてきた飲み物「ミックスジュース」。 牛乳をベースに、多くの果物を入れたもので、ミックスジュースでは大阪発祥。 また、阪神電車の大阪梅田駅周辺には阪神に関連するビルが立ち並び、そのなかでも有名なのが、大阪四季劇場。 おしゃれな雰囲気のなかで楽しむ阪神の旅。

ボイメンのギャラ100【観光スポット編】

ボイメンのギャラ100【観光スポット編】

東海テレビとdTVチャンネルで毎週放送中 『ボイメンのギャラ100』 メンバーが47都道府県を回し名古屋名物を探している中訪れた観光スポットやグルメの名店を記録 いつか制覇したいなwww 更新中

lena
lena
鹿児島
0
歴史小説「93歳の関ヶ原」の舞台☆戦国武将、大嶋雲八ゆかりの岐阜県のスポットへ

歴史小説「93歳の関ヶ原」の舞台☆戦国武将、大嶋雲八ゆかりの岐阜県のスポットへ

岐阜県関市ゆかりの戦国武将、大嶋雲八(うんぱち)がテーマのおでかけプランはこれで3つ目です。 雲八はその97年間の生涯で信長、秀吉、家康の三英傑に仕え、93歳で関ヶ原の戦いに参戦した伝説の武将です。 超マイナーな戦国武将なのに、2016年には歴史小説の主人公として(近衛龍春さんの著作「93歳の関ヶ原、弓大将、大島光義(通称大嶋雲八)」)登場しました。 激動の戦国の世、弓の名手として、生涯現役を貫いた武将として今、脚光を浴びています。 今回のおでかけプランは、この歴史小説の中に登場する岐阜県のスポットを中心にご案内します。 「関」「岐阜」「大垣」のゾーンに分けて回りました。 ”雲八ゆかりのスポット”の他、途中で立ち寄った”寄り道スポット”も紹介します。 この歴史小説、タイトルこそ「93歳の関ヶ原」ですが、主人公の大嶋雲八は、関ヶ原の手前にある大垣城で戦っているうちに、関ヶ原の戦いが終わってしまった…と、書かれています。 これは史実か、フィクションかは謎です。 一応、歴史小説に合わせて、おでかけプランも”関ヶ原抜き”で作っておきました。

夢を追いかけ、大空へ

夢を追いかけ、大空へ

まいどまいど! 昔々、大空に羽ばたいてみたいと大志を抱いた青年がいました。 手先が器用からなのか、自ら羽を製作し、試行錯誤の末、失敗。 せやけど、人も鳥と同じような翼を作ればきっと空を飛べるはず。 そんな夢を描きつつ、悪戦苦闘の日々を過ごした青年の生涯が岡南空港で紹介されてまんねん。 かつては岡山の空の玄関口であったといい、空港の主要部は岡山空港に移転してしまったようですが、今も空港としての機能を果たしつつ、小型機を中心とした離着陸が頻繁。 皆さんも夢を夢として途中であきらめて終わらせるのではなく、追いかけて突き進んでみるのもいかがでっしゃろか。

囲碁「本因坊」発祥地でマンガを楽しむ

囲碁「本因坊」発祥地でマンガを楽しむ

まいどまいど! 京都の中心部にあたる中京区には、日本で初めてとなる漫画専門の漫画ミュージアムが開設され、話題を集めてはりまんな。 漫画ミュージアムはもともと小学校であったといい、当時の面影を今に伝えてはりまんねん。 ほんでまた、明治維新の時代を駆け抜けた木戸孝允(桂小五郎)ゆかりの地として知られ、周辺には当時の面影を今に伝えている旧邸もあり、明治の天皇も訪れはったとか。 その他、囲碁「本因坊」発祥の地としても知られ、石碑が建立。 また、博物館も開設され、囲碁のファンが訪れる人気観光地の一つとなってまんねん。 ほんでさらに、化学の技術を日本に取り込もうと学校「舎密局」を開設して海外・オランダから教師を招き、日本国内でぎょうさんの技術者を輩出したとか。 その他、大阪舎密局と並ぶ大阪大学・京都大学の源流とも。 かつては公家や明治維新の時代を駆け抜けた武士らが行き交った中京のまち。 ゆっくりと散策して、京都らしさを見つけてみまへんか。

終わったからとは思わずに…。

終わったからとは思わずに…。

ってか終わったとか終わらないという身の上では無い(って評するか、テレビ自体が2年間(正式には…23ヶ月(1年と11ヶ月)と4日間)の間…テレビ自体が壊れて買い替えも未了です(みりょうです…済ませて無い者です)ので…全然見らずにSNSのHashtag頼みでした…LoL、ですけども、来館してみたら非常に良かったです。 来年(2020/01/12〜2021/01/10?)は岐阜県の多治見市、再来年(推測ですが…2021/01/10?〜2022/01/16?)には埼玉県?でも開催されますので、玉名(熊本県〜2020/01/12)では無理でも、御近くで催しが行われてたら…是非御来場の程を…特に障害者手帳を御持ちの皆様は無料です(同伴者の方は、チケットセンターで御確認の程を)ので…いだてん展のみならずとも、改めて是非御来場の程を…。

【キンプリ✨オタ活カフェ巡り】担当カラーカフェ

【キンプリ✨オタ活カフェ巡り】担当カラーカフェ

せっかくカフェにいくなら推しのメンバーカラーに囲まれながらゆっくりしたい!そんなティアラの願いを叶えるカフェをご紹介します!! いつものオタ活をさらに盛り上げてくれること間違いなしです!!

みき
みき
東京
2
2019八月六日

2019八月六日

私は幼い頃台湾でこち亀をプレイしていましたが、私はこのアニメが本当に好きなので、ここに行く予定です。 しかし、京成本線の停電のため、私は四ッ木駅から亀有を歩くことにしました。

楊翔宇
楊翔宇
東京
0
時は幕末。新選組と明治維新が駆け抜けたまち

時は幕末。新選組と明治維新が駆け抜けたまち

まいどまいど! 時は1600年代、幕末の京の都に新選組が駆け抜けた。 場所は旅館・池田屋。 ここに長州藩や土佐藩などに所属する尊王攘夷派志士と京都守護職配下の治安維持組織である新選組が衝突。 当時の襲撃はすさまじく、京都・伏見の寺田屋と同様、歴史が動いた場所として今でも語り継がれてはりまんな。 現在の池田屋跡には当時の面影はなく、その跡を継ぐかのように居酒屋が営業しているが、一歩、店内に入るとそこはまるで別世界。 入り口左手には大階段があり、当時の襲撃の瞬間が再現され、ドキドキを目の前で体感することができまんねん。 また、池田屋周辺でも明治維新の時代を駆け抜けた尊王攘夷派志士と新選組のゆかりの地として知られ、土佐藩屋敷跡や長州藩屋敷跡その他、特に坂本龍馬、木戸孝允(桂小五郎)、古高俊太郎、近藤勇や土方歳三らの足跡を追うことができまっせ。 幕末の動乱を京の都は、どう乗り越えてきたのか。 江戸から明治にかけての時代にタイムスリップした気分で、まちを散策してみることにしまひょ。

日本の神話を巡る旅 in 島根/鳥取 2日目 黄泉の国の入り口 黄泉平坂へ

日本の神話を巡る旅 in 島根/鳥取 2日目 黄泉の国の入り口 黄泉平坂へ

2019年11月6日〜10日島根鳥取の日本の神話を巡旅の2日目、今日はこの世とあの世の境にあると言われる黄泉平坂へ。 伊耶那岐神が死んでしまった愛しい伊耶那美神に会いに黄泉の国へ行き再会しまでいいのですが、伊耶那美神が「見ないで」と言っているにも関わらず伊耶那岐神は伊耶那美神を盗み見てしまいます。そこにいたのは愛おしい姿の伊耶那美神ではなく変わり果てた姿の伊耶那美神。驚き逃げる伊耶那岐神を見られたことに怒り狂った伊耶那美神は黄泉の兵に伊耶那岐神を追わせます。そして伊耶那岐神がここ黄泉平坂で黄泉の兵を追い払い千引の大岩で黄泉の国との境を塞いだと古事記には書かれています。 ※6日の夜に到着、10日の朝帰りなので実質7〜9日の3日の旅 1日目:https://haveagood.holiday/plans/238777

ゆたか
ゆたか
島根
1
江戸最古の谷中七福神巡り

七福神巡りは室町時代からあったそうですが、ここは江戸最古の七福神巡り。

江戸最古の谷中七福神巡り 七福神巡りは室町時代からあったそうですが、ここは江戸最古の七福神巡り。

七福神巡りは室町時代からあったそうですが、ここは江戸最古の七福神巡りとの事。 先ずは、不忍池の風景を味わいながら七福神巡りを始めるのがお勧めだったようだ。 - 不忍池弁天堂弁天財 音楽・弁才・知恵の神「弁天財」 - 護国院大黒天 食物・財福を司る「大黒天」 - 天王寺 勝負運や願いが叶う神「毘沙門天」 天王寺は、江戸三大富くじの一つが開催された場所でもある。江戸の人々は年の初めに七福神巡りをしながらここでの富くじを楽しんだようだ。一等は、今の一億円相当もあったらしい。 - 長安寺 長寿と子孫繁栄の神「寿老人」 ここから北に歩き富士見坂を西に降りると布袋さんが祀られている。その布袋さんのお姿がまたいい! - 花見寺修性院 夫婦円満や人々の調和の神「布袋尊」 そこから少し北に行くと滝沢馬琴に関わる青雲寺がある。 - 青雲寺 商売繁盛や五穀豊穣をもたらす神「恵比寿」 ここから鶯谷の方へ北に歩くと立派な金剛力士像二体に守られた東覚寺がある。 - 東覚寺 招徳人望の神「福禄寿」 ほぼ7キロほどの距離、高低差60メートルからなる上野駅から鶯谷駅までの散歩

ご利用のブラウザでは正しく画面が表示されない、もしくは一部の機能が使えない可能性がございます。以下の推奨環境でご利用ください。

推奨環境:Google Chrome 最新版、Safari 最新版