安全におでかけ・旅行するための特設ページを開設しました。こちらからご確認ください。

66

関西地方のアートに関するおでかけ(2ページ目)

芸術・建築・デザインに関するおでかけ情報を集めたページです。芸術や建築、デザインは意外と自分の身近なところに存在していたりします。いつも何気なく通り過ぎていた建物やお店のストーリーを知ることで、日々のおでかけに新たな発見をもたらしてくれること間違いなしです。自分に合った美術館やデザイン展、建築物を発見して、いつものおでかけにぜひ盛り込んでみてください。

…もっと見る

「関西地方 × アート」の新着おでかけプラン

本能寺の変と三井財閥の歴史を学ぶ

本能寺の変と三井財閥の歴史を学ぶ

まいどまいど! 今回は京都の中心部に位置する中京区を案内していきまひょ! 中京区には大阪・梅田から走る阪急電車京都線の終点である烏丸や河原町にあたり、周辺は繁華街。 毎年夏になると本格的な祇園祭が開催され、まさに、人、人、人・・・。 また、京阪電車本線の三条、神宮丸太町からも押し寄せ、年中、観光客でにぎわうエリア。 地名・元本能寺南町には、織田信長と明智光秀の戦いの舞台ともなった本能寺跡があり、今でも、歴史の教科書などでは「本能寺の変」として語り継がれている場所。 まあ、せやけど、周辺は閑静な住宅街となっていて、面影は一切おまへんけど、石碑だけが当時を物語ってはりまんな。 その他、三井財閥の原点ともいえる三井両替商跡があり、かつての三井高利はんも付近を歩いてはりましたんやろな。 ほんでその他、六角堂がおまして、ここでは聖徳太子、小野妹子ゆかりの地として有名でんな。 また、六角堂では華道、池坊発祥の地としても知られておます。 その他、京都の伝統を守る工芸館など、歴史的にも文化的にも、おもろいエリア。 中京区の郊外もおもろおまっせ。

名勝・東福寺と33間堂!?

名勝・東福寺と33間堂!?

まいどまいど! 京都の中心地に位置する東山区には歴史的にも文化的にも名高い寺院仏閣が点在しておまして、歴史ファン必見の場所ともなってまっせ。 春夏秋冬それぞれに趣があり、それぞれに景色を楽しませてくれる東福寺。 時々、テレビ番組の撮影でも使用され、人気の観光地の一つともなってはりまんな。 ここには通天橋があり、橋上から眺める景色は圧巻。 紅葉の季節になるとぎょうさんの見物客でにぎわってまっせ。 また、周辺には33間堂ではなく三十三間堂がおまして、通し矢の舞台として有名な場所でんねん。 各藩の弓術家により本堂西軒下で矢を射る通し矢は江戸時代から続く伝統の一つ。 ほんでさらに豊臣秀吉ゆかりの神社も鎮座しておまして、境内には秀吉らしい雰囲気が漂ってまっせ。 その他、京都の歴史を知る上で重要な国立の博物館があり、歴史好きの皆さんにおすすめのスポットでおまっせ。

一般庶民が行く関西屈指の高級住宅街を眺める

一般庶民が行く関西屈指の高級住宅街を眺める

まいどまいど! 関西屈指の高級住宅街として知られる六麓荘は六甲山の一角。 場所は兵庫県芦屋市にあり、JR西日本や阪急電車、阪神電車が行き交う関西の交通の要衝。 芦屋市は西日本最大の経済都市として知られる大阪都心部に近く、古くから住宅街として人気を集めていた。 現在も高級住宅街として知られ、頂上付近からは平野部、遠くには大阪湾、瀬戸内海を臨むことができる。 景観を保つことを目的に、日本で初めてとなる電気の地中化がすすめられた。 また、芦屋には縁結びの神様として知られる芦屋神社、童謡「一寸法師」に登場する打出の小槌のゆかりの地である他、谷崎潤一郎、高浜虚子、小出楢重、村上春樹など有名人を多く輩出し、話題を集めている。 そんな有名人のゆかりの地をめぐりながら、芦屋マダムが愛する唐揚やサンドウィッチ、コロッケなど多くのグルメと出会う。 村上春樹の小説で登場する芦屋の街並み。 猿の飼育されている公園や近代建築物も眺めていたといい、有名人を身近に感じることのできる場所としてファンの間で注目を集めている。 これらから、芦屋は高級住宅街という一面を持ちながら、庶民の町としての一面も併せ持っている。

阪神タイガースと阪急西宮ガーデンズとえべっさん

阪神タイガースと阪急西宮ガーデンズとえべっさん

まいどまいど! 京都の伏見とともに、酒処として知られる兵庫県西宮市には、ええとこ、ぎょうさんありまんねん。 まず、西宮市といえば、関西全体が応援する阪神タイガースでんな。 東の読売巨人軍とともに、根強い人気を誇り、阪神VS巨人戦ともなれば、多くのファンが阪神甲子園球場に押し寄せます。 阪神タイガースのファンは六甲おろしを熱唱し、球場全体に響かせます。 その他、全国的に注目を集めるのが、西宮神社で行われる十日戎の福男選び。 地元では、恵比寿様を祀っていることから、「西宮のえべっさん」という愛称で親しまれ、多くの信仰を集めています。 毎年1月10日未明になると、神社の門前には多くの人が並び、開門と同時に境内を全速力で走り抜け、本殿までの道程を競います。 一番早かった人から三番目までをその一年の福男として、選ぶとともに、一年の商売繁盛を祈願します。 この他にも西宮では上質な水が得られることから酒処としてにぎわい、昔から、多くの酒蔵が並んでいました。 現在でも酒蔵、酒に関する博物館があり、京都の伏見に負けない人気と趣ある雰囲気を今に残しています。 西宮の魅力発見に出掛けよう!

子午線のまち・明石。明石焼き(玉子焼き)の美味しさと出会い、たこコロッケをお土産に

子午線のまち・明石。明石焼き(玉子焼き)の美味しさと出会い、たこコロッケをお土産に

まいど! 皆さんはご存知でっか? 大阪府の歴史の始まりは、兵庫県明石市であることを。 今や大阪っちゅうたら、「お笑い・たこ焼き・住吉大社」が挙げられる思いまんねやけど、これらの共通点はたった一つ、「明石が発祥」でんねん。 明石は、瀬戸内海に面した自然豊かな場所に位置し、蛸や鯛を中心とした新鮮な魚介類が豊富に獲れる場所でんな。 一般的には、日本の標準時子午線(東経135度・北緯35度)が南北に走る場所の一つとして知られているさかい、市内中心部には、子午線の道標の他、宇宙と地球のことが詳しくわかる明石天文科学館がありまんねん。 この他、新鮮なおさかなのお買い物やアツアツの明石焼きが楽しめる魚の棚や明石城と明石公園などが観光地でおますねんけど、明石焼きの正式名称「玉子焼き」は、たこ焼きの原型といわれ、明石が発祥として。 大阪市住吉区に鎮座する日本三大住吉の一つに数えられる住吉大社は、明石が発祥として。 吉本興業の創業者、吉本せいさんは明石市生まれであるなど、大阪との縁が深い場所。 大阪、日本を知る前に、まずは明石を知ろう。

ひまわりの丘公園で遊んで、牧場で学ぶ旅

ひまわりの丘公園で遊んで、牧場で学ぶ旅

まいどまいど! 兵庫県の東播磨に位置する小野市では、自然豊かな雰囲気を漂わせる一方、歴史的にも文化的にも貴重な財産が多く残ってまんねん。 たとえば、小野市は「播州そろばん」の発祥の地。 兵庫県の伝統工芸品の一つに数えられ、貴重な財産ともなってまんねん。 今回は、それらのほんの一部をご紹介しまひょ!。 まずは、共進牛乳で知られる共進牧場は、放牧されている乳牛を見学できる他、工場見学も可能。 バーベキューを楽しみながら素敵な一日をお過ごしください。 また、付近のひまわりの丘公園では、ここでは、四季折々の花々を年中通じて、楽しむことができまっせ。 小野市のシンボルともなっているヒマワリがモデルとなった「ひまわりの塔」が目印。 兵庫県を南北に突き抜ける国道175号線からもよく見えます。 さらに、広渡廃寺跡は現在、公園として整備され、廃寺となってしもて当時の面影はおまへんねやけど、基礎部分が現存しているため、その一部が復元。 また、すぐ横には、当時の建築風景を復元した1/20の小型模型もあるので、とてもわかりやすいでんな。 ドライブに最適な小野市内を一度、探検してみまひょ。

自由を謳歌!!ラスベガス&シカゴ

自由を謳歌!!ラスベガス&シカゴ

格安周遊航空券とホテル手配をお願いして、渡米した時の行程です。駆け足の行程ですが、休みの都合でこの日程。 この距離をこの日数で消化するツアーは、なかなかないので、自分でアレンジしました。 1日目、2日目 伊丹から成田で出国し、ロサンゼルス国際空港乗り継ぎでラスベガスへ ラスベガスでは、シャトルバスでホテルへ 夜のラスベガスを堪能 3日目 翌朝、シャトルバスで空港へ ラスベガスから国内線でシカゴへ シカゴ空港でも、シャトルバス利用でホテルへ 4日目 ミレニアムパーク、シカゴ美術館、トロリー観光バスでシカゴをオープントップのバスで観光 5日目 シャトルバスでシカゴ空港から帰路の途へ 成田行きの飛行機が遅れる 6日目 成田到着し入国審査後、成田で一泊 7日目 成田から羽田へリムジンバスで移動し、伊丹空港へ 当初の予定では、6日目に成田から伊丹間の国内線移動で、6日間の旅でした。 帰りの飛行機が遅れて、成田から伊丹の乗り継ぎに間に合わず、成田で一泊するというハプニングがありました。シカゴは日本人観光客が少なく、観光中に一度も日本人観光客に出会いませんでした。 本当の海外旅行満喫旅でした。

八百八橋とも呼ばれた水の都・大阪で川の旅

八百八橋とも呼ばれた水の都・大阪で川の旅

まいど! 滋賀県の琵琶湖を始点として大阪市内中心部を流れる淀川は、大阪市都島区の毛馬閘門で大川(旧淀川)に分流。 寝屋を始点に寝屋川市から流れてきた寝屋川と合流しながら、大阪市役所、中央公会堂、中之島図書館、日本銀行大阪支店などが集まる官公庁街のお膝元、中之島にて分流してまんねん。 中之島の北を堂島川、南を土佐堀川、中之島の西端で合流して安治川に。 後に木津川、尻無川と名称を変えながら大阪湾へと注ぎまんねやけど、その中間地点に位置する中之島は水の都の象徴として昔から注目を浴びてきてはんねやで。 かつての中之島は現在よりも小さな面積やったらしいでんねんけど、上流から多くの土砂が運び込まれるうちに東に延び、現在の形になったらしいですわ。 なんや、そない聞いたら、めっちゃ歴史、感じまんなぁ。 江戸時代の江戸の町は八百八町。 つまり、江戸に人が集まり、町が多いことをたとえた言葉やねんけど、浪花では八百八橋と呼ばれてましてですな、大坂には多くの川流れ、多くの橋が架けられたことから、たとえた言葉やそうで。 大阪の中心地・中之島を散策してみまひょ!

朝ドラ「スカーレット」の舞台信楽でたぬきだけじゃない信楽の旅♪

朝ドラ「スカーレット」の舞台信楽でたぬきだけじゃない信楽の旅♪

朝ドラ「スカーレット」の舞台になる信楽。今からどんな所が映し出されるか楽しみです。 信楽焼のタヌキで有名な信楽。焼き物をめぐる旅も素敵ですが、今回はタヌキだけじゃない信楽の旅へ。

ぽん
ぽん
滋賀
2
カメラを持って、映画のようなお店をまわる1日。

カメラを持って、映画のようなお店をまわる1日。

大阪のはずれで遊びたい人にお薦めのお洒落な大阪のスポット。休日の午後1時、レトロな中崎町をカメラ片手にぶらぶら散策。中崎町はアジアの不思議な古い街を訪れたような古民家や小さなお洒落なお店が並び、海外の人にも人気の観光スポット。午後2時インスタ映えする天人amanto空間でカメラで遊んで、午後3時レトロ印刷でクリエイティブを刺激する。午後5時そのまま淀川の堤防沿いを中津まで歩いて六甲山に沈む夕陽を眺めながら中津へお散歩。中津カンテ・グランデ本店で美味しいカレーを食べる、アートな休日。どこも映画の世界みたいに写真映えするお店です。ウルフルズがバイトしていたことで有名なカンテ・グランデ中津本店ではいつでも無料アートイベントを多数開催しています。一人でぶらぶらするのも楽しい。

インスタ女子必見!京都の映えスポット詰め込み1泊2日旅行

インスタ女子必見!京都の映えスポット詰め込み1泊2日旅行

✴︎1日目✴︎ 9:20 京都駅 9:30 ↓ 9:44 市比賣神社 10:00 ↓ 10:40 岡崎神社 11:00 ↓ 11:35 下鴨神社・河合神社 12:30 ↓ 13:05 knot café 13:50 ↓ 14:00 北野天満宮 14:30 ↓ 15:30 愛宕念仏寺 ↓ 16:30ぐらい 竹林の小径 ↓ 17:45ぐらい キモノフォレスト 18:00 ↓ 18:50 カフェ コチ 20:00 ↓ 20:30まで 変なホテル ✴︎2日目✴︎ 5:00 ↓ 5:45 伏見稲荷大社 7:00 ↓ 7:30 変なホテル 朝ごはん 9:00 ↓ 9:30 抹茶館 10:30 ↓ 11:00御金神社 11:15 ↓ 11:15 喫茶マドラグ(開店は11:30) 12:00 ↓ 12:15 六角堂 12:40 ↓ 錦商店街 13:15 喫茶ソワレ 14:00 ↓ 14:15 安井金毘羅宮 14:35 ↓ 14:50 八坂庚申堂 15:10 ↓ 16:30 清水寺 17:00 17:15 ↓ 17:45 京極かねよ 18:40 ↓ 19:00 京都駅

もりこ
もりこ
京都
45
学生の街・四條畷市を歩く

学生の街・四條畷市を歩く

まいど! 大阪環状線京橋駅から片町線に乗ってやってきたのは、大阪府四條畷市。 市名は四條畷やのに、駅名は四条畷。 旧四条村の名残から駅名では「四条畷」と表記され、旧四條畷村の名残から四條畷と表記されたため、市内には、二つの旧村名が混在する。 そんな歴史を感じつつ、駅を出ると、目の前にはにぎやかな商店街。 その商店街を抜けると、学校があり、その先には、四條畷神社へと続く参詣道が見えてくる。 四條畷神社では、楠公さんと呼ばれ親しまれてきた楠木正成、正行ゆかりの神社とされ、祭神となっている。 また、淀川の大改修に携わった政治家の大橋房太郎大阪府議会議員のゆかりの神社とされ、ともに石碑が建立されている。 この他、四條畷市内の文化、歴史の保存、展示を目的とした歴史民俗博物館は無料で楽しむことができ、展示室に利用されている建造物は明治時代の土倉を再利用した国の登録有形文化財に指定された貴重な財産。 さらに、四條畷市では、四條畷市歴史散歩道を指定し、各所には、看板を設置し、観光客が観光を楽しむための工夫がなされている。 大阪府内では目立ってへんけど、貴重な歴史が残る四條畷市を散策しまひょ!

浪花の名城!大阪城を散策

浪花の名城!大阪城を散策

まいど! 大阪は日本の中心!? 今回は、そんな大阪の意外な素顔を皆さんにご案内していきまひょ! 大阪城は、太閤秀吉のお膝元。 周辺には大阪城ホールなどがあるさかい、知ってるよ!行ったことがあるよ!って言う人も多いのでは? もともと大阪城天守閣がそびえ立つ大阪城公園は上町台地の北部に位置し、古代から陸地として存在した。 森之宮では人々の生活の営みが残る遺跡、貝塚が発掘され、最近の発掘調査により日本最古の本格的な首都「難波宮」が置かれていたこともわかってきた。 時代は奈良県の平城京(710年)、京都府の平安京(794年)よりも古い645年に前期難波宮。 その後、奈良県に遷都するものの、744年に再び大阪が首都となり、後期難波宮とした。 その後、奈良や京都へと遷都している間、大阪は副首都・経済都市として日本を支え、太閤秀吉が天下統一を成し遂げたことによって、大阪が再び、日本の中心となった。 明治維新の頃、京都府から東京都へ首都機能を移転させる際にも一時期、大阪に首都機能を置いていたとか。 奈良県よりも京都府よりもそして東京都よりも歴史の古い大阪府。 歴史に浪漫を感じつつ、大阪を歩きまひょ!

他の種類から探す

関西地方のおすすめ記事

【秋の京都観光】下鴨神社・銀閣寺・京都御苑のおすすめ紅葉&グルメスポットまとめ

京都の紅葉の見頃は11月中旬から12月上旬。誰もが憧れる秋の京都の紅葉巡りにぴったりのスポットが下鴨神社・銀閣寺・京都御苑エリアには数多く存在します。今回は紅葉と食、芸術の秋をそれぞれ楽しめるスポットを厳選してご紹介します。
【秋の京都観光】下鴨神社・銀閣寺・京都御苑のおすすめ紅葉&グルメスポットまとめ

【京都一人旅】定番から穴場まで!下鴨神社・銀閣寺・京都御苑の過ごし方をご紹介

季節の変化と共に様々な楽しみ方をしたい京都旅行。ゆったりと散策するのにおすすめな哲学の道コースだけでなく、一人の時間を楽しむのにぴったりな雰囲気の良いカフェや思い出を持ち帰るのにおすすめなショップをご紹介します。
【京都一人旅】定番から穴場まで!下鴨神社・銀閣寺・京都御苑の過ごし方をご紹介

【下鴨神社・銀閣寺・京都御苑エリア】“可愛い”がいっぱい詰まった女子旅おすすめスポットをご紹介!

京都の女子旅にはフォトジェニックとご利益が必須!今回は見た目も味も大満足のスイーツが味わえるカフェや、縁結び・美容のおすすめパワースポットが多い下鴨神社・銀閣寺・京都御苑エリアの人気おすすめスポットをご紹介します。
【下鴨神社・銀閣寺・京都御苑エリア】“可愛い”がいっぱい詰まった女子旅おすすめスポットをご紹介!

【下鴨神社・銀閣寺・京都御苑エリアでデート】カップルで行きたいおすすめスポットまとめ!

忙しい日常から離れてゆったりとした雰囲気を味わいたいカップルに、下鴨神社・銀閣寺・京都御苑エリアはぴったりです。今回は観光してまわりやすい定番スポットと足を休めてくつろぎたくなる落ち着いたカフェを厳選してご紹介します。
【下鴨神社・銀閣寺・京都御苑エリアでデート】カップルで行きたいおすすめスポットまとめ!

【雨の京都】しっとり楽しむ!下鴨神社・銀閣寺・京都御苑のおすすめスポットをご紹介

せっかくの旅行は雨の日だったとしても満喫したいですよね。今回は、急な雨の時にも安心なゆったりと過ごせるおすすめカフェや、雨に濡れることなく京都らしさを感じられるスポット、雨の日だからこそいつもとは違った表情を見せる緑が美しい寺社をそれぞれご紹介します。
【雨の京都】しっとり楽しむ!下鴨神社・銀閣寺・京都御苑のおすすめスポットをご紹介

他のエリアから探す

ご利用のブラウザでは正しく画面が表示されない、もしくは一部の機能が使えない可能性がございます。以下の推奨環境でご利用ください。

推奨環境:Google Chrome 最新版、Safari 最新版